FC2ブログ

HU's Life?! 〜世界を歩こう、自分を生きよう〜

一度きりの人生「自分はなにがしたい?どんな人間になりたい?」。答えは心の中にすべてある。2013年より世界一周無期限の旅へ、ただ前だけを向いて歩いていく。その軌跡をしっかりと残すために・・・。

3月17日 ビクトリヤと1日デートができるようになったことは、自分が成長したからだ。とりあえずココイチのおかげもあるか。

Mar 17。

ものすごく流暢な英語ができたことはないし、そこを目指すこともやめた。日本語交じりの日本語訛りの英語で話すほうが、よっぽど自分らしいと思うからだ。もっと英語が話せるようになりたいけれど、それでもそのニュアンスでおもろいことを言えそうな気配がない。大阪人の気質がそうさせるのかわからないけれど、やっぱおもろくありたい。いつものその発想はやはり日本語から生まれてくる。そんなことをビクトリヤとデートしながら考える。とりあえず今日のスタートは彼女が大好きなココイチで食べるカレーから始まった。今日も赤いコートで颯爽と美しく来てハグハグ。

日本で僕自身1回しか行ったことのないココイチ、美味かった。彼女のはしゃぎっぷりが可愛くて仕方ない。席を立ってる間にお会計を済ませ、"かっこつけてお金先払った"って言ったら爆笑してた。そこからオモテサンドーコーヒーなるカフェへ。めちゃ当たり、めちゃ美味。また来よう、今日はいつもより自然体で彼女と話せている自分がいる。変に緊張しても仕方ないのだと心がおろせるようになった。いくらか寄り道して、最後はパブへ。久しぶりのビールだと言いながらセクシーな口元にボトルを運んでいる。23歳のこの大人びた感じは一体全体どこから来ているのだろうか。

いつもより良く笑った。気づけば待ち合わせから6時間も一緒にいた。ここまで長い時間を一緒に過ごしたのは初めてだし、ここまで変な空気が流れることなく話せたのも初めてだった。なぜかわからんけどぼくと会ってくれる。いろんな友達がいる中でなぜかぼくとの時間をつくってくれる。ええ子やー。いつか日本に彼女がまた来る時に自分が帰国していれば、いろんなとこへ連れてってあげたい。美味しいもんたくさん食わせてあげたい。気さくに遊んでくれるめちゃくちゃええ子、ええ子やー。綺麗やのにチョけれるっていちばんズルいやーつ。でも全然憎めへん、ええ子やー。

IMG_0726.jpeg
今日の記念。

IMG_0721.jpeg
見よ、この笑顔。

IMG_0722.jpeg
野菜チキンカレー。

IMG_0724.jpeg
オモテサンドーコーヒー。

IMG_0725.jpeg
うまいっす。

IMG_0727.jpeg
なに、キメ顔やねん。

あー、良き休日でした。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • Comment:0
  • Trackback:0

3月16日 仕事中に見てくる気持ちわるいおっさんとは、どうやらぼくのことらしい。いろんな痛いこと、あっただよ。

Mar 16。

レストランにそのまま泊まって、一睡もせずまた今日の仕事が始まる。ぼーッとしている時間がものすごーいあることに気づく。日本から戻ってきてとりあえず1週間、ようやく順応してきたように感じる。ぼちぼち仕事していけばいい。意外となんにも考えられないほど疲れているほうが、リラックスしてええ感じの動きやったりするかもしれない。そんなわけはないのでこれはただの言い訳だと今書いてて思ったわけだけれどね。さきちゃんが可愛らしすぎて、忙しい時間帯も見惚れてしまう。きもちわるいおじさんがいるって言われる。まぁ否定できへんわなと思いながら皿を拭く。

ロッカーの角に頭をぶつけてちょっと血が出る。ボウズ頭の血はだいぶ目立つ。だから余計に痛く感じる。自分でいれたコーヒーで舌を火傷する。ダサすぎて余計に痛く感じる。ラップトップ持ってるから今日歩いて帰るのちと怖いと言うと、そんなへんてこりんなバックに目つけるやつおらへんと言われる。なんとなく心が痛く感じる。爆笑することもおもろいけど、シュールで後からじわじわ来る笑いもまたおもろい。ヒューモアがある笑いが面白い。そこんとこもっと磨いていきたい。最近覚えたこと、バレてても話盛って話してる自分を楽しいと思ってるとなんとかなること。

IMG_4285.jpeg
さきちゃん。

明日休みー、明日デートー。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • Comment:0
  • Trackback:0

3月15日 言わないといけない事はちゃんと伝わるように伝える。その繋がりができて、初めて友達や仲間と言えるだろう。

Mar 15。

自分の未熟さも至らなさもすべて気づいている。やり方を間違えたこと、それをやり続けてしまっていることも知っている。それをガツンと言ってくれる、顔色を伺いながらという優しさ付きで。有難い、ほんとうに良い人に出会ったもんだ。シェフのひでさん、いつも本当にたくさんのことを話している。いつにも増して直線的な言葉をもらった。ぼくがどうしたいかっていう真意を問うためだろう。わかってる、わかってるねんそこってとこをガンガンに突いてくる。なんとかもう一段上のステージへ行って見たい。こいつやるなって、やるようになったなって、思わして見たいな。

男と男友達、友情と愛情、そんなものの境界線は一体どれくらいの太さで、どんな形をして、ひとりひとりのシナプスを辿って脳みそで作り上げられているのだろう。好きだ好きだと言っている。可愛い可愛いと言っている。それが嬉しいことなのかどうかわからないし、迷惑なことなのかどうかわからない。先に繋がっていくのかわからなければ、ブツ切りにされているのかもわからない。そこまで踏み込むのにビビってしまってる。ダサい、そろそろやめないとなって思ってるけどそれでも、まだビビってる。たどり着く場所は同じなんやけど、良くてもダメでもけっきょく、好き。

IMG_0710.jpeg
夜。

IMG_0703.jpeg
チョコもらった。

帰れまてんでした、今宵。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • Comment:0
  • Trackback:0

3月14日 正直これでええのかわからんけど、自分の中で前に進めるようになったことはとても大事なこと。ありがとう。

Mar 14。

職場の仲良しさきちゃんと電話。いろんなことを考えるのをやめて、ぜんぶ聞いてもらうことにした。いま近くにいるなかで、いちばん信用し頼らせてもらっている存在。彼女にとってはまったく関係のない話だけれど、ぼくは話し始めさせてもらった。苦しかったことも嬉しかったことも、背負ったことも進み始めたことも、とにかく誰かに開放してもらいたかった。なんにも言葉はいらない、とにかく聞いてもらった。すんなり受け入れ、うんうんと聞いてくれた。それだけで十分だった。つまらないと呆れられていたこの数日を取り戻す約束をした。やっと戻った、明日が楽しみ。

自分だけで解決しようとすることが、かえって周りを不安にしたりする。特にぼくのように無意識的にすべての感情がほぼ100%表情や態度に映し出されるひとを見ていると。そこで自分から頼っていいのかどうか、次に違う不安や悩みが重なってくる。まったくの悪循環だ。誰かに助けてほしいと言えるようには、まだまだなっていないらしい。それぞれのひととの間につくる境界線、やっぱりまだまだ踏み込む一歩手前に線引きしているようだ。また勉強、次は。久しぶりに美味しいコーヒーが飲めるカフェに出会った。ロンドンで2件目、ここもリピートしたい。いいね、この瞬間。

IMG_0693.jpeg
ええバリスタ。

IMG_0697.jpeg
ナイスカフェ。

IMG_0699.jpeg
セントポール大聖堂。

よし。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • Comment:0
  • Trackback:0

3月13日 ようやく抜けました。ええ感じに上がっていくでしょう。考える人しばしサヨナラ、楽しい自分お帰りようこそ。

Mar 13。

無機質だからこそ言える心ない言葉たちを浴びせられたことで、逆にたくさんのことが見えた。理解し得ない考えの数々を向けられたことで、逆に士気が高まってきた。ぼく自身がどう生きたいかはよくわかっている。進んでいる道が間違っていないこともわかっている。囚われないように、見失わないように。大丈夫。ようやくその反動を利用することで、抜け出せた。やっと出たわ、はじめの一歩。また明日から楽しくなってくる。そこにどう思われようが関係はなく、ひとはひと。自分のやり方が間違っていたサインがこれだから、軌道修正してまた歩いていけばいいだけのこと。

あーーーーーーーーーーーー、スッキリした。この方法での解放されるかたちは今まで経験したことなかったから、かなり戸惑ったけれど。その時間が終わって眉毛がキリッとした。クソボケ根性で生きましょう。腹立つから負けたくない!ってのも立派な原動力で良いでしょう。めっちゃ上がってくる気がする。ひとの良いとこだけ見つけていきましょ。いろいろ勝手に背負い込んでいる自分、もう解放してあげましょ。なでなでするんじゃなくて、尻ガーンっ蹴ったった。考え込んでる自分ダサいなってのわかってるから、やめる。とりあえず進んでみる。よし、やったるやったる。

IMG_0672.jpg
バーボンボン。

あー、いける気がする!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • Comment:0
  • Trackback:0