Archive

2015年05月 1/2

5月29日 18日間の東南アジア旅、これで終了!!!

May 29。全然眠れなかった。無理もない、なにもしていないんやから。小さい頃は、眠れない夜は「どーしよー、どーしよー、全然寝られへん」って焦ってたのをよく覚えている。最近はそんなこと気にしなくなって、眠れない夜ならそれはそれでいいと考えるようになっている。成長ではなく、考え方の変化やな。なんか焼きそばが食べたくなって、朝飯を食べに行く。いつも通り、ファングーラオ通りからデタム通り、ブイビエン通りをうろ...

  •  0
  •  0

男女共同ドミトリー。ありえないと思っていたが、普通にあり。

自分が愚かだったと気づかれる...「男女共同ドミトリー。ありえないと思っていたが、普通にあり。」まず日本ではありえない。絶対にありえない。予約していたバックパッカーにチェックインした。指定されたベッドのすぐ隣に、お尻がちょっと出てるくらい短いショートパンツにキャミソール姿の白人女性が普通に寝てる・・・。そして、起きたら超美人。こんなパラダイスな衝撃を今も忘れることはできない。日本はムッツリスケベな国...

  •  0
  •  0

大阪のたこ焼き屋のおっちゃんは、英語を話すことができるのか?

東南アジア旅でより強く思う...日本に帰ったら、確かめてみたいことがある。「日本の観光地のおっちゃん・おばちゃんは、英語を話すことができるんだろうか?」今回の東南アジア旅を通じて、毎日のように湧いてきた疑問だ。大阪出身の自分の感覚で話すと、道頓堀界隈のたこ焼き屋のおっちゃんが「Hello,How are you?」な感じにはならない。そしてもし仮に、「Can I have ten pieces??」と言われてわかるんだろうか?あんぐりな表情...

  •  0
  •  0

5月28日 久々の読書、ぼく、湯船 in ホーチミン。

May 28。朝、少し散歩する。一人のバイタクのおっさんがしつこくついてくる。足を止めて、少し話だけでも聞いてやる。路肩に座って15分くらい話しただろうか。ピークシーズンが過ぎた今、全然ひとが捕まらないらしい。一冊のノートを見せてきた。今までツアーや市内観光に連れて行ったひとたちからメッセージをもらっているらしく、いかに自分が優れたドライバーであるかを、そのメッセージが書かれたノートを見せながら説明してく...

  •  0
  •  0

欧米人家族とすれ違う、物乞いするカンボジア人女の子。

タイ・カンボジアの国境での一幕に思う…「切なさを感じつつ、世界の現実を知る。」タイ・カンボジアの国境を陸路で通過する。クッキーかなにかの空き容器を持って、ボーダーを歩いていく通行人に物乞いをしているカンボジアの女の子。まだ小学生になるかならないかくらいの年齢だろう、服装もどこか小汚く、毎日そこにいるのかもしれないと容易に想像できる。その時だった。肩がぶつかるくらいのすぐ隣を、欧米人の同じ年くらいの...

  •  2
  •  0

世界遺産アンコールワット修復工事中に思う...

世界遺産アンコールワット修復工事中に思う...「歴史の移ろいゆく姿にこそ、憂と趣がある。」2015年5月。日本ではGWが終わり「次は夏休みか」なんて考えながら、重い腰を上げて人々が動き始める。その時ぼくは、東南アジアを旅していた。シンガポールで丸1日かかってフライトの乗継ぎをし、バンコクで数日過ごした後、ぼくはカンボジアにいた。初めて見たアンコールワットは一部が修復工事中。周辺の遺跡群には、木材の支柱を造っ...

  •  0
  •  0

5月27日 ホーチミン、ぶらぶら〜。

May 27。今日はホーチミン市内をぶらぶらと歩く。思いの外、なんもない感じかな。ぼくの場合、マーケットに行っても購買欲のかけらもないから、雑貨とか服とか見ようと思わない。よってなにも刺激のないまま、マーケットをいつも終えてしまうというなんとももったいない感じに仕上がっている。まぁそんなことはさておき、ベンタイン市場、日本人街であるレタントン通り、表参道的なドンコイ通り、サイゴン大教会、中央郵便局、サイ...

  •  0
  •  0

5月26日 プチ旅最終の地、7カ国目ベトナムのホーチミンへ。

May 26。まあまあゆっくり寝たあと、8時30分発のバスに乗ってカンボジアからベトナムはホーチミンへ。シェムリアップのときもそうだったが、宿でバスを予約するとピックアップしてくれるらしいが、ぼくは自分でチケットを予約して、町にあるバス会社まで10分〜15分ほど歩くことにしている。そのほうが町も散策できるし、ええかなーと思って。バスは約3時間かけて、カンボジア〜ベトナム間の陸路国境バベット・モクバイへたどり着い...

  •  0
  •  0

5月25日 S21、カンボジアの悲しい歴史に触れる。

May 25。朝8時30分、うだるような暑さ。今日はプノンペンの観光に出かける。ぼくは歩くのが好きで、どれだけ暑くても5〜6時間なんて平気で歩いて観光できる。今日も歩いて回っていると、現地のひとも「大丈夫か?」と言ってくるほど暑いんだけど、それでもぼくは歩く。そのほうがなんかがわかる気がするから。まずはS21(トゥール・スレン・ジェノサイド・ミュージアム)へ。オーストラリアのパースにあるフリーマントル刑務所で、...

  •  0
  •  0

5月24日 シェムリアップからカンボジアの首都プノンペンへ。

May 24。シェムリアップからホーチミンまで1日で行かずに、プノンペンを経由して正解。シェムリアップからプノンペンの道が荒らすぎて、バス移動がめっちゃキツい!!!メコンエクスプレスという少し値段高めのバスでも・・・やからもっと低いグレードならもっとキツいやろうし、ってかバンコクからシェムリアップのバスが快適すぎた!途中で休憩も挟みつつ、7時間くらいかけてカンボジアの首都プノンペンに無事到着。2013年には邦...

  •  0
  •  0

5月23日 ニュージーランドからイースター島って安いのかな?

May 23。ボーーーーッとすると決めていた日。やから、ボーーーーッとする。昨日のブログを更新したあとにシェムリアップの町へぷらぷら。特に当てもなく、歩く・・・また必ず来るが、今回のシェムリアップ観光は今日が最後。ええとこやった。地元民が行くような食堂を見つけて、そこでロックラックを注文。うまかった。そしてやっぱパブストリートより安かった。帰ってきて昼寝して、ゲストハウスで晩飯食って寝る。明日はカンボジ...

  •  0
  •  0

タイからカンボジアの陸路国境越え

タイからカンボジアの陸路国境越えカンボジアの国境からシェムリアップまでの間に、ぼったくられることが本当に多いみたいで、ぼくの周りのひともほぼぼったくられてた。それも踏まえて、いちおう紹介しておきます!バンコク〜シェムリアップ直通バス金額:750バーツ出発:午前7時30分所要時間:約10時間軽食・ミネラルウォーターありチケットの買い方①Ticket MajorというHPから購入②モーチットマイ北バスターミナルで直接購入チケ...

  •  0
  •  0

バンコク・カオサン周辺の交通情報

バンコク・カオサン周辺の交通情報【ドンムアン空港〜カオサンロードへの行き方】タクシーがベター。空港で必ずバックパッカーを一人は見かけるので、タクシー乗り場近くで探して声をかける。「Are you going Khaosan ?? Can we share ??」これで終わり。ハイウェイを通っても一人150バーツ前後。【シェムリアップへ行く際に利用】カオサンロード(Khaosan Roaad)〜モーチット北バスターミナル(Northern bus terminal)バスNo.3...

  •  0
  •  0

オーストラリアからニュージーランドのワーホリビザ申請方法

オーストラリアからニュージーランドのワーホリビザ申請方法ぼくの場合 or パースの場合という条件付きですが、ネット上にもあんまり情報がないので、参考がてら紹介しておきます!①ニュージーランド移民局HPからワーホリビザ申請。ここは、ニュージーランドの留学エージェントのHPをいくつか見れば、説明が載っているのでそのまま申請すれば問題なし。また、オーストラリアのワーホリビザ申請ともほぼ内容は同じなので、余裕。②ニ...

  •  0
  •  0

5月22日 アンコールワットでの夕日観賞。

May 22。シェムリアップ市内で、お世話になっていたゲストハウスから次のゲストハウスに移った。サービスなどなにも申し分なかったけど、とにかく暑くて眠れなかったからだ。やっぱエアコンなしはきつかった・・・。んで次のゲストハウスへ。初めての日本時宿・・・どうなんやろう、もちろん話もしやすいし友達も作りやすいんやろうけど、なんか違和感ある。この問題に関してはまだもうちょっと悩もう。とりあえず昼間はダラダラ過...

  •  0
  •  0

5月21日 「天空の城ラピュタ」っぽいベンメリア遺跡。

May 21。今日は少し足を伸ばして、アンコールワット遺跡群の1つであるベンメリア遺跡まで行ってきた。後付けだが、ジブリ映画「天空の城ラピュタ」のモデルではないかと言われている場所である。トゥクトゥクのドライバーが一般の行動ではなく、舗装されていない民家のラフな道を辿って目的地まで向かった。そのときに、いろいろとカンボジアの私生活が見えてきた。まず住居は高床式倉庫のような建物ばかりだ。きっと暑さと洪水を...

  •  0
  •  0

5月20日 日本人が最も行きたい場所、アンコールワット。

May 20。早朝4時30分、まだ真っ暗な時間帯に宿を出る。アンコールワットでのサンライズを見るためだ。3日分のチケットを購入し、敷地内へ入る頃にはうっすらと明るくなり始めていた。そこから太陽が現れるのをじっと待つ。徐々に明るくなると、アンコールワットの全景が浮かび上がってくる。さすがの景観で、素晴らしい光景が広がる。池に反射するアンコールワットを見るには、雨季がベストシーズンらしい。今は乾季の終わり。それ...

  •  0
  •  0

5月19日 陸路で国境越え、カンボジアのシェムリアップへ。

May 19。受付のめっちゃかわいい子にはもう会えなかった。それだけが唯一の心残り・・・写真撮ってもらっておけばよかった。昨日、予習しておいてよかった。今日もけっきょく赤3番バスを30分待って、20分の道のりを渋滞で1時間かけて、ようやく北バスターミナルへ。定刻通り9時にタイのバンコクからカンボジアのシェムリアップへ出発。アユタヤ行きの電車、アユタヤ帰りのバン、ノーカルのバス数回でお尻がカッチカチ90℃。痛い。12...

  •  0
  •  0

5月18日 バンコクからシェムリアップ行きのバスチケットGET!

May 18。明日はカンボジアのシェムリアップへ向かうので、タイのバンコク最終日。毎日弾丸のように駆け抜けているので、もともと今日は予備日として空けていた。ので、特に予定は決めていないが、明日のシェムリアップ行きのバスターミナルの予習も兼ねて、そのチケットを買いに行く。北バスターミナル(モーチットマイバスターミナル)へは赤3番のバスと言われたので、バス停でずっと待っていたが一向に来ない。1時間後ようやく・...

  •  2
  •  0

5月17日 残酷で美しい世界遺産、アユタヤ遺跡群。

May 17。早朝に起きて、今日はアユタヤ遺跡群を見に行く。タクシーを拾ってファランポーン駅まで行くのだが、1台目のタクシーのおっさんがこのファランポーン駅を知らんかったのには呆れた。国鉄でめっちゃ大きくて有名な駅らしいのに、しかもわかりやすいようにタイ語に翻訳したやつ見したったのに・・・なんで知らんねん!で、その数秒後に来たタクシーに乗る。まぁ普通知ってるよな。んで、午前7時出発のアユタヤ行きの電車へ乗...

  •  0
  •  0

5月16日 タイ最大の水上マーケット、ダムヌンサドゥアック!

May 16。なんでなんやろう、眠たくて眠りたいのに、眠れない。最近こういう日が続く。 ベッドに横になったあと、これからのことについて、ハムスターの籠の中のようにグルグルと考え込んでしまう。半分は不安、半分はワクワク。ただ、もっとシンプルなことなんやろうけどな。今日はフローティングマーケットへ。まぁネットに書かれていたとおり、このタイ最大のダムヌンサドゥアック水上マーケットは完全に土産市場化してる。それ...

  •  0
  •  0

5月15日 バンコク市内を歩いて、有名な寺巡り。

May 15。疲れていたわりには、自然とええ感じで朝起きれた。ブレックファーストを食べて、今日はバンコクの寺巡りへ。午前8時30分、まずはワット・プラケーオ(本名:ワット・シーラッタナーサーサダーラーム。王宮の敷地内にあり、エメラルド寺院の名で知られているらしい)へ行く。カオサンロードから徒歩20分くらい。ジャパニーズか?ワットポーへ行くのか?とトゥクトゥクのおっさんらに話しかけられるが、フィリピンの経験で...

  •  0
  •  0

5月14日 バンコク到着!バックパッカーの聖地、カオサンロードへ。

May 14。予想通り、どれだけ綺麗なシンガポールチェンギ国際空港でも、空港泊は眠れない。1時間くらいうたた寝して終わり。そして、こちらも予想通り、イミグレーションは1回しか通過できないとのことで、フリーツアー参加できず。ということで、夕方17時30分のバンコク行きフライトまでひたすら空港待機!!まぁこれだけ広くて綺麗な空港ならそんなに苦にもならない。ダーウィンのときはまじで精神的にきつかったからなー・・・。...

  •  0
  •  0

5月13日 マリーナベイサンズ・マーライオンめっちゃ綺麗!!

May 13。さぁ始まるぜ、プチ旅第2弾!!!今日はひとまず4カ国目シンガポールへ。初のSCOOT航空!ってことで搭乗。CAがタイトなワンピースでしかもミニスカ・・・やっぱアジア人のほうがいいな。笑そして、かれこれ9時間のフライトでシンガポール到着!もうすでに20時やけど、どうしても夜景のマリーナベイサンズが見たくて外へ出る。インド系の人や中国系の人も多く、ほんまに多人種が混在している。日本人もいっぱい。なんか先進...

  •  0
  •  0

5月12日 最後の旅ポイント「ボンダイビーチ」。

May 12。ただいま、オーストラリア!ということで、今日はまったりデイ。朝からオーストラリアでの最後の旅スポット「ボンダイビーチ」へ行ってきた。Apple社の初代iMacのボンダイブルーで有名らしい。(この話はぼくにはわからないが・・・。)シドニーの都心から30分足らずの場所に素晴らしいビーチがある。海は青く透明で、砂浜は白く、周りの景観も美しい。それ以上なにも言うことがない。シドニーというオーストラリアの経済...

  •  0
  •  0

5月11日 さよなら、フィジー!そして、祝2年☆

May 11。今日でフィジープチ旅終了!バックパッカーに泊まっていても、旅してるというよりは友達同士や恋人同士でバカンスに来てる感じの人が多くて、声かけにくくて・・・。たくさんの人と話はしたけれど、友達!って感じのひとを作れなかったな〜って思う。まぁでも相方がいなくなってすぐやったし、ひとりでゆっくり過ごして頭を整理することが、もともとの目的やったからよかったと思う。満足!また来たいな、フィジー。そして...

  •  2
  •  0

5月10日 久しぶりの食事、フィジービール美味し。

May 10。今日も晴れてはいるが、バババッと快晴!とはいかない。そして、先輩に薦められたビーチに行こうと受付に行き方を聞くと「今日は日曜日だからバスないよ」と言われ・・・さすがにタクシーでいける距離でもないので断念。ゆったりまったりなフィジープチ旅最終日を過ごすことにする。ものすごい僻地らしく、20分〜30分歩いてもどこにも辿り着けなかった。仕方なく折り返して、ビーチを歩く。このあととんでもなく情けない悲...

  •  0
  •  0

5月9日 フィジーの玄関、ナンディタウン。

May 9。16部屋・・・意外にというか、思いの外めっちゃ気持ち良く寝れた。疲れもあったんやろうけど、10時間くらい寝た。おかげでスッキリ。朝はぼーっと過ごして、昼からはバックパッカーが催行している無料のタウンツアーに参加することに。ナンディタウン、ネットでちょっとだけ調べてメイン通りも1kmほどしかなくて小さな町とは予想していたが、その予想通り。フィリピンと似ている感じがした。マーケットがあって、そこには安...

  •  0
  •  0

5月8日 フィジーで今日からひとり&16人部屋!

May 8。相方と別れの日。個人的事情なのでここでいろいろ書くことはしないが、まじで心の中は感謝の気持ちだけ。空港でいざこざがあってギリギリになってしまって、ちゃんと別れの挨拶ができなかったが、無事に日本に帰ってくれたらそれだけで十分。Have a safe flight・・・そのあと、今日から3泊する予定のバックパッカーへ向かう。空港でシャトルバスを待っていたが、待てど暮らせどやってこないので、仕方なくタクシーで。オー...

  •  0
  •  0

5月7日 マナアイランドでスノーケリング。そして・・・

May 7。曇っているが、思いの外わるくない天気。クルーズ船に乗ってマナアイランドへ。晴れたらすごいんやろうなってのがわかるくらい、曇りでも綺麗な海。さっそくスノーケリング。サンゴ礁が綺麗に生きていて、海のなかは青くていい感じ。ダイブマスターまでの経験が活きて、なんだかスノーケリングも上手くなったっぽい!そして、相方との最後の日をゆっくりと過ごす。いろいろ振り返っても感謝しかない。彼女と過ごしたこの2年...

  •  0
  •  0