Archive

2017年03月 1/2

3月30日 人生最後のことについて、けっこう考えてみる。モテ期をぶち壊して制服デートできなかったやーつ。

Mar 30。人生最後に食べたいものを考えてみる。やっぱり母親が作ったそぼろご飯やな。このそぼろご飯に僕の生まれた時からのすべての食卓でのことが詰まっているように感じる。幼少期も、少年期も、反抗期も、青年期も、それからも、これからも・・・。人生最後に会いたいひとを考えてみる。やっぱり家族、母親と父親、できることならお婆ちゃんも。いちばん身近なひとがどう考えたっていちばん愛おしい。離れれば離れるほど、いい...

  •  0
  •  0

3月29日 本当の意味でまったく誰も自分を知らない土地で勝負するという強さ。それは、一般人にあり。バンクーバー離れます。

Mar 29。自分が高校へ入学してバスケ部に入部した時、同期や先輩方はぼくのことを知っていた。中学時代、地元でちょっと有名だったから。そして、少なからず顧問の先生の耳にもその情報は入っていたかもしれない。こういうことは、僕だけじゃなくて全国どこでも、どんな部活でもよくあることだろう。仮に考えてみる。この事例で言えば、中学時代に名を馳せていても、まったく知らない土地の高校(僕は大阪だから例えば熊本とか宮城...

  •  0
  •  0

3月28日 話してみてストンと落ちた、ぼくらの英語が伸びない最大の理由。

Mar 28。もっとしっかり書けるけど、とりあえずの備忘録。ジュンヤさんが来てくれていた時に話していた。アメリカの大学院で2年間過ごしているジュンヤさんと海外生活が丸4年経とうとしている自分。このふたりがいかに英語が伸びないかって話をしていた。理由は前々からわかっていたけれど、話をさせてもらえたことでより明確になった。ここに書くのは、憤りや不安、情けや後悔じゃなくて、ただの事実。目の前に起きている事実をた...

  •  0
  •  0

3月27日 バンクーバーで思う。自分は空気か、空気以上に存在しないものなのかもしれない。

Mar 27。自殺するわけないんやけど、あまりにも自分が情けなくなって、電車を待っているホームでふと考えていた。「今もし、ここで飛び込んだとしても、バンクーバーで本気で泣いてくれるひとなんていないんだな」って。ジュンヤさんと話していた時に共有したことが痛いほど身に染みる。やっぱり生きていくうえで、誰かに愛される、そこに愛情があるというのがいかに大切か。両親とは愛情で繋がっていることが手に取るようにわかる...

  •  0
  •  0

3月26日 ウィンドショッピングすれば、そら欲しいもん出てくるよな。カナダ全土の国立公園への無料入場パスを事前にゲットしておいた。

Mar 26。ドラッグストアに寄ったら、ボトルのデザインも匂いもめちゃくちゃええadidasの香水が置いてあった。普段ネットや町でウィンドウショッピングすらしないのは、いらない欲求が出てきてしまうから。そうやって、実際あってもなくてもどっちでもいいものが欲しくなる。ダメダメ、そーゆー自分は今は捨ててるはずや。でもやっぱオシャレとかしたいもんな。カナダでワーホリしているブロガーさんや留学のエージェントのひとがた...

  •  0
  •  0

3月25日 ホームレスのおっちゃんらの気分を味わってみた。1時間の早退に固執してしまうヘボい脳みそ。

Mar 25。ミルクを使い切る術が思いつかないので、久しぶりにフレンチトーストを作った。激ウマ。スプーンをレンジで温めてしまって火花が散った時はかなり悲壮感漂ったけど、激ウマやった。明日から4日間の昼飯、決まった。火花、又吉さんの本読んだからか。いちいちそこに繋げんでええな。ホームレスのおっちゃんたちになってみた。家の近所に空きボトルのリサイクルセンターがあって、ジュンヤさんと飲んだビール瓶を持っていっ...

  •  0
  •  0

バンクーバーのカフェ紹介第18弾は、”Thomas Haas Chocolates”と”The Flying Pig Yaletown”

バンクーバーのカフェ紹介第18弾は、”Thomas Haas Chocolates”と”The Flying Pig Yaletown”今回はバンクーバーで地元の人にも海外からの人にも名の知れた有名店を2つチョイス。敷居が高そうに見えてかなりリーズナブルなチョコレートカフェと、とりあえずバンクーバーのレストランといえばここ行くでしょ!っていう感じのレストラン。どちらで過ごした時間も非常に満足させてもらった。・Thomas Haas Chocolatesキツラノエリアにあ...

  •  0
  •  0

3月24日 自分からお酒飲みたいと店決めて、ID忘れるやつとかまじイケてないよな。面倒が襲いかかってる。

Mar 24。ずっと行きたかったカフェでは、食べたかったモノが売り切れてた。久しぶりにひろみさんに会える、自信をもって自分で店を指定したのに、ID忘れてしまった。いろいろ空回りした1日、イケてない自分、こんなつまづきもあっていいと言い聞かせることにした。そうしないと、やってられへん。ピースの又吉直樹さん著「火花」を読んだ。サブの主人公が自分の考えとなんだか重なる部分があって痛々しかった。理想があるが上、抜...

  •  0
  •  0

3月23日 プレゼントされたものとプレゼントしたものが届く。1ドルのワーホリあるある。

Mar 23。頼んでいたものが無事に届いた。1つはオーストラリアのラウンド旅を一緒に達成し、ニュージーランドまでわざわざ会いに来てくれたちひろへの誕生日プレゼント。2日遅れになってしまったけれど、ふたりの思い出である大好きなモスカートワインが無事に到着したようで、ありがとう!と連絡をもらった。配送が3日程度かかることを考えていなかった自分がダサい。味も気になる。苦味が無いに等しいモスカートじゃないとダメ。...

  •  0
  •  0

3月22日イエローナイフの旅、決定。初めてAirbnbやったり、「火花」読んだり、バンクーバー充実してきたな。

Mar 22。すべてがうまくいく。その事象がベストになるか、ベストだと思えるかは自分次第であるならば、いまはすべての物事をうまく引き寄せていける。ってことで、無事にイエローナイフへの旅が決まった。時期は来月4月9〜12日。ツアーもいちばん申し込みたかったナヌックオーロラツアーズさん(Nanook Aurora Tours)にギリギリ滑り込みで予約できた。それから初めてAirbnbを利用して宿泊することに。ふたつのホストにそれぞれ2泊と...

  •  0
  •  0

3月21日 バンクーバー生活にそろそろラストスパートをかける時期がやってきた。穴開けて諦める作戦。

Mar 21。すごいね。3・2・1の日に3・2・1で追いついた。こうやっていちいち意味をつけていくこと遊び感覚がもうほんまに射精してまうくらいに僕は好きなんやろうな。ティッシュ携帯必須やな。やっぱりどう考えたって目線の角度が少し斜め上になっている。笑顔が増え、他人が怖くなくなっている。もうこれは感覚的に絶対にそうなっている。ジュンヤさん、チヂミの素いつ使うか悩んでます。おそらく残り6週間のバンクーバー生活。も...

  •  0
  •  0

3月20日 目の前の時間が本当に大切で必要だったら、FacebookもTwitterもYouTubeも全部なくたっていいんやな。

Mar 20。別れの日。午前6時。自然な握手と自然な言葉。再会の瞬間も別れの瞬間も、あっけなさでは日本でもええとこまでいくやろう。一筋の涙が流れたあとは、少し階段を上がったところに見つけた日常に戻った。4年前から今、そして未来へと繋がる僕たちの道は、全然間違っていない。誰に何を言われてもいい。バカにされてもいい。突き進むべき道を確実に歩いていけばいい。ジュンヤさん、チヂミの素を置いていってくれたこと、感謝...

  •  0
  •  0

3月19日 全部の歯車が噛み合って動き出す瞬間を肌で感じた。吐くまで食った、風船のお腹になってた。

Mar 19。久しぶりに晴れた。昨日の夜の段階で、ジュンヤさんとの話はひととおり完成された。涙を流した。自然に、自分が話すことを感じながら。大きく動いた瞬間がそこにあった。久しぶりに晴れた。お互いにそこには共通の理解があった。すべての事象のタイミングが、一寸の狂いもなく、確実に収まっていく。こんなにも歯車がかみ合う感覚は29年間いまだかつてない。どれだけこの時間が必要だったか。大学のバスケ部時代のことをた...

  •  0
  •  0

3月18日 4月にイエローナイフやな、これ、決まったな。そしたらビクトリアも行くことになるわな。そらな。

Mar 18。4月に入ったらスキー場のオープンスケジュールが変更になると知った。シーズンが終わる最後の1週間は週末のみオープンさせるらしい。ほぼ1週間オフの日が作れそうだ。バンクーバーからの旅を考えている残りの場所は、とりあえず最低限ビクトリアとイエローナイフ。お金の兼ね合いでホワイトホースとアラスカのフェアバンクス。ってことで、いま予約を進めている。夜中3時、調べに調べている。もしこれで4月中にイエローナ...

  •  0
  •  0

3月17日 大事なことは、大事なひとと、大事なことを、大事な時間を使って、大事にすること。

Mar 17。時すでに21日。少しずつ先週のことを書いていこう。ぐいぐい上がっていく気持ちをどうやって落ち着かせるかに必死になっている。そんな自分に出会うことって人生でそんなにないと思う。以前勤めていた会社の上司が「ひとは人生で3回くらいしか変わるチャンスはない」って言ってた。成績が未達成者ばかりが集められた出来損ないのための非生産的な研修の中で。ほんまにこんなとこで変われるのかな?って思ってた。やっぱり3...

  •  0
  •  0

バンクーバーのカフェ・レストラン紹介第17弾は、”Shizen Ya Japanese Restaurant”と”COBS Bread”

バンクーバーのカフェ・レストラン紹介第17弾は、”Shizen Ya Japanese Restaurant”と”COBS Bread”今回は日本食レストランと有名なベーカリーをチョイス。海外では居酒屋タイプのジャパレスやラーメンが人気の中で、少し違うタイプのレストランはすごく新鮮かつ良しでした。それから僕みたいなパン好きならどうしても目がいってしまうベーカリーに、やっぱり立ち寄ってしまったのでその感想をお伝えします。・Shizen Ya Japanese Re...

  •  0
  •  0

バンクーバーのカフェ紹介第16弾は、”Pedro's Organic Coffee House”と”Beaucoup Bakery&Cafe”

バンクーバーのカフェ紹介第16弾は、”Pedro's Organic Coffee House”と”Beaucoup Bakery&Cafe”今回はグランビルアイランドで、パブリックマーケット以外で楽しめるカフェを紹介。どちらも非常に自分の好みで、1日にハシゴしてものすごく満足させてもらえた。どうしてもダウンタウンのカフェに行く機会が多くなっていたので、少し目先を変えて訪れてみる。そうすると意外に少し離れたところの方が良かったりする。・Pedro's Organic...

  •  0
  •  0

バンクーバーのカフェ・レストラン紹介第15弾は、”Steamworks Brew Pub”と”Dinesty Dumpling House”

バンクーバーのカフェ・レストラン紹介第15弾は、”Steamworks Brew Pub”と”Dinesty Dumpling House”今回はバンクーバーでいま注目されている地ビール産業のトップに位置するようなパブと中華レストランの競争でトップを追随しているようなレストラン。人気店には人気店の理由たるものを非常に感じさせてくれる良店だった。良いものは良い!ってことでストレートに名店に行くのは気持ちがいい。・Steamworks Brew Pubウォーターフロ...

  •  0
  •  0

3月16日 その日その時その場所が自分を作り上げていくタイミング。あー、シャンプーしてるわーー、気持っちええわーーーーー。

Mar 16。青空が最大のハイライトになる絶景が曇っている。メロンパンが評判のベーカリーでソーセージロールを買ってしまう。5年ぶりのスタジアム観戦で地元のチームがボロ負けする試合を見ることになる・・・。自分の目で物事を見るというのは、多面的には絶対にできない。巡り合わせ、タイミング、雰囲気、心情、すべてのバランスの中で唯一無二のその場面でしか判断できない。「これ、面白い!」も「ここの店は微妙。」も紙一重...

  •  0
  •  0

3月15日 シアトル・ポートランドへのバスチケット購入、BoltBusがいちばん安いっぽい。毎日ビールで上り調子。最後のピースが1つずつ。

Mar 15。4月16日から1週間で予定しているシアトル・ポートランドへの旅のバスをようやく予約することができた。今回使うのはBolt busという会社。グレイハウンドなんかよりも安い感じ。位置づけ的にはニュージーランドのNaked bus的な・・・この例えは通用せーへんやつやな。バンクーバーからシアトル、シアトルからポートランド、最終ポートランドからバンクーバーへ3つのバスを一気に予約した。もう1ヶ月後には仕事がひと段落し...

  •  0
  •  0

バンクーバーのカフェ紹介第14弾は、”Bean Around The World”と”Thierry”

バンクーバーのカフェ紹介第14弾は、”Bean Around The World”と”Thierry”今回はおしゃれなチェーン店カフェと高級チョコレートカフェをチョイス。ヘビーローテーションできる場所と「ここぞ!」って時に使えるスペシャルな場所として、どちらのカフェもぼくは大好きです。訪れるカフェが多くなるごとに、どんどんいろんな興味が湧いてきます。・Bean Around The Worldバンクーバーを中心にBC州でチェーン展開するカフェのひとつ。B...

  •  0
  •  0

3月14日 バンクーバーが終わってからのことを冷静に考えないと。5月以降、本当に行く場所はトロントでいいのか。

Mar14。今日も雨。スプリングブレイクでスキー場は稼ぎどきなのに・・・かなりかわいそうなほどカスタマーがいない。まあま大雨の中でスキー・スノボしたいひとなんてそんなにいないよな。5月以降、トロントへ行くことでほぼ自分の中では決めているのだが、まだやはり悩んでいるというのがどうやら本音のようだ。とりあえず4月いっぱいまでにビクトリアの観光は済ませる。そこからどういった経路をたどろうか。やはりバンクーバー...

  •  0
  •  0

3月13日 前回ワーホリしていたニュージーランドのタックスリターンがようやく終わった!バンクーバーのスキー場は雨、雨、雨。

Mar 13。カナダのタックスリターンの申請を代行依頼したことは先日書いた。そして、前回のワーホリで渡航していたニュージーランドのタックスリターンがどうやら今日終わったようだ。決して大きな金額ではないが、395NZドルがANZ銀行に振り込まれていた。ニュージーランドのタックスリターンは、オーストラリアのように早期タックスリターンというのがあるのかわからないのだが、こちらも代行依頼をして一般的なものよりも早めに終...

  •  0
  •  0

3月12日 バンクーバー史上最高の1週間、ついにジュンヤさんと合流。おばあちゃんと繋がる。NHLアイスホッケー観戦へ!!

Mar 12。今日からジュンヤさんが来ている。先輩である以上に、一緒に戦っている同志である。話すことがいっぱいで、その楽しみと期待がいっぱいで、合流前からニヤケてしまう。1週間みっちりと濃い時間を過ごした後に落ち着いてから、今日からのことを振り返りたいので、来週以降に彼とのことに関して書くことにする。先日おばあちゃんのことについて書いた。見事なまでのタイミングで、今週おばあちゃんの7回忌があると父親から連...

  •  0
  •  0

3月11日 バンクーバーで最高の1週間が始まった。共感とリスペクトで作り上げていく関係。

Mar 11。お洒落な隠れ家カフェにて。あーようやくバンクーバーで出会いたいひとに出会ったという感覚。この町の楽しみ方を知っていて、リスペクトと共感がそこにはあって、淡々と話している中身は非常に筋が通っていて、かつ興味深い。満席のカフェの中には入れなくて、雨がしきりに降るテラス席での2時間半、激烈に寒かったのでそこまでテンションが上がったことそぶりを見せることはなかったが、心の中はかなり会話にトキメてい...

  •  0
  •  0

バンクーバーのカフェ・ベーカリー紹介第13弾は、”Purebread”と”Le Marche St. George”

バンクーバーのカフェ・ベーカリー紹介第13弾は、”Purebread”と”Le Marche St. George”今回はスキー・スノボの聖地Whister(ウィスラー)に本店があるベーカリーとバンクーバー市民でも知らないかもしれない隠れ家カフェ。どちらもペイストリーが最高でまた行きたくなる。あーこれ書いているだけでまた行きたい!!・Purebread スノボの聖地 Whistler (ウィスラー)で有名なベーカリー。バンクーバーのダウンタウン(ガスタウン)にも...

  •  0
  •  0

3月10日 最近のちょいちょいをまとめてみる。その7(バンクーバーシティバスNo.16の続き。最近ハマっている音楽。観た映画、オススメの本。)

Mar 10。・この前のバスの続きでも書く?聞きたい?うん、書く。バンクーバーのシティバスNo.16事情。ひとりがけの椅子の幅が狭すぎて、横向きに座りながらきっちり正方形になってしまってるおデブちゃん。満員になったバスの中は、もはや生ゴミの中に顔を突っ込んでどれだけ息を止められるかを対決しているようなニオイ。あ、内田裕也!(みたいなひと)と手を繋いでいるのは内田裕也!(みたいなひと)。おい、隣のおっさんよ、...

  •  0
  •  0

3月9日 カナダはバンクーバーで初めてのタックスリターン、Navitourナビツアーさんに申請代行依頼してきました。

Mar 9。先日、タックスリターン申請の代行依頼をしてきた。もともと会計専攻であり、確定申告の業務に携わる企業に3年間勤めていた僕。オーストラリアとニュージーランド、合わせて4〜5回は海外でのタックスリターンを経験してきている僕。知ってるよ、知ってる。でもだからこそ、いちいちこういう業務に時間を取りたくないっていう発想を強く持っている。専門的なことは専門家に、お金が関わることは特に。簡単にできる!って言っ...

  •  0
  •  0

「おばあちゃん」

「おばあちゃん」小説を読む。ときどき、小説を読みたくなくなる時がある。でもその瞬間は、もっと小説を読みたくなる感情も同じくらいある。矛盾しているけれど、泣けるほど切なく、春のような暖かさを響かせてくれる。それは”おばあちゃんを思い出す”からである。最近読んでいる小説には、おばあちゃんがよく登場する。この”おばあちゃん”という言葉が、ぼくに無限の思い出を蘇らせる。おばあちゃんに会いたいな。おばあちゃんが...

  •  0
  •  0

3月8日 エッセイ「おばあちゃん」を書きました。

Mar 8。「おばあちゃん」小説を読む。ときどき、小説を読みたくなくなる時がある。でもその瞬間は、もっと小説を読みたくなる感情も同じくらいある。矛盾しているけれど、泣けるほど切なく、春のような暖かさを響かせてくれる。それは”おばあちゃんを思い出す”からである。最近読んでいる小説には、おばあちゃんがよく登場する。この”おばあちゃん”という言葉が、ぼくに無限の思い出を蘇らせる。おばあちゃんに会いたいな。おばあ...

  •  0
  •  0