Archive

2018年01月 1/1

1月22日 服を洗わず着替えずに過ごした1週間。カンクンに到着。明日からキューバに行ってきます。ブログを17日間お休みします。

Jan 22。面倒くさいとか、試してみたいとか、いろいろな気持ちが重なった。まるまる1週間、同じ服を着続けてみた。その服で起きて、その服で動いて、その服で寝た。この間、シャワーしたのは3日くらいか。テオティワカンからグアナファト、サンルイス・ポトシ・・・汗をびっしょりかいた日もあったけれど、とにかくずっと同じ服を着続けてみた。アンダーパンツを直に臭ってみる。アンモニアのにおいがした。フーディーやパンツは、...

  •  0
  •  0

1月21日 Chekaと過ごすサンルイス・ポトシ最後の日。この町には心を動かすたくさんが詰まっていた、感謝感謝の3日間。

Jan 21。8時に目が醒める。Cheka、彼女はきっとランニングに行っているはずだ。9時ごろまでゴロゴロしていよう、ソファとブランケットを借りただけだが、昼間からのビールと英語で話すのに頭を1日フル回転させていたおかげで、思いの外よく眠ることができた。WIFIを聞くのを忘れたが、別にWIFIなんていらない。ただゆっくり、彼女が帰ってくるのを待てばいいのだ。アップルティーをもらい、支度して、出発する。最初に来たのは、Pr...

  •  0
  •  0

1月20日 イギリスYMSビザ、結果がわかりません。出会って2日のメキシカーナCheka、1日中サンルイス・ポトシを紹介してくれた。

Jan 20。面白いことに気づいた。いや、面白くはないのか、いや、面白い。イギリスYMSビザの抽選にもし当選していたら、今月24日にEメールが送られてくる。24日・・・あらま、23日からキューバ。あれ?ネット環境ないよな?わざわざカード買ってまでネットするつもりもないよな?いつまでキューバやっけ?2月8日か。・・・!!そしたらそれまで結果がわからんってことか。んでもし当選していたら手続きを6月28日までに完了しないと...

  •  0
  •  0

1月19日 サンルイス・ポトシという素敵な町を知っていますか?メキシカーナChekaとの出会い。誰かの心を温められる存在に。

Jan 19。色々な満足感や感情が込み上げて高揚していたのか、あまり眠れない夜を過ごした。午前7時、まだ陽が昇らない肌寒い時間に身体を起き上がらせる。グアナファトを後にし、次の目的地サンルイス・ポトシへと向かう。正直どんな町なのかも、なにがあるのかもまったく想像がつかない。周りに聞いても、訪れたひとがいない。それでもそこに行く理由がある。とあるきっかけで出会ったメキシカーナのChekaに会うため。それだけの理...

  •  0
  •  0

ひとりの女の子との出会い、好きなひとに好きと伝えること。

ひとりの女の子との出会い、好きなひとに好きと伝えること。サンペドロ・ラ・ラグーナで、ひとりの女の子と出会った。一目惚れという言葉が僕の気持ちを正確には表現してくれないが、それがいちばん近い言葉なのかもしれない。チサちゃん。とても可愛い女の子。2018年1月1日、勉強するでもなくぼんやりとしていた僕の横を、彼女が通りがかった。カフェに行こうかと誘ってみた。それが始まり。出会って数日、まだ数回しか言葉を交わ...

  •  0
  •  0

1月18日 アンダーパンツに穴が開く。5ケツァーレスルールと50ペソルール。久しぶりのデート、グアナファトの思い出と景色。

Jan 18。新しい方のアンダーパンツに穴が開いた。最近は2枚で着回しているのだが、古い方のそれはすでにゴムが伸びきっている。とはいえ、あと2ヶ月くらいはこの2枚で過ごすことになるだろう。なぜかアンダーパンツがたくさんバックパックに詰まっていて、それら以外にまだ3枚。少し前にここで話したアンダーパンツ卒業の日はまだ先になりそうだ。靴下もいつか卒業したいが、こっちはそれ以上にバックパックの奥に眠っている。モノ...

  •  0
  •  0

1月17日 写真はないが、数ヶ月ぶりに髪を切った。ゆったりと時間が流れるグアナファト。ピピラの丘からの眺め、ずっと見ていられる。

Jan 17。先日、髪をバッサリ梳いた。誰も気づかないだろうけれど、本当にバッサリ梳いた。最後に髪にハサミを入れたのは数ヶ月前だろうか。頭が軽く、濡れたあとの乾きがはやい。束ねやすくなり、ほつれた髪も少しはましになっただろうか。いつかのタイミングで、急激に毛先が傷み始めた。1週間に1回のシャンプー、前日にはかなりの油分を髪に感じる。手櫛を何回か通せば、少し掌がベタつく。2週間毎にできるのはいつくらいだろう...

  •  0
  •  0

旅の情報が必要な方は、ぜひ直接連絡をください。200%で答えます。

旅の情報が必要な方は、ぜひ直接連絡をください。200%で答えます。もし何処からともなくこのブログに辿り着いて、旅の情報が必要だという方がいれば、コメントやEmail、それからInstagramやFacebookを通じて直接連絡をください。僕が旅路で培ってきたものであれば、全ての情報をシェアさせてもらいます。これまでも、日本時代の友達仲間、それから国籍問わず海外で出会ってきた友達仲間に対して、たくさんの情報をシェアさせてもら...

  •  0
  •  0

1月16日 シャワーも着替えもしないまま。また日本人にこだわっていた自分。メキシコシティ北バスターミナル。グアナファト到着。

Jan 16。いつかこんな日が来るとは思っていたけれど、想定よりだいぶ早いこのタイミングでやってきた。1日歩いたその身体にシャワーを浴びせず、服を着替えることすらなく、そのまま寝床に伏せる。顔すら洗っていない。日常にやってくる幾らかの作業がとても億劫に感じる。その理由は「必要性が本当にあるのか」という疑問から。面倒くさいから、ってだけではない。ほとんどのひとが理解してくれない持論がまたここに存在する。い...

  •  0
  •  0

1月15日 誰かの幸せを見つけられる存在。イギリスYMSビザとキューバへのフライト。旅のスタイル、寂しさの先にある何か。

Jan 15。誰かがちょっと幸せになることを楽しめている自分がいる。何気無い一言が嬉しかったり、一瞬の笑顔に癒されたり、そんな些細な幸せが日常に溢れていることを知っている。必死に走り歩きしている小さな子どもを見ると、つい笑顔になる。その笑顔をその子の両親に向けると、そっと微笑んでくれる。どんなことでもいい、人の良いところを褒める。照れたように謙遜した返事をされても、その表情が心の嬉しさを物語っている。そ...

  •  0
  •  0

1月14日 スペイン語をモノにする。危険を楽しむ方向性。人と違いを持つということ。チャプルテペック城からメキシコシティを望む。

Jan 14。絶対スペイン語をモノにしてやる。今すぐじゃなくて、この残り5年の旅中でいい。絶対にスペイン語をモノにしてやる。この今の気持ち、受験勉強の時の感情にすごく似ている。少し笑われているような、相手にもされないような、そんな感覚。こうなったら、やる。見返してやる。この”見返してやる”って言葉をいつもすごく大切に持っている。お金の算段が必要だが、これはどうにでもする。負けたくない。スペイン語をモノにで...

  •  0
  •  0

憧れのひと、憧れのこと。

「憧れのひと、憧れのこと。」”あの人のここが素敵”って、”そんな風に僕もなりたい”って、長く目標にしているひとがいる。ずっと思い続けているのは、小学校から付き合いのある陽平。僕の中で、彼の存在というか、彼の醸し出す雰囲気は特別で、到底追いつけるものではないと想っているほど。人を褒めることって、努力して実践し続けて少しずつ身についてきていても、やっぱり難しかったりする。でも彼は、それを幼い時からしていた...

  •  0
  •  0

1月13日 志高い若き青年、シュウジくん。5年後に会う約束ができること。セノーテとキューバがすぐそこに近づいてきた。

Jan 13。志高い若き青年と出会った。シュウジくん。メキシコシティの安宿で出会い、一緒だった2日間でおそらく15時間近く語り合ったのではないだろうか。夕方にお互いが宿に戻ってきてからは、両日とも何気無しに会話が始まり、気がつけば午前零時近くになっていた。真面目な性格なふたりは、自然と踏み込んだ話になり、驚くほどのスピードで良き仲間になった。きっとずっと続く仲間に。大学を休学して留学と旅をする選択をした。...

  •  2
  •  0

1月12日 美人とデブと巨乳と警察とオカマとキスの町、メキシコシティ。ガラクタと鼻毛まみれ。近未来型空中図書館。

Jan 12。午後16時30分、今日のメキシコシティ散策を終えて宿へ戻ってきた。メロンパンの様相にそそられて7ペソ(約50円)で買ったパンは、グアテマラの1ケツァール(約15円)のパンを圧倒的に下回る味だった。もう二度とパンは買わないと、誓った10分前。記憶が鮮明なうちに、今日のことをまとめておくことにする。メキシコの首都、メキシコシティ。”いちばん発展している発展途上国”って言葉がよく似合うかなって感じる国や町。美人と...

  •  0
  •  0

元カノからの連絡。蘇る思い出と、当時から今日までの自分。人とのつながり。

「元カノからの連絡。蘇る思い出と、当時から今日までの自分。人とのつながり。」日本で社会人をしていた頃にお付き合いしていた女性から、ひょんなことから連絡をもらった。当時、同じ美容院、同じ美容師さんに髪を切ってもらっていて、その方に今回お願いしたときに僕の話が出たことがきっかけで。淡くなりつつある思い出が、少しずつ蘇ってくる。当時の自分、自由奔放でとても我がままだった。今の自分、少しは変化させることが...

  •  0
  •  0

点が線となって繋がっていく。いつだって自己責任。いつか許せる自分に。

「点が線となって繋がっていく。いつだって自己責任。いつか許せる自分に。」新しく出会ったひとに”僕”について割と真剣に聞かれた時は、自然と同じ話が、同じ口調、同じ文量、同じ想いで。いつも少しだけ話が長くなってしまう。それでも、背景からちゃんと順序立てて、言葉の意味を正しく伝えられるように心がけている。抜け落ちないように、捻じれないように。”今、現在の自分が何を想いながら毎日を過ごしているか”、とても鮮明...

  •  0
  •  0

1月11日 メキシコシティ、朝から優しさに触れる。ソカロやメルカドをざざっと散策。晩飯タコスじゃ腹ふくれねー。

Jan 11。午前7時30分、ぐっすりと眠ることができた長距離バスは無事にメキシコシティへ到着。辺鄙なところで降ろされた。とりあえず混雑しているだろうメトロを目指す。案内図などが全くない。チケットを買った後、近くにいたおっちゃんに「ここに行きたい」と聞いた。いや、性格には「ここに行く」とテンパって言ってしまった。「デルバトス?で乗り換えたらいいよ!」と覚えていたけれど、実際はバルデラスだった。何回も確認し...

  •  0
  •  0

1月10日 偶然再会したメキシコ人アルド。良いやつの切ない話をずっと聞いてあげた。明日からメキシコシティだな。

Jan 10。お昼前、ぶらぶらとメルカドへ向かおうと歩き始める。ストリートに腰を落とすどこか見覚えのある顔に一瞬立ち止まる。バスで一緒だったすごく気さくなメキシコ人Aldo(アルド)。どこか寂しげな彼と目が合い、隣に座ってみる。Qué te pasa?どうしたんだ?とスペイン語で聞いてみる。ここから英語に。彼の話を聞いてあげることにした。旅を共にするはずだったが直前に突然別れを告げられた彼女に、昨日偶然にもここサンク...

  •  0
  •  0

1月9日 まだ体調は絶好調には戻らずも、サンクリストバル・デ・ラス・カサス散策。オアハカには行かず、メキシコシティへ。

Jan 9。頗る冷える夜、またちょっと体調がぶり返しでわるくなったかもしれない。発熱かな、頭が少しフラッとする感覚。美味しい朝ごはんをいただいて、午前中は2日間溜め込んでいたブログとサンペドロ・ラ・ラグーナのFacebookのポストに時間を充てる。11時過ぎからサンクリストバル・デ・ラス・カサスの散策を始める。Real de Guaddalupe通りを歩いて、Zócalo方面へ。いくつかのIglesia(教会)を回ったり、高台へ登ってみたり。2...

  •  0
  •  0

1月8日 最後のお別れは、隠せた涙と。グアテマラからやってきたメキシコの最初の町は、サンクリストバル ・デ・ラス・カサス。

Jan 8。サンペドロ・ラ・ラグーナで一度も使うことのなかった目覚まし時計に起こされる。午前5時、昨晩の満足感がぐっすりと眠りにつかせてくれたのだろう。5時30分、ヒデキさんに淹れていただいた最後のグアテマラコーヒーをいただいて、お別れする。握手。流れた一筋の涙は、まだ陽が昇らない暗闇と停電した漆黒が隠してくれただろう。この恩は一生忘れません。いつかまた必ず会いにいきます。最後まで足元をライトで照らしてく...

  •  0
  •  0

1月7日 サンペドロ・ラ・ラグーナ最終日。焚き火のにおい満載の洗濯、早朝からの停電、ゆみちゃん、優しさの希少なお風呂。

Jan 7。早起きして、シャワーを浴びる。1週間ぶりのシャンプーはやっぱりサッパリ感がハンパじゃなくて、これをいつかやめられるのかちょっと不確かな気分になったりする。ロサンゼルスぶりに洗濯をしてみる。1カ月間手洗いしてきたので、あまりの洗濯量の少なさに半笑いで首を傾げてみたりする。そんなこんなでゆったりしていた午前8時半前、最後のkamomosi朝ごはんのご馳走様と共に、停電。どうやら電線が切れたらしく、復帰の見...

  •  0
  •  0

1月6日 大正漢方胃腸薬と正露丸さまさま。1ヶ月のスペイン語学校、無事に卒業。1月の中米旅のルート。

Jan 6。昨日のお昼12時30分から今朝の8時まで、トイレ以外は永遠と寝ていた。大正漢方胃腸薬と正露丸のツインで、身体はなんとか動くようになった。寝すぎでちょっとボーッとしているが、まぁ大丈夫だろう。朝と昼は、ヒデキさんがお粥を作ってくださったので、ありがたくいただく。何から何まで申し訳ない気持ちでいっぱい。この身体の状態が続けば、サンペドロを離れる日が伸びるかもしれないと思っていたが、なんとか月曜までに...

  •  0
  •  0

1月5日 お疲れにより、久しぶりの発熱と下痢とゲロ。今日はおやすみします。

Jan 5。いつもと違うなって思ってたら、やっぱり体調を崩してしまった。食べ過ぎで胃腸が疲れていたのと、スペイン語学校がひと段落することで気が抜けたことが重なったのだろう。身体の節々が人生でいちばん固まっていたり、満腹感がまったく抜けていなかったり。授業も全然集中できていなくて、途中で吐いてしまったり。だいたいいつもダブルパンチで今回もやっぱり下痢もあり。なんとか学校から気力を振り絞って帰路につき、そ...

  •  0
  •  0

1月4日 中南米の旅、ようやくスタートラインへ。スペイン語を英語と同じくらい使えるようになるには。

Jan 4。ようやくスッキリできた。これでようやくケジメがついて、スタートラインに立つ準備ができた。サンペドロ・ラ・ラグーナ、kamomosi、ヒデキさん・・・たくさんのことが魅力的すぎて、なかなかここを離れることを伝えることができなかった。なぜか勇気が必要だった。かなりの馬力だった。また一つ、勉強になった。正式に来週月曜日8日、サンペドロ・ラ・ラグーナを離れる。また必ず会いに帰ってくる。今よりも素敵な自分にな...

  •  0
  •  0

1月3日 スペイン語でお年玉を説明、できません。サンペドロ・ラ・ラグーナを離れる日。メキシコの最優先スポット3カ所。

Jan 3。元旦の朝、細やかながら女中のセシーにお年玉を渡した。ヒデキさんの考え方やセシーの想いなんかに触れられて、ほんの少しkamomosi活動に貢献できたらいいなって。すごく喜んでくれて、こちらが嬉しくなった。いつも本当にテキパキと事をこなしている笑顔が素敵なセシー。もしこのブログにたどり着き、サンペドロ・ラ・ラグーナに来、kamomosiに泊まることがあるのなら、彼女の姿を見るだけでなんだかほっこりすることを約...

  •  0
  •  0

1月2日 ダサい自分を懲らしめろ、素敵な大人になるために。ダラシない生活を楽しめる余裕があることの幸せ。

Jan 2。年齢を重ねるにつれて、丁寧な言葉で話し続けたい。若者にも勝手に敬語で話しかけてしまうくらい、謙虚な心を持ち続けたい。驕り高ぶることなく、いつまでも学びの姿勢で居続けたい。未だにやってしまうとってもダサいことが一つある。自分がやってよかったと思うことを人に話したい衝動に負けてしまうこと。グッと抑えないと。どうしても言いたくなってしまう。○○してすごく喜んでもらえた、とか。××するようにしている、...

  •  0
  •  0

1月1日 2018年、新年明けましておめでとうございます。今年も僕とこのブログを宜しくお願い申し上げます。

Jan 1。2018年、新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。2018年の元旦は、とても穏やかでのんびりな1日を過ごした。朝ごはんには、お雑煮と善哉、それから2日前に誕生日だったアヤメさんのお祝いで、ヒデキさん特製のチーズケーキを。また今日も一段とどれもこれもが美味しくて、朝からたくさん食べさせてもらった。少し勉強した後に、午後はkamomosiで出会ったチサちゃんとカフェへ。いかに...

  •  0
  •  0

2017年12月収支

2017年12月収支支出食費 $60(①$35 ②Q175($25))アコモ代 $9交通費 $25(①$13 ②Q85($12))服飾費 $110その他 $50(①$23 ②Q180($27))スペイン語学校 Q2810($422)合計 $676収入Nothing合計 $0It means・・・マイナス$676。ここにkamomosiの宿代と晩飯代が来月分に加味されるので、まぁそれ相応のマイナスには当然なるか。食費、案外飛んでいってしまうのは仕方ないか。1月はおそらく中米に1ヶ月まるまる滞在することになる。ど...

  •  0
  •  0

12月31日 シャイなわけがなく、本当は超オラオラな日本人。ゆみちゃんとデート。大きく変化をくれるサンペドロ・ラ・ラグーナ。

Dec 31。自撮り棒やInstagramが普及したことで、格段にshow offな風潮ができあがった。日本人のtypicalは、本当はどんな性格と表現するのがしっくりくるのだろうか。shyというのはかなり的からズレているのではないかなーと思ったりする。本音は"見てほしい、認めてほしい"という願望がとてもとても強い。表と裏はおそらく世界でいちばん激しいだろう、旅をしていて強く感じる。Facebookではそれは感じなかった。Instagramでは、最...

  •  0
  •  0

死ぬまでにやることリスト

死ぬまでにやることリスト・無の境地に立つ・雰囲気で語る・笑顔でヒトを幸せにする・執着を捨てる・身と心を一にする・五感と心で感じる・流れに沿う・ひとを信じる・心に素直に従う・還元する・ありがとうを伝える・いつも幸せでいる・自分でいる・ヒトを幸せにする・社会に貢献する↓クリック for "Like!”にほんブログ村...

  •  0
  •  0