Category

Bolivia 1/2

5月8日 ジェイクがくれた「Engaging」と「Genuine」。ウユニ塩湖で出会った最高のカップル。5年前の今日は仲間との大事な日。

May 8。チェックアウトを済ませて、荷物を預け、テキトーに朝昼飯を喰らい、ウユニからビジャソンへのバスチケットを買いに行く。予想より全然安いチケット価格にほくそ笑む。昨日、ジェイクが僕に使ってくれた言葉「Engaging」と「Genuine」。泣けるほど嬉しい言葉を届けてくれた。出会ってたった1日2日、異国の旅人とこんなにまで楽しく話し、深くまでお互いを知ったことはないかもしれない。きっとずっと続く特別な友情。3分話...

  •  0
  •  0

5月7日 ジェイクとゆったり過ごす、ウユニの町。ひとに恵まれた旅をしている、暖かくて優しい心を持っている確かな感覚。

May 7。昨日のことをゆっくり整理しながらブログに残す。ウユニ塩湖、鏡張りの絶景は確かに素敵だったけれど、やっぱりそれ以上にジェイクとの会話をした時間、そこにこの景色があったというその重なりが心に残っているのかもしれない。そんなことを考えながら、午前中はふらっと散歩したり、バスの時間を調べに行ったり、なんとなく過ぎていく時間だった。お昼ご飯をジョーくんコズエさんカップルにお呼ばれして、しばしの談笑。...

  •  0
  •  0

5月6日 十数年の想いをのせて辿り着いた、ウユニ塩湖。安堵感と共にプレゼントされた、素敵な出会いとたくさんの絶景。

May 6。どういう言葉を使うのが、いちばんこの気持ちをうまく表現できるのだろうか。訪れることができた喜びや達成感、それからその絶景を見た感激よりも、どちらかというと安堵感のような感覚が大きいのだろうか。ある意味で、僕が世界一周へ行くきっかけを作ってくれた場所。まだ今ほど知られていたわけではなく、これからどんどん有名になっていくだろうと簡単に予想できる、美しすぎるその絶景を何度も本で見た。今日、いま、...

  •  0
  •  0

5月5日 スクレでとんでもない事態が起きていた。5倍のお金を払い、川の中を通り抜け、スクレからウユニへなんとか到達。

May 5。全ての疑問点が繋がった。なぜサンタクルスからのバスは山奥で降ろされたのか?なぜ町中の交差点全てがとおせんぼされていたのか?なぜ大きなデモがあり、メルカドでストライキが行われたのか?。今朝、宿を早めに出て午前7時半にバスターミナルへ向かった。9時30分発のウユニ行きに乗るためだが、やっぱりどこのバス会社も閉まったまま。インフォメーションでウユニ行きのバスは?と聞いたら、インポッシブレと言われる。...

  •  0
  •  0

5月4日 iPhoneに小さいオッサンが住んでいます。デモとストライキでメルカドに監禁される。宿の評価について思う疑問。

May 4。12人部屋、床にマットレスが設置され合計16人部屋に。稼ぎ時なんでしょうな。上段の野郎の寝返りの多さと街灯が直接ビッシーと目元にぶち当たることで、午前4時に目が醒める。慣れてる感じでテキトーにウトウト過ごす。iPhoneのバグがいよいよ笑えなくなってきた。充電91%、瞬きしたら60%、あれ?45%。ひっきりなしに、自動的にサイレントになったり音量が変わったりする表示が出てくる。絶対に小さいオッサンが中に住んど...

  •  0
  •  0