7月3日 遂にYMSビザの申請手続きが完了。ようやくボリビアから明日脱出。イギリス生活の友達をかなり求めます。

Jul 3。遂に、や。マジでこの「遂に」って言葉が沁みる。イギリスYMSビザの申請手続きがようやく完了し、無事に滞在許可証が載ったパスポートが1ヶ月弱ぶりに手元に戻ってきた。いろんな不安がよぎってかなり苦しい時間だったけれど、本当によく耐えた。マジで嬉しい。ということで、この9月から2年間イギリスに滞在することになりました。それまでは南米残りの3カ国ペルー・エクアドル・コロンビアを駆け回る。北中南米全国制覇、...

7月2日 サッカー日本代表、感動をありがとう。明日YMSビザの結果発表。バスケが世界に近づくのは2040年くらいか。

Jul 2。めちゃくちゃ惜しかった。でも、ほんとうに感動する良い試合だった。サッカー日本代表、お疲れ様です。戦っている闘志がテレビを通してもヒシヒシと伝わってきました。メンバーをなぜ若手にしないのか?と言った自分の考えが間違っていたとは思わない。それとは全く別の話で、いろんな意味での逆境を乗り越えて戦った代表メンバーがとてもカッコ良かった。明日以降、楽しみが半減するのではなく、次のW杯に向けてワクワクが...

7月1日 初めて出会ったイラン人バックパッカー。またひとり旅仲間が日本へ。あるがままを受け入れるのだと熱弁するが。

Jul 1。いい雰囲気の仲間と出会えている。イラン人カップルのエリーとアミン、ドイツ人フランカにアルゼンチン人パブロ。アミンは英語が話せないけれど、エリーを通訳のようにしてたくさん話してくれる。フランカはまだ18歳、かなりネガティブ思考だがなんとか話をいい方向に導くようにしている。ここでボランティアイクスチェンジをしているパブロは、前回ここの宿にお世話になったときから仲良くしてくれていて、今回は一緒にW杯...

6月30日 ボリビア人女性、超タイプだ。散歩ってこんなハーハー言うっけ。シャワーしない日。目指せ5日で100円食生活。

Jun 30。ボリビア人は美人だ。チリやアルゼンチンなんかに負けないくらいに。ただ、なぜ歳を重ねた女性は皆恰幅がいいのだろう?やはり油まみれの食べ物が原因か、それとも他に何かあるのか。毎日重たい荷物を背中に背負って、標高4000mの坂道を行ったり来たり。どう考えても太る要素が見当たらないのだが。若い子は皆美人だ。出るとこ出とるし、何より顔がめちゃくちゃ整っている。あくまで僕個人的な意見だけれど。ただ、歳を重...

6月29日 世界一周や旅を終えた後の行方。いずれ各国刑務所巡りになる。背が高いひとがモデルする意味って。直接が大事。

Jun 29。世界一周や海外から母国へ戻った仲間のFacebookやInstagramの更新がピタリと止まる。まるで何か全くの別の人生を送っているかのようだ。僕の場合、きっとそれは起こりえないのだが、世界一周や旅はそれほど人生で切り離されるものなのだろうか。自分を想像するならば、きっと毎日の読書とカフェの様子をまずは綴っているだろう。それは間違いない。他にもイメージできるものはたくさん。物理的な旅が終わったとて、自分自...

6月28日 1週間ぶりのマジの着替え。ラパスですること・書くことがなくなってきた。明日土曜やと思ってたらまだ金曜。

Jun 28。朝から汗だくになりながら1時間、ラパスの上り坂を、もう一度、ラパスの上り坂を歩いて前回の宿に到着。やっぱり日本vsポーランドは放送してないので、セネガルvsコロンビアを見ながらネットで随時チェック。色々あれど決勝トーナメントへ行けたことが素晴らしいのだ。おめでとう、なんとかベスト8に入れればより楽しい。それにしても、宿こっちへ戻ってきて正解。現在夜の21時で8人ドミに僕ひとり。もうひとつの部屋もお...