Archive

2018年04月 1/2

4月29日 ボニートでぼーっとなんもしない1日を過ごす。人気のルートは、誰かと過ごすから楽しいのではないかという持論。

Apr 29。ベッド上段のヤツが動きすぎて、全然寝られへん。0時に起こされ、また午前4時ごろから結局ウトウトしていただけ。今日は腑抜けな1日。朝食を食べた後は洗濯したりボーッとしたり。晴天下、太陽の匂いをギュッと凝縮してくれる洗濯物にテンションがふわっと上がる。ボニートの町を歩いてみる。日曜日とはどえらいもので、ほぼすべての店が閉まっている。お土産屋さんもスーパーもほんまに全部。ドア越しに映る自分、締まり...

  •  0
  •  0

4月28日 ボニートでのシュノーケリング、セノーテ以上の透明度じゃった。(写真ありませんが。)ウユニ塩湖以降のルート。

Apr 28。午前中はゆっくり。やっぱり面白いのは、ブラジルの安宿にはブラジル人ばかり。オーストラリアやニュージーランドなど、バックパッカーに有名な国では、異国の旅人ばかりが集っていた。が、ブラジルはどの町の安宿にもブラジル人が集まる。文化や行動パターンの違い。そして、車移動の人が多く、朝からそそくさとボニート周辺へ出かけていく。交通費を抑えることができれば、ツアー代金もかなり抑えることができる。僕は今...

  •  0
  •  0

4月27日 いよいよブラジル最終目的地ボニートへ到着。5年来重宝し続ける旅アイテム。この5年旅でいちばん辛い時期を振返る。

Apr 27。今までにない空席だらけのバス。それでも運行してくれることがとてもありがたい。昨晩イヤホンしながらバス内で爆睡。起きたら誰も乗っていない。めっちゃ焦った。メカニックで20分ほど離れるから外で待ってくれるか?と笑いながら親切なスタッフが起こしてくれた。すみません、お疲れのようです。午前6時、まずはカンポグランデに到着。そこで2時間待ち、今度はさらにガラガラたった4人の乗客を乗せて、今回の南米旅での...

  •  0
  •  0

4月26日 永遠と半円の虹を描き続けるイグアスの滝。やっぱり友達がいないんだと思わせられる。溜まっていく写真の処理が追いつきません。

Apr 26。最近訪れるホステルでは、朝食を頼む旅人が少ない。以前はぼくもそうだったような気もする。夕方のバスまで時間があるので、ゆったりと準備をして、イグアスの滝へ向かう。ツアーバスの数と中国人の多さが、観光地へ来たんだとリオデジャネイロ以上に教えてくれる。人混みにすでに苦しくなる。この数ヶ月、一度も味わうことのなかった訪客で賑わう場。それでも、イグアスの滝の凄まじいスケール、そんなことを帳消しにして...

  •  0
  •  0

4月25日 フォス・ド・イグアスに到着。男として絶頂期に旅している事実を知る。日本にはない、便器の横にある便器。

Apr 25。フォスドイグアスへ到着する。3.7レアレス、たった1ドルをケチったことが今日のダサ男。30分以上バックパックを背負って歩く羽目になり、ホステルに着いた時には汗ダクダク。予定より1時間半押しで到着、とりあえずもうすぐ夕方やし腹減った。無性に身体が肉を欲している。今までになかった感覚に自分自身が驚いている。肉食系ってやつか。ってことでいちばん安い350gの肉を買って、ニンニクと玉ねぎと炒めて、白飯と食ら...

  •  0
  •  0

4月24日 いつもバス旅、リオからフォス・ド・イグアスへ。いつまで経っても肥満に対して寛容になれない理由。まずはブラジル制覇へ。

Apr 24。朝御飯。もちろんお金を払ってだが、ぼく以外誰も頼んでおらず、ひとりで食事を楽しんでいる時間に些か気分が良くなる。昨晩からやたらと主張が激しいトルコ人は足早に去っていった。ぼくのグレープを3粒ほどパクって。洗濯物が乾かない。その前に、石鹸が取れきれていないまま干している。石鹸が残ったままだとどうなるのだろうか、調べないとな。バスターミナルへ向かう。昨晩話したせいやくんは、どうやらギアナ三国へ...

  •  0
  •  0

4月23日 ブラジルの家族と別れ、リオに戻り、妄想ゲームに明け暮れる。効率の良い旅とはなんぞや。移動にかかるのは27時間だけ。

Apr 23。彼らの休日。テキトーに起きてくる。時間も予定もない。テキトーに誰か訪ねてくる。約束なんてない。テキトーに喋り、去っていく。決まりなんかない。身体が少しにおう。ブラジルのにおいだと、少し微笑む。ハエがコーヒーに飛び込んできて死ぬ。それを知らずに口に入れる。吐き出す。昨日は小バチだった。デジャブ。これもブラジルらしいのか、とは到底言えないハプニング。おぇっ。朝食を終え、モイーセスが起きてきたと...

  •  0
  •  0

4月22日 リオのヌーディストビーチは・・・。サンバとカポエラ体験学習。奇妙すぎるから面白いアウトオブザボックスの世界。

Apr 22。9時頃までゴロゴロ。僕の寝場所はリビングのソファー裏側に敷かれたマットレス。下手なバックパッカーホステルより寝心地がいいのは、みんなの友情愛情のおかげ。昨日ぼくが到着してからずっと論議されているのは「僕をどこに連れていくか、僕との時間をどう過ごすか」らしい。今日は昼間もう一度みんなでワイワイ自宅で過ごした後に、ビーチへ行くということに決まった。日本語勉強中のタイちゃんのアイデアらしい。ブラ...

  •  0
  •  0

4月21日 日本の地球の裏側、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに最高の家族ができた。心を込めたオブリガードとキスの交換。

Apr 21。今日もパサパサのパン、とろみのないフレッシュジュースと極薄のコーヒーから始める。午前中2時間弱、コパカバーナのビーチ沿いを話しながら歩く。彼女は日本へ帰国する。半年の旅を終えて帰国する彼女の傍、ここまで5年そしてここからも5年という自分がいるというギャップに、ふたりして笑う。彼女の今回の旅の最後にお邪魔してよかったのか、いまでもわからないが、僕はこのタイミングで彼女と話すことができてとてもよ...

  •  0
  •  0

4月20日 幻想図書館やセラロンの階段、コルコバードの丘を望むリオ・デ・ジャネイロ散策。コパカバーナビーチで夕陽を眺めながら。

Apr 20。リオの最安値のゲストハウスだけあって、少し苦笑いしてしまうクオリティの朝食を食らう。そこからバスに乗ってリオの散策へ。まずは”幻想図書館”と言う名を持つBiblioteca Real Gabinete Portugues de Leituraへ。カッコいいというかすげーお洒落な空間。上階へ上がることはできなかったが、下からの雰囲気を楽しむ。ここへ来るまでで、随分とセントロの活気と少し緊張感のある雰囲気を味わう。そこから歩いて、次はサン...

  •  0
  •  0

4月19日 リオ・デ・ジャネイロ到着。アサイーってすげー美味い。カンクンから2ヶ月の時を経てリオで再会を果たすという必然。

Apr 19。32時間後、リオ・デ・ジャネイロが見えてきた。移動前にフォス・ド・イグアス行のチケットを買った。行先とルートが少し決まる。チケット売場のおじさんは優しい。そこからインフォメーションでコパカバーナビーチまでの行き方を尋ねる。英語?聞かれてSiと答えると、結局お姉さんはポルトガル語で説明をしている。2か4か6のバスってことはわかった。後から彼女は気づいて笑ってた。バスターミナルから意外と遠いコパカバ...

  •  0
  •  0

4月18日 30時間強かけてサルバドールからリオ・デ・ジャネイロへ。自分の頭で想像できる範疇の夢に、限界や不可能なんてない。

Apr 18。やはりそうだ、iPhoneの目覚し機能が動作しない。いつも予定時刻の前に必ず目が醒めるのだが、もしもの時の備えが無い状態。これもまた面白いか。いつも怖い早朝のバスターミナルまでの道のり。できるだけ足早に。サルバドールのメトロは今のところ世界でいちばん清潔で綺麗だ。車内は広く清潔感。予定どおり、バスターミナル到着。食料が高すぎて、いつもどおりクッキーになる。最近人工物を身体に入れすぎて気持ちわるい...

  •  0
  •  0

4月17日 英語をやたらと使いたがるお茶目なおじいちゃん。すげーお腹ゆるい旅人みたくなってる。2ヶ月ぶりの旅人との再会へ。

Apr 17。徒歩1時間のところにビーチがあるので、そこを目指して散策開始。iPhoneは持たず、最小限のお金とカメラだけ持って。サルバドールはとても大きな街。調べたらサンパウロ・リオデジャネイロに次いで三番目に大きい街らしい。それなのに、サンルイスらへんからのバスのアクセスはわるかったな。まぁいい。歩く。如何せん時間すらわからないので、だいぶ来たかなと思ったところで、海側の道へ逸れてみる。まだ先に行かないと...

  •  0
  •  0

4月16日 ブラジル発祥の世界遺産の街、旧首都サルバドールを歩く。なぜ日本人ぽくないと言われると、ちょっと嬉しいのだろう。

Apr 16。サルバドールへ到着。久しぶりの大きな街に少し緊張する。明後日リオ・デ・ジャネイロ行のバスチケットを買っておく。40レアレス(約12USドル)違うのだが、安い方のバスがちょっと怪しいので、ええ方にする。腹ごしらえした後に宿へ向かう。地下鉄とバスがあってバスを選択。乗り方も行き先も全然わからん。とりあえずキョロキョロしてから人に聞く。3人に聞いてなんとか。降り場がわからず遠めになった。綺麗なブラジル...

  •  0
  •  0

4月15日 まさかの僻地でまさかの紙幣を両替え!普通の生活者の方がよっぽどお金持ち。旅の恩返しをカタチにする時が来た。

Apr 15。朝食、たらふく食べる。隣のおじさんもたらふく食べとる。レセプションでなんとか繋がるWi-Fiで、サルバドールやリオ・デ・ジャネイロについて調べていたら、横に座った女性に話しかけられた。スリナム出身らしく明日スリナムに戻るとか。ここで閃いた・・・!!!知らないうちにポケットに残ってしまっていた20スリナムドル(約3アメリカドル)を「両替できないからプレゼントします」と渡した。実際に両替できる術が国境...

  •  0
  •  0

4月14日 LA出身のクリス、お互いがお互いをブラジル人だと思い込む。今日は14時間、明日は24時間のバス移動でサルバドールへ。

Apr 14。午前5時に起きる。準備を整えて宿を離れる。朝焼けがとても綺麗で、思わずカメラを取り出した。今日は完全なる移動日、13時間後くらいには今日の目的地Teresinaテレシナへ着いているはず。散策目的ではなく、経由地。明日、次はサルバドールへ24時間のバス旅が待っている。リラックスして。バスを待っていたのは、昨日のツアーで一緒の黒人だった。話しかけてみた。アメリカはLA出身の旅行者だった。僕は彼をブラジル人だ...

  •  0
  •  0

4月13日 レンソイス ・マニャランセス国立公園4WDツアー、セスナに負けず素晴らしい絶景。あーブラジル人と付き合いたい。

Apr 13。めっちゃ晴天やのにまさかの・・・。まさかの4WDツアーの午前がキャンセル。午後の方が人気で午前中に人が集まらなかったらしい。午後はバス移動予定だったのでショックを隠しきれない。どうしようか悩んだが、やっぱり行きたい気持ちを抑えられず、午後のツアーに参加を決める。よかったことは、今日移動しても明日移動してもプランは変わらないこと。それにしても良い天気だ。なんでみんな朝に行かないのか、午後はまた...

  •  0
  •  0

4月12日 ついに見ることができた絶景、レンソイス ・マニャランセス国立公園。世界の絶景本で魅せられた、あの景色だった。

Apr 12。夕方のセスナツアーまで今日もゆっくりと過ごす。午前中少しずつ晴れ間が出てきたので、町の写真を撮りに歩いてみる。マーケットを見ようとしているときに、一人のおばさんが目の前に現れる。挨拶したあとになんか言われたが、「わからない」と言って立ち去る。ここからずーっとこのおばさんにつけ回される。川沿いに少年たちがいたので「英語は話せるか?」と聞く。当然答えはNO。おばさんがまだついてくるので「こいつは...

  •  0
  •  0

4月11日 絶景は明日に持ち越し。ブラジルで夜中2時までお酒。勘違い野郎が蔓延るネット社会に苦しむホステルオーナー。

Apr 11。昨晩連絡をしておいたツアーガイドのトニーさんが、午前8時過ぎにわざわざホステルまで会いに来てくれる。ネット情報だと、ここバヘイリーニャスBarreirinhasで唯一日本語・英語が通じるガイドさんらしい。下に名刺の写真載せます。行けるタイミングでセスナのツアーをお願いしたいと話すと、今日セスナが飛ぶか連絡してくれるということで、1日待機することに。4WDのツアーも考えるが、やっぱり上からのあの景色を先に見...

  •  0
  •  0

4月10日 友達はバスターミナルと大雨。5日ぶりのシャワーとベッドに酔いしれる。すぐそこにブラジルの絶景がやってきた。

Apr 10。昨晩からのバスに揺られ、午前9時過ぎにサンルイスに到着。ぼくにとっては、ここもまた経由地に過ぎない。バスターミナル、びっくりするほどの大雨、台風でも来ていますか?これが雨季の標準ならそれはそれはお見事だ。ティエンダのおばちゃんが優しい。ちょっと高いパンがより美味しく感じる。ここでもまた5時間待機。バスターミナルが好きなわけではない。Wi-Fiもなく、とりあえず何をするでもなく待つ。ちゃんと睡眠を...

  •  0
  •  0

4月9日 26時間かけてアマゾン川を渡りきる。後日談でわかったフェリー乗船時の危機一髪。3日間シャワーなし、着替えなし。

Apr 9。船内のトイレ、何回アマゾンの黄金色の川水で流してもプカプカ浮いているウンチ。誰のや。横のトイレもかい。うわ、待たれてた。絶対あのウンチぼくのやって思われてる。ハンモック、よく眠れたとは言えないが、大丈夫。午前6時から無料の朝飯が支給された。パン、りんご、バナナ、メロンにコーヒー。簡素だがありがたい。そこから親切おじさんのポルトガル語講座が始まる。名前はどうやらクラウドということはわかった。5...

  •  0
  •  0

4月8日 まさかのフェリーに乗れない?!これぞアマゾンの24時間船旅が始まる。バックパックにゲロ吐かれる事件、シバいたろか。

Apr 8。朝6時、うるさいおっさんになぜか起こされる。久しぶりに関わりたくないタイプだ、まったく。7時過ぎに別のフェリーへ。ここでまたもやハプニング。なんかの確認がとれるまで、ぼくはフェリーに乗れないんだとか。一緒にいる親切なおっちゃんが、ハンモックを先に取り付けてくれたり、コーヒー持って来てくれたり、助けてくれる。そして、ずっと一緒に待ってくれる。「一緒にお金も払ったのに理解できない」と、彼もだいぶ...

  •  0
  •  0

4月7日 名前も知らない野郎ふたりに連れられて、今夜はフェリーでハンモック生活。写真と文章、がやっぱり勝負できることなのか。

Apr 7。面白く不思議な1日だ。港で停船中のフェリーで、買ったばかりのハンモックをぶら下げて、寛いでいる。明日午前11時に出航してアマゾン川を渡り、Belémベレンへ。今朝1時から緊張したまま午前5時を迎えた。隣にいたおじさんや、セキュリティのジェイミソンと仲良くなった。ポルトガル語、スペイン語、英語のゴチャゴチャで2人で会話を楽しむ。彼の家へ泊めてもらえる予定だった。が、その話は、明日フェリーが出るという情報...

  •  0
  •  0

4月6日 二度と出てこなくなった蛇口シャワーと甘さが足りないブラジル。ブラジル入国して即野宿なサバイバル。ゴキブリと寝る。

Apr 6。昨晩、路頭に迷いかけてから。昔の旅人のように町のホテルを訪ね、部屋を見せてもらい、値段を確認して判断した。初めての経験だったかもしれない。1日ゆっくり寝て、気持ちが整った。走ったおかげで太腿が筋肉痛。いまは旅中でたくさん悩んで苦しんで、気が狂ったり、ストレスになったり、起伏が激しくてもいい。こういうひとつひとつのドラマが教訓となり、許容力を磨いていくのだから。顔晴れ、自分。両親がいつも言って...

  •  0
  •  0

4月5日 「旅をやめたい・・・」完全に心が折られたフランス領ギアナからのブラジル入国。もう一度、自分の旅をする。

Apr 5。この5年間で初めて「旅をやめたい」と思った。「旅をやめた方がいいかも」ではなく「旅をやめたい」と思った。ツラい、ほんまにツラすぎた。そして、この気持ちのやり場がない。ぬくぬくとした暮らしにいったん戻りたい。こんなにも苦しまないといけないのか。またTシャツを1枚ビリビリに破いてしまった。Tシャツには申し訳ないが、おかげでだいぶ気持ちが落ち着いた。そして、1リットルの水を一気飲みして、とりあえず座っ...

  •  0
  •  0

4月4日 今日のAirbnbは、スラム街の中のスラム4階。カイエンヌの街はなかなかいい感じ。ブラジルを旅しているひといませんか?

Apr 4。とりあえず危なかった。今日のAirbnbは、カイエンヌのスラム街の中。アパートへ戻る途中、声をかけられた。肩を組まれ、飲み物を買ってくれとせがまれる。Noとハッキリ伝えて、腕を強引に振り払ってその場を去る。次の交差点で待っていると、そいつが原チャリですぐ後ろまで来ていた。とっさに反対車線へ移動したことがよかった。彼の手には小さなナイフがあった。肩を組まれるときに、彼が僕の後ろポケットの膨らみを確認...

  •  0
  •  0

4月3日 いろんな待ち時間がありつつも、スリナムからギアナ三国最後はフランス領ギアナへ。日本人だけがイエスマンなわけではない。

Apr 3。この辺りの”陸路移動”をモロに体験した1日になった。6時過ぎにレセプションにタクシーを頼む。昨日のニイちゃんはすげーいい対応をしてくれたが、今朝の野郎は僕の苦手なニイちゃんだ。案の定、間に合わすための手段として頼んでいるタクシーを20分も待つハメに。歩いた方が早かったんちゃうかい。んでパラマリボからカイエンヌへ向かうバスターミナルへ。着いた途端に5人以上に囲まれ、すでに僕の荷物はシャトルへと運ばれ...

  •  0
  •  0

4月2日 4ヶ月ぶりのハンバーガー、泣けるほど美味い。ブラジル国内の大まかなルート。南米のオススメを教えてください。

Apr 2。予想通り、朝からずーっとすごい雨。大雨。昨日の今日でお腹の調子も気になるので、ベッドでだらだらと映画Twilightシリーズを見ることに。クリステン・スチュワートが美人すぎる。15時ごろにようやく雨が小降りになったので急いで買い出しに。お腹壊しているといいながら、どっこも店が開いていないので、12月のロサンゼルスぶりにハンバーガーを食らった。今日はバーガーキング。ギアナ三国とトリニダード・トバゴではKFC...

  •  0
  •  0

4月1日 南米滞在中はずっと下痢が続くのでしょうか。世界遺産の街パラマリボを歩く。あなたは誰ですか?タトゥーの話。

Apr 1。夜中までずーっと下痢が続いる。明日に治っている保証もない。スリナムに来てからお腹の調子がおかしい。ミネラルウォーターを飲んでるし、露店のものには手を出していないのだが。明らかに変。明日はなにも食わずに様子を見てみるか。そういえば、今朝はかつてないほどコーヒーが欲しいという感覚だった。それはカフェインがどうとか目覚めどうのではなくて、味。けっきょく我慢したのだが、こんな身体の欲求が出たのは初...

  •  0
  •  0

2018年3月収支

2018年3月収支支出食費  US$29 NIC$377 CRC6,455 TT$119 GY$3140 SN$35アコモ代 US$430 NIC$1,527交通費 US$1,217 NIC$213 CRC12,700 TT$8入出国税 US$71ブログ更新料 US$30カナダタックスリターン代行申請料 US$50ブラジルビザ申請料 US$45黄熱病予防接種代 US$102イギリスYMS申請料 US$861WIFI使用料 $3合計 US$2,838 NIC$2,117(US$68) CRC19,155(US$34) TT$128(US$19) GY$3140(US$15) SN$35(US$5)    $2,979収入N...

  •  0
  •  0