FC2ブログ

Archive

2018年03月 1/2

3月30日 メキシコ出身世界を駆け巡る神父フィリップさん75歳。ガイアナで初めて優しさに触れる。月曜日また立ち往生の予感。

Mar 30。散策途中、ひとりのおじさんとすれ違う。Good Afternoon!!と意気揚々と声をかけてくれた。iPhoneを持っていなかったのでボタニックガーデンの場所を訪ねると、時間があるから1時間だけ一緒に歩こうとなり、横に連なって向かうことになった。おじさんの名前はフィリップ、75歳。メキシコのサンルイスポトシ出身の神父さん。60か国以上を回られているんだとか。明日からブラジルに行くらしい。日本にも京都に半年間ほど住ん...

  •  0
  •  0

3月29日 とうとう旅の資金不足が見えてきた。じっとしとけ!のお告げ。南米でいちばん治安がわるいと評判のジョージタウン散策。

Mar 29。昨晩ダメもとで電話して、なんとかキャンセル料300ドルを払うことで残り半額は返金される段取りをつけた1つ目の航空券。なんと、キャンセルまでの時間がかなり速かったらしく、というよりきっとそのスタッフさんの配慮もあって、全額返金してもらうことができた。マジでありがたい。気分上々。もう1つは完全にダメ。気分少々。いっぱいお金をドブに捨ててしまっているけれど、これはきっと必要な学びだったり、訳わからん...

  •  0
  •  0

3月28日 カリビアン航空が大っ嫌いじゃーー!!空港恐怖症。諭吉さん10枚散る。日本人が99%行かない国ガイアナ、に、来た。

Mar 28。指折れた!って一瞬思うくらい壁を殴ってしまった。もうほんまにカリビアン航空のスタッフ嫌いじゃ!!!ネタどころじゃなくなってきた。日本行きのチケットがないと乗せられないと言い出して、今後の予定を事細かに説明しても最初から聞く耳持たず。ダミーチケットもその後大金叩いて購入させられた日本行きのチケットも、全部事細かに調べられて・・・。また3時間以上格闘。んで結果また500ドル近くを失う。使うはずのな...

  •  0
  •  0

3月27日 「トリニダード・トバゴの首都ポート・オブ・スペイン」というワードを一生のうちに一回でも想像したことがありますか?

Mar 27。夕方、カメラを持たずに外へ出た。この時間、今日の天気、いい写真が撮れるだろうなって想像がついた。でも持たなかった。カメラというものに悩んでいる。どうしてもファインダーの中に映す風景を探している。自分のこの目と肌で感じている光景と、カメラの中のそれを近づけることはできない。さらにいえば、それはまったく別物で。プロではない自分、大事なことだとわかっているのは、経験すること。自分の行動だというこ...

  •  0
  •  0

3月26日 今日も激闘、ベネズエラ・カラカスをようやく離れトリニダード・トバゴへ。ぼくは本当にビビリなのだろうか、それとも。

Mar 26。いまトリニダード・トバゴの首都ポート・オブ・スペインの宿でリラックスできている。そう、ようやくベネズエラ・カラカスを離れることができた。と言っても、今朝も空港で激烈な格闘をした。早朝6時、前回よりも早めに空港へ。感じの悪い前回同様のカリビアン航空のスタッフたち。「まだ支払いができていない」と言う。そんなことはあり得ないのだ・・・。TDバンクにもちゃんと確認したし、確実にぼくの口座からはお金が...

  •  0
  •  0

3月25日 レバノンとシカゴという情報は要らん。世界一高いスラム街の現状とは。旅人として褒められたこと、旅人としての責務。

Mar 25。Air FranceでCAをしている友達のテイキから連絡があった。ぼくが来たタイミングで彼もカラカスにいたらしい。興味があって聞いてみた。「お金はどうやってやりくりしたんだ?」「外出を許されなかった。買いたいモノはホテルで購入して、後から給料天引きというカタチだよ。ヒロは大丈夫なのか?路上で両替しているひとは絶対にお金を持っていないって会社が言ってたぞ」・・・さすが、エアフランスのキャビンアテンダント...

  •  0
  •  0

3月24日 ベネズエラから離れられませんでした。ギリギリだった警察の検問。一筋縄でいかなすぎて、マジ凹みでショボショボな自分。

Mar 24。ベネズエラは、カラカスは、ぼくをそう簡単には逃してくれなかった。トリニダード・トバゴへ飛べなかった。E-ticketとレシートが来たそのタイミングで、クレジットカードの上限を過ぎたらしく、勝手にキャンセルされていた。大慌てでTDバンクに電話して支払いを完了してもらったが、引き落としが月曜日になるってことで結局無理。あんなにシモン・ボリバール国際空港を走り回ったひとが過去いるだろうか。しかもあんな不安...

  •  0
  •  0

3月23日 股間ニギニギ事件のこぼれ話。地元の評判を知っているか?。ベネズエラ・カラカス、気分の晴れない文章ばかりですみません。

Mar 23。昨日の警官による股間ニギニギ事件のこぼれ話として、ぼくはUSドルを実は持っていた。しかも200ドルも。いま重宝している必殺ブラックショートパンツには、とっても優れた隠し場所がある。まったくバレる要素がない。なんなら飛行機のチェックゲートさえバレずに楽々クリアできてしまうほど。必要なときに必要なものがある。写真撮ったところでわからんけど、またおいおい載せることにする。とうとう息切れしてしまったか...

  •  0
  •  0

3月22日 10人の警察に囲まれ、脅され、股間をグリグリ握られる。世界有数規模のカラカス貧困スラム街ファベーラを上から望む。

Mar 22。中米縦断の旅を終えた報告をするためのFacebook文章を作るのに、1時間以上かかった。日本語の語彙力を増やしたい。自分の気持ちを表現する言葉がなかなか見つからず、何度も作り直した。プロでもなければお金にもならない”ただの文”に、これだけこだわってしまう自分がなんとも可笑しい。ベネズエラ・カラカスで頭を振り回されて、より言葉選びが難しくなった。ここでのことも、どうまとめられるのだろうか。今日のカラカ...

  •  0
  •  0

3月21日 カラカスを、ベネズエラをいったん離れることにする。世界最恐の街は、真面目にぼくが世界でいちばん住みたい街らしい。

Mar 21。土曜日にカラカスを、ベネズエラをいったん離れることに決めた。このままだと自分が壊れてしまうから。知ろうとすることを諦める。分かる感覚をぼくはきっと持っていない。悔しい。すごく興味深い国なのに。今日ひとりで歩いてて思った。ぼくは世界最恐と言われるこの街カラカスに住んでみたい。冗談も誇張もなしで、住める。全然問題なく住める。美人ばかりで、ひとはみんな優しくて、街並みもすごく好きだ。一人の時はカ...

  •  0
  •  0

3月20日 part 2 すべてがわからなくなった。定義やリアル、起きていること、本当のこと、なにもかもがぼくの中で壊れてしまった。

Mar 20。昨日までと同じ笑顔を作る方法がわからなくなった。頭の中が混乱し続け、なぜか急にこみ上げてきた涙を抑えられなかった。きっと世の中で起きる全てのことに、定義なんてない。もっと言えば、リアルなんて空虚なだけなのかもしれない。生きる意味、意味なんてないのかもしれない。価値、知らないわからない。いろんな見え方が、ただただぼくを混乱させる。旅ってなんだ、そんなものないのかもしれない。昨日言ったこととは...

  •  0
  •  0

3月20日 part 1 ベネズエラの首都カラカスを散策。よくわからない矛盾しか見えない街に苦しめられ、山を登りながら泣いていた。

Mar 20。午前中からアントニオと街を歩く。パルケセントラルから大通りへ、そこから幾らかのミュージアムを横目に公園を抜けていく。カラカスの天気は、ここの評判の対極にあるほど気持ちがいい。キューバの時と同じほど小さいカップのコーヒーを飲んだ後、ベネズエラ中央大学へと歩いていく。日本でいう東京大学のような、この国トップの大学なんだとか。ひとりで町中を歩きたい。でも現地通貨を手に入れられず何も買えない、バス...

  •  0
  •  0

3月19日 part 2 世界一の殺人発生率を持つ街ベネズエラのカラカス、現地人から聞いた2018年3月現在、これが本当のリアル。

Mar 19。いま普通に働いくひとたちの給料は、月平均600,000ボリバル。これがどれくらいを意味するのか想像がつくだろうか。ブラックマーケットと呼ばれる闇両替で、1ドル250,000ボリバル前後。そう、3ドルくらいの月給ってこと。銀行や正規のレートでは、1ドル35,000ボリバル前後。約7倍ってところかなって話だった。この話で大事なのは、その給料ではなく物価の恐ろしすぎるインフレ。19日の晩飯に食べたサンドイッチ、約5ドルだ...

  •  0
  •  0

3月19日 part 1 いろんなことが巻き起こって、いろんなひとに助けられて、次世代飛行機?でやってきた世界一危険な街と言われるベネズエラのカラカス。

Mar 19。”巻き起こったハプニングの数”に”助けてくれた人の数”、それから”その方々がぼくに費やしてくれた時間”と”聞く話の衝撃度”・・・すべて、巻き起こるすべての出来事を踏まえて、人生でいちばん濃い1日だった。これを書いているのは、ベネズエラのカラカス、パルケセントラルのタワー17Fより。今日から綴るベネズエラでのブログが、2018年現在のここのリアルとして、少しでも誰かの心に留まってくれたら嬉しい。ネットの情報...

  •  0
  •  0

3月18日 前倒しでイギリスYMSビザの申請を完了させる。悪戦苦闘、skypeでパナマからカナダへ国際電話。明日いよいよ南米へ。

Mar 18。午前中、どれくらいの時間かかったか見てなかったけれど、まずはイギリスYMSビザ申請のファーストステップを終わらせた。申請書の作成と申請料の支払い。このタイミングで10万円近く飛んでいくのか、イギリスの長期滞在が始まったらまたしっかり稼ごう。本住所ジャパン、現在地パナマ、大使館訪問予定ボリビア・・・なんだ、こいつって感じかな。いくら探しても南米からイギリスYMSビザを申請した方のブログなんかが見つか...

  •  0
  •  0

3月17日 命綱のカナダのネットバンクが停止状態。絶対に、絶対に、見つけないでね。明後日には正気の沙汰ではない街へ。

Mar 17。ほぼ1日中、調べごとや準備を理由にホステルで過ごす。ぼくの命綱であるカナダのTDバンク、インターネットバンキングがセキュリティの関係でストップしてしまった。電話をしないといけない。はい、ややこしくなってきた。デビットカードばかり使っていたから、口座間のお金を入れ替えないといけないのだが・・・。はて、どうなることやら。数千円で電話できるのならいいが、どこかで対処しないと。明後日は午前3時30分過ぎ...

  •  0
  •  0

コスタリカ・パナマで黄熱病の予防接種が簡単にできます。

コスタリカ・パナマで黄熱病の予防接種が簡単にできます。少しは役に立つかもしれない情報も乗せておくことにします。訪問する国やルートによって違いはあると思いますが、南米へ行く前に、黄熱病の予防接種が必須になってくることが多いと思います。ペルーやその他南米諸国でも黄熱病の予防接種・イエローカードの取得は可能だと思います。今回は中米から南米へ下る、しかもパナマから南米諸国へ抜ける方向けに情報提供できればと...

  •  0
  •  0

3月16日 パナマシティ、めっちゃ都会。安宿のドミトリーだけじゃなく、シングルルームが必要。ベネズエラのルートはどうする。

Mar 16。いずれその日が来るとは思っていたが、必死に止める涙と動揺と。父から、祖母が昨年9月に他界していたと連絡をもらった。祖父母、みんな天国へ旅立った。年齢を重ねているリアルがここにあるんだと、じーんとさせられる。小さい頃は毎年のお正月、お婆ちゃんの家へ赴いた。いつも箱根駅伝の日。掘り炬燵で食べる麩の味噌汁が忘れられない。近くにある船岡山公園、ジャンケンをしながら父と兄と階段を登った。大文字の送り...

  •  0
  •  0

3月15日 コスタリカから中米縦断最後の国パナマへ。どうやらぼくは女性を怒らせる天才。昨日いたジャパニーズはどなただろうか。

Mar 15。Uvitaウビタからローカルバスでコスタリカーパナマ間の国境を目指す。ぎゅうぎゅう。バス停間の距離が短すぎへん?ってのはいつも通りで。Ciudad Neilyで乗換え、Pasó Canoasへ。車なら1時間半くらいのところを4時間。出国税を払う場所がイミグレと別で迷った。大雨が降ってきたので雨宿り。予想通り、カンビオはこの2カ国の国境にはいなかったので、残りのコスタリカ通貨をすべて使い切る。国境はちょっと贅沢できる場所...

  •  0
  •  0

3月14日 コロンビアから南下したなら、たくさんの出会いがあっただろう。よく聞かれるお金のこと、ぜんぜん持っているわけないやんね。

Mar 14。南米の旅をスタートさせる場所、ベネズエラのカラカス。いまはそこへの照準ばかりが頭の中にある。旅人じゃなければ、治安がどうとか以前に興味も関心もないかもしれない。それくらいの場所、そんなもんなんだ。あまり自分の中で誇大するのはやめる。それは違う。久しぶりに9時ごろまで寝ていた。疲れが溜まっているのだろう。汗だく。サンホセはとても気持ちの良い気候だった。少しばかり標高が高いところの方が住みやす...

  •  0
  •  0

3月13日 コスタリカのサンホセ日本人学校を訪問。ウビタ、良い感じの雰囲気を気に入りました。中米縦断、気持ちはすでに終了してます。

Mar 13。午前中、宮治さんに鍵を返さないといけないこともあって、コスタリカのサンホセ日本人学校を訪問した。校長先生に挨拶させてもらった後、体育に参加。バスケとサッカー、楽しむことに人数はさほど関係ない。その後、校内を見学させてもらう。職員室、手洗いうがい、歴史年表、そうじ当番、図書室・・・懐かしい言葉たちがズラリと並んでいる。修了式も後ろで見せてもらう。子どもたちの立ち居振る舞いや先生方の表情なんか...

  •  0
  •  0

3月12日 コスタリカはサンホセで黄熱病の予防接種完了。衝動、南米全国制覇への道、スタート日・スタート地点が決まりました。

Mar 12。午前中に黄熱病の予防接種をしに行く。これはきっと有益な情報源になりうるので、また後日別記事で書くことにする。102ドル、美人女医が対応してくれる。注射の時になんとなくビビって斜め上を向く癖が今日も出た。一瞬で終わり。そこからちょっと休憩して、今度は保健所へ。宿泊させてもらっているところから歩いて30分程度。スペイン語は話せるか?ムイポコのやりとりが毎日繰り返される。いつかちゃんと話せるようにな...

  •  0
  •  0

3月11日 コスタリカのサンホセで黄熱病の予防接種、日本と値段が変わらない。パナマで決める南米全国制覇へのルート。ルーマニア。

Mar 11。昨晩遅くまで話したせいか、一昨日の晩ハプニングで遅くまで起きていたせいか、朝から眠い。そして、朝ごはんからすげー豪華におもてなされる。ここには長くいてはいけないことを、強く感じさせられる。黄熱病の予防接種を受けようと、ファルマシアへ訪ねてみる。50ドルくらいと予想していたが、100ドルと言われたので一旦引き返す。調べてみると、パナマでもワクチンが少なくなっていたりするなどして、昨年まで5ドルで受...

  •  0
  •  0

3月10日 15年ぶりに中学校の同級生とコスタリカのサンホセで再会。歴代最強のAirbnb。日常と非日常が完全にひっくり返っている現実。

Mar 10。何回も大丈夫ってゆーたのに、エアコンをつけてくれる。おやすみってゆーて部屋を出てった後にエアコン消したら「あれ?消えちゃったの?」と音を嗅ぎつけて、またつけに来てくれる。諦めて、エアコンと共に寝る。シーツが置いてあっていつも通り”かける用”やと思って使ったら、どうやら”敷く用”やったみたいで、なんか寝たらあかん枚数目のシーツで寝たらしい。知らんがな。コンタクトをせずにシャワーしてたら、どうやら...

  •  0
  •  0

3月9日 ニカラグアからコスタリカ入国した初日に、医者とか政治家と夜中0時まで謎の会合。たくさんの国へ訪れる上で大変なこと。

Mar 9。ゆっくりしようと思っていた1日、Airbnbの家に戻ってきたのが夜中0時過ぎ。疲れまひた。ホストのルイス、めっちゃ優しいけどめっちゃイカついし、めっちゃ忙しい。プリンシパルで働いている役人さんで、今日滞在したCañasの町いちばんの医者の家で晩飯、今度の選挙で超重要なお偉いさんとかと。そんな政治の話なんかわかるわけがなく、ひたすら耐える時間が続く。そして帰るときに車のバッテリーが上がってる。30分離れた奥...

  •  0
  •  0

3月8日 旅人の俳優。ニカラグアで日本人宿始めませんか。海が見たくてサン・ファン・デル・スール。ブラジルeビザ1日でゲット!

Mar 8。TV番組「アナザースカイ」に、俳優の北村一輝さんが出演されている回を観た。オーストラリアのダーウィンとアデレードを結ぶスチュワートハイウェイ。彼の考え方や行動は完全に旅人。懐かしい風景で溢れていた。僕自身も3年以上の時が流れている。僕も北村一輝さんのようにもう一度オーストラリアを車で駆け抜けたなら、どんなことを思い、魅せられるのだろう。いまはまだ予定にはいれられない。でもいつか、これまで辿った...

  •  0
  •  0

3月7日 カナダのタックスリターンをしなければ。100カ国は必ず訪れる約束をします。プロフィール写真撮ってくれませんか。

Mar 7。カナダで働いていたカフェとスキーリゾートからT4が届いた。フォームのどの数字がタックスリターンだったか全然覚えていないから、どれくらいリファンドされるかわからない。が、これでもしうまくいけばまた少し旅資金を蓄えられる。今年も同じくバンクーバーのナビツアーさんに代行を依頼する。石田さんという担当者の方がとても親切で丁寧に連絡をくれる。ありがたい。小切手は一度日本に郵送してもらって、そこからさら...

  •  0
  •  0

3月6日 日本に帰国したら絶対にやりたいこと。ブログを読んでくれているそこのあなたへ。ニカラグアの観光都市グラナダへ。

Mar 6。帰国したらやりたいことが1つある。自分が大事に思っている、自分をよく思ってくれている友達や仲間にとりあえず声をかけて、集まりたい。パーティーがしたいわけじゃない。それは目的の1ミリもない。ただ繋がってほしい。繋げたい。大切な友達、素敵な仲間、そういう自分と線になって繋がっている点と点を線で繋げたい。そこに、とても素晴らしい空気や新しい友情・愛情が造られる気がする。ひととリアルに繋がっていくこ...

  •  0
  •  0

3月5日 暑さと睡眠不足よりも体調に影響しているコト。もっとゆっくりしようよ。賛否があることを言う必要ってあるのかい。

Mar 5。ここのところ、体調良好な日がない。頭と眼球の奥がなんとなく重たい。埃で鼻は完全にKO。原因は暑さと睡眠不足、あとはなにより会話。これが重要なんだってことに、身体が反応している。カナダからアメリカ縦横断のときは、毎日行きたい場所・見たいモノが明確だった。それにトロントとラスベガス・グランドサークルで仲間に会えるとわかっていたことが、なによりの栄養だった。メキシコのトゥルムまで、なんやかんや旅仲...

  •  0
  •  0

3月4日 文句垂れたニカラグアコーラ、再び。ざっくりと今日から先3年の旅イメージ。Japanを旅のルートに。ブランディング。

Mar 4。朝の早い時間帯から、すでに太陽がねちっこく身体に戯れてくる。午前中、レオンの町を歩く。今日はどちらかというと観光客が多い市街地をみる。宿を変えてもう1泊して、明日はローカル側を楽しむことにする。浅い眠りのストレスとうだる暑さが重なって、身体が糖分をかなり欲している。できるだけ無駄のないように心がけてはいるが、最近お菓子とコーラの量が増えてきている。どこかでリセットしないと。自炊のためにスーパ...

  •  0
  •  0