FC2ブログ

Archive

2018年05月 1/2

5月30日 大理石が輝く神秘の絶景世界、マーブル・カテドラル。実は世界で一番美しい道アウストラル街道を走っていた。

May 30。「がっかりスポット」とか「何もない」、そんな言葉が大嫌いだ。世界の絶景を見るために、母国を離れて遠い遠い町までやってくる。その景色に溶け込みたい。何を期待することがあるのか。写真の世界が見たいなら、写真だけ見ておけばいい。その景色にたどり着くまでの道のりや時間が愛おしく、それ以上に、ただそこに本当にその世界が存在するという事実に感動する。そして、それ以上とかそれ以下とかそんな尺度でなく、た...

  •  0
  •  0

5月29日 順調すぎたヒッチハイクで、いざ神秘の世界マーブルカテドラルへ。5人で親指は立てられません。好きって言わせて。

May 29。壁があるように見えているだけで本当はない、くらい音が筒抜けの宿。工事現場のおっちゃんらの早起きは、僕の目覚ましにちょうどよかった。午前7時30分、絶対に朝早い方が得策だと何かが教えてくれていて、早々に出発する。気温は氷点下。水たまりは凍り、辺りの雑草は霜がかかっている。歩き始めて15分くらいで、まず最初の車が僕の親指に止まってくれる。そこまでだけど?とんでもございません、ありがとうございます。...

  •  0
  •  0

5月28日 美しすぎる国境、捕まらなすぎるヒッチハイク、伝わらなすぎるスペイン語、値切りすぎる中国人。チリに入りました。

May 28。「どこだ、ここは。」って言葉が僕にはピッタリで、「誰だ、コイツは。」が彼らには合っている。「何を話しているんだ?」が僕の頭の中で、「本当にわかっているのか?」と彼らの表情が物語っている。朝イチ、iPhoneの目覚ましが鳴らないことを忘れていて、午前9時まで真っ暗な外が相まって、予定より2時間も寝坊。5分で用意して出発。ヒッチハイクで捕まえたい欲望は虚しく散る。なんせ車が通らない。アルゼンチン側のボ...

  •  0
  •  0

5月27日 病院みたいなバスターミナル泊。大好きな町ワナカに似たLos Antiguosで、凍え死ぬ。YouTube始めてよかったこと。

May 27。夜中2時30分過ぎにLos Antiguos到着。ホステルの予約を取っていたのだが、4,5時間睡眠のための宿代が勿体無いので、確認してからターミナルで寝ることに。なんか病院とか学校の廊下みたいで、いつもと全然違う雰囲気。最初はよかったけれど、やっぱり寒い。ビデオを回した後に仮眠。午前8時くらいに冷え込みで起きる。あんまり早いのも微妙かなってことで、ちょっと様子見てから宿へ行ってみる。すげー優しいオーナーさん...

  •  0
  •  0

南米旅では、バスターミナルは立派な宿!?

移動距離の感覚が麻痺していることを実感します。そして、バスで寝まくっているので午前3時でも目がパッチリ。↓クリック for "Like!”にほんブログ村...

  •  0
  •  0

5月26日 言語だけじゃなく、ストーリーも意味不明なアルゼンチン映画。次回の南米旅があるならば、バスでパタゴニア制覇だ。

May 26。3列シートの綺麗なバスのおかげで、割としっかり睡眠が取れ、8時くらいに目が覚める。そこからは”この前も見たよ・・・”という、内容のわからないアルゼンチン映画が流れる車内。外の景色は永遠と荒野が続いている。今後のYouTubeで伝えたいことを頭の中でおさらいする。最近はこのことが頭から離れないのだが、それを考えるのもまた楽しい。心配事は日本語で考える時間や量が増えすぎていて、英語やスペイン語が退化して...

  •  0
  •  0

5月25日 また必ずどこかで、ありがとうフェデ。アロースコンレチェ、日本で流行らせませんか?”贅沢しない”という贅沢。

May 25。最寄りの駅までフェデと歩く。今回はニュージーランドから2年で、場所はアルゼンチンだった。次がいつになるかもどこになるかもわからない。ただ1つ言えることは、間違いなくまた再会して、楽しい時間を過ごすということ。彼もまた最後の時間を噛み締めているように、同じスピードで歩く。本当に良い友達に巡り会えていることに感謝しかない。感傷的になるのかなーなんて思っていたけれど、存分に楽しんだことで、満足感に...

  •  0
  •  0

5月24日 ブエノスアイレス、親友フェデとの最後の夜は、ピザ食べ比べ・チョリパン・ジェラート。常軌を逸したホスピタリティ。

May 24。午前中、洗濯物を済ませてからフェデの働くカフェ”Cafe NININA”へ遊びに行く。自分がされたら嬉しいと思う行動は、きっとこれだ!と勝手に思いながら。ブエノスアイレスの中でもとりわけ高級なカフェ。内装もそれから食事もめちゃくちゃオシャレだ。久しぶりにラテアートがキラキラ輝くラテを飲む。豆に相当こだわっている、バリスタの技量や経験が物語るめちゃくちゃ美味しいラテ。それからフェデにオススメを聞いて頼ん...

  •  0
  •  0

あるある?!外国人に絶対聞かれる1つの質問!

今日は初のiPhoneでマジの一発撮り!毎回少しずつ分秒数が伸びてしまっている・・・。反省。他にもあるあるがあったら、是非教えてください!↓クリック for "Like!”にほんブログ村...

  •  0
  •  0

5月23日 日常の中の非日常というスペシャル。すべらない話、いただきました。アルゼンチンの友達の激ウマ手作り料理ミラネサ。

May 23。寝坊してもOKな緩い感じが面白い。8時過ぎてるよ!って伝えると、Kind of 8amだからOKだって。OKではない気がするけど、彼が言うならそういうことだ。今日はメトロが動いているはず。ってことで昨日行けなかったパレルモソーホーというカフェやアパレルの店が立ち並ぶエリアへ。おしゃれな街並み。そこから1時間半くらいかけて、セントロまで向かう。それからレティロのバスターミナルへ。明後日金曜日にブエノスアイレス...

  •  0
  •  0

5月22日 ブログや動画がやめられなくなる理由。ブエノスアイレスでもストライキに遭遇。アルゼンチン、美人ばかりでついていけない。

May 22。脳みそが変化している。動画を撮ろうと決心してから、そのことだけが頭の中を支配する。道を歩けば周りの景色なんかに目が行かず、あーだこーだ、こんなことを喋ろうと考えては独り言を呟いてる。きっとyoutubeを仕事にしているひとたちの頭の中は、そんなもんじゃ済まない。ぼくは編集しようとは思わない。臨場感というか、その時の心の声を大切にしたいから。それにプラスして、編集まで絶対に手が回らない。現代が作り...

  •  0
  •  0

外国人から見える日本のイメージ。

意外性とかはないかもしれないけれど、リアルな意見が詰まっています。↓クリック for "Like!”にほんブログ村...

  •  0
  •  0

動画作りって、超難しい!!

ほんと、リスペクトしかない動画作り。僕の場合、編集しないから撮ってるだけ。それでも、大変な作業だし、めちゃくちゃ頭使います。↓クリック for "Like!”にほんブログ村...

  •  0
  •  0

5月21日 ブエノスアイレスの定番、カラフルなボカ地区と世界で二番目に美しい本屋さんへ。フェデのインタビュー動画はお蔵入り。

May 21。アルゼンチン人の生活リズムはとても面白い。晩飯はだいたい22時すぎ。その前夕方にメリエンダというスナックタイムを挟むらしい。このメリエンダ、そういえばコスタリカのサンホセで、宮治さんに教えてもらった記憶があることを思い出した。フェデと昨晩がっつり楽しんで、今日は昼間はセントロへ繰り出す。とりあえず行きたい場所は、ボカ地区と”世界で二番目に美しい”とされる本屋さん。メトロに乗り込んで1時間でセン...

  •  0
  •  0

5月20日 ブエノスアイレスで親友のひとりと2年ぶりの再会。何ヶ月おれの家に泊まるんだい?青春を感じた原チャでニケツ。

May 20。午前中、自分的にすごい面白い時間だった。コロニア・デル・サクラメントの黄葉がすごく綺麗だから、その景色を背景にYouTube動画を何か撮影したくて、内容を考えていた。独り言をずーっと小声で話しながら頭をグルグル回転させていたら、気づけば3時間以上経っていた。YouTuberになりたいわけではないが、動画でコンテンツを作っているひとがいかにすごいかを肌で感じる。色々話せることがあるのだが、まとめきれなかった...

  •  0
  •  0

5月19日 ウルグアイ唯一の世界遺産コロニア・デル・サクラメントは、とても綺麗な街並み。僕の当たり前は、旅の中にある。

May 19。昨晩は、YouTubeの1本目のアップロードに四苦八苦。久しぶりに夜中1時を回ってから寝床につく。僕の中での不眠症はずっと続いていて、2,3時間で必ず目が覚めてしまう。もう少し寝たい時間に目が覚めて、何度か寝を試みる。起きたら8時、これまた久しぶりに遅くまで寝ていた。朝飯食って、準備して、出発。今日のモンテビデオは雨模様。30分ほど歩いてバスターミナルに到着。コロニア・デル・サクラメント行きのチケットを...

  •  0
  •  0

Youtube、始めました。

タイトル通り、Youtube、始めました。ビデオログの中でも話している通り、この旅記とは全く違って、本当に誰かの役に立ちたい一心で、作り上げていこうと思ってます。編集に凝ったりする予定はなく、素直にその時の想いを表現していくことで、リアルな自分の応援する気持ちなんかを伝えていくことができればいいかなと思ってます。全然使い方わからないので、えらくショボいYoutubeチャンネルになりそうですが、よかったらチャンネ...

  •  0
  •  0

5月18日 W杯サッカー日本代表候補発表に想ふ。ウルグアイの首都モンテビデオの秋を散策。友達の従兄弟と過ごす素晴らしい時間。

May 18。W杯サッカー日本代表候補が発表された。全くサッカー界を知らない僕みたいな外野の意見として、ヨーロッパで活躍している若手(堂安・久保・中島・森岡・南野各選手)をなぜ呼ばないのか?という疑問だけ残る。FC東京の久保くんも入れてほしい。劇的に変化させないのであれば、この時期に監督を変えた理由はどこにあるのか。予選突破できれば御の字みたいな安パイは捨てて、4年後8年後にベスト4を狙い続けられる環境を作る...

  •  0
  •  0

5月17日 バス会社の映画のチョイス。キリ良しな30カ国目はウルグアイに入国。強面のおじさんにビビされる。盲目の旅人へ想ふ。

May 17。いつも思うことは、バスターミナルもバス車内も映画のチョイスがわるすぎゃーしませんか。いちばん一般大衆的な場所なんやから狙い撃ちせんでよくありませんか。まぁおもんないことがオモロイから楽しいのですがね。ってことで少しのうたた寝を済ませて午前7時にバスが来る。荷物屋のにいちゃんと仲良くなったおかげで、10ペソ払わずに済んだ。ええやつやん。アルゼンチン側の国境で、ウルグアイの入国スタンプのみを押さ...

  •  0
  •  0

5月16日 結局やってしまうドMの旅。バスの時間がわからず、両替ができず、それでも色々やりくりしてモンテビデオを目指す。

May 16。予感通り、ドMな旅をすることになった。変な甘えは許されないもので、エンカルナシオンーモンテビデオ間の直通バスは無いと3人の客引きに確認する。ブエノスアイレスまで行って、フェリーで往復は何と無くウルグアイを回っていない気になるってことで、結局自力で行くことに。エンカルナシオンからポサダスのローカルバス、全員が一旦国境で降りる。現地の人々はIDカード1枚でスルッと通り抜ける。僕だけパスポートだった...

  •  0
  •  0

5月15日 誰も得しない旅情報のまとめサイトをやめてくれ。オンボロバスに乗ってエンカルナシオンへ。明日のことは明日。

May 15。嫌な気持ちになった。誰がわるいとか言いたいわけじゃないし、そんなことはどうだっていい。近くで、ある旅人が話しているのが聞こえた。「ライターとして旅中にお金を稼いでいる。行ったことない場所の情報を書くので、ガイドブックを丸写ししている。」という話だった。僕がいちばん嫌いな旅情報のまとめサイトはこうやって出来上がっているのだろう、とリンクした。だれ得なんだ、それは。誰のための記事なんだ?これか...

  •  0
  •  0

5月14日 超有名な旅本「アルケミスト」を初読破。明日明後日パラグアイからウルグアイへ。4ヶ月ぶりに使う洗濯機。

May 14。ゆったり1日を過ごす。旅本と検索すると必ずと言っていいほど紹介されるパウロ・コエーリョさん著”アルケミスト”初めて読んだ。旅本としてどうこうより、生きかたの指針を唱えている本だと感じた。今を生きる。将来を恐れて行動しないことや諦めることが何より恐ろしいということ。このタイミングでこの本に出会えたことにも意味があって、運命で必然である。この本には欲すれば、周りが協力してくれると書いてある。が、...

  •  0
  •  0

5月13日 パラグアイのアスンシオン、3連休でゴーストタウン化。世界進出6年目を迎え、近日中に新しいプロジェクトを始めます。

May 13。夜中4時に目が醒める。これ以上眠れる気がしないので、iPhone見ながら7時まで過ごす。アスンシオンに3泊する予定で、その後エンカルナシオンに移動する。その時、夜行にしようか午前中にこっちを出ようか悩んでいる。どちみちエンカルナシオンには一泊することになるのだが、ここで朝飯を食うか、向こうの一泊を早めるか。まぁどっちでもいいのだけれど。色々検索してみるものの、やはりマーブルカテドラルは冬になればな...

  •  0
  •  0

5月12日 アルゼンチンからパラグアイに入国しました。YMSビザの大使館申請日を決める。髪、いい匂いがします。

May 12。午前10時アルゼンチン側国境の町クロリンダに到着。昨日予算300円オーバーで食ってしまったので、1時間かけてパラグアイ側国境の町プエルト・ファルコンまで歩く。ほんま野良犬多いですね、怖いですね、狂犬病危ういですね。暑いですね。パラグアイ側のイミグレで出入国の手続きができるらしく、アルゼンチンをしれっと抜けていく。いちいち怪しまれるのにはまだ慣れないが、無事にパラグアイ入国。ローカルバスに乗って、...

  •  0
  •  0

5月11日 日本を飛び出て今日から6年目が始まる。もはや、世界一周ではなく、ただの旅。そんな今日はアルゼンチン内大移動。

Mar 11。5年前の今日、岸和田の実家を離れフィリピンに降り立った。あの日から始まった長い長い旅は、まだ途中、振り返ることなく前へ進んでいる。最近、帰国後を考える機会が増えているが、まだ折り返しなのだと思い返し、ふと笑う。いつからだろう、10年という具体的な数字を口にするようになったのは。当初から強い意識があった記憶はない。なぜならそんな長い旅をした経験がないから、イメージなんてできないのだ。英語を学び...

  •  0
  •  0

5月10日 アルゼンチンのウユニ塩湖”サリーナス・グランデス”。全く違う素敵な景色がそこにある。ウマワカ渓谷、圧巻の景色。

May 10。今日はド充実な1日をメイクできた。午前中はアルゼンチンにある塩湖サリーナス・グランデスへ。プルママルカからコレクティーボで約1時間半。もしこのブログを読んでくれて、アルゼンチンに来る予定がある方がいるなら、とりあえず言っておきます。絶対に来たほうがいい。というのは、このサリーナス・グランデスもさることながら、ここにたどり着くまでの道のりの景色がほんまに最高すぎる。ウマワカ渓谷の端くれなのだろ...

  •  0
  •  0

5月9日 ボリビアからアルゼンチンへ入国。ウマワカ渓谷の恐るべし絶景ロード。プルママルカの町から7色の丘を望む。

May 9。午前5時ごろ着いてくれたら嬉しいと思っていたウユニからの夜行バス、ボリビア側の国境の町ビジャソンに午前2時に着いてしまった。ターミナルへ向かうひともたくさんいたが、バスの中で待機することもできると知って、僕は後者を選択した。これがよかったのかどうかは誰もわからない。ただ、バスの中も時間が経つにつれ、どんどん極寒が増していった。ウユニ、ほんまに寒い場所なんやな。午前7時前までバスの中に閉じ込めら...

  •  0
  •  0

5月8日 ジェイクがくれた「Engaging」と「Genuine」。ウユニ塩湖で出会った最高のカップル。5年前の今日は仲間との大事な日。

May 8。チェックアウトを済ませて、荷物を預け、テキトーに朝昼飯を喰らい、ウユニからビジャソンへのバスチケットを買いに行く。予想より全然安いチケット価格にほくそ笑む。昨日、ジェイクが僕に使ってくれた言葉「Engaging」と「Genuine」。泣けるほど嬉しい言葉を届けてくれた。出会ってたった1日2日、異国の旅人とこんなにまで楽しく話し、深くまでお互いを知ったことはないかもしれない。きっとずっと続く特別な友情。3分話...

  •  0
  •  0

5月7日 ジェイクとゆったり過ごす、ウユニの町。ひとに恵まれた旅をしている、暖かくて優しい心を持っている確かな感覚。

May 7。昨日のことをゆっくり整理しながらブログに残す。ウユニ塩湖、鏡張りの絶景は確かに素敵だったけれど、やっぱりそれ以上にジェイクとの会話をした時間、そこにこの景色があったというその重なりが心に残っているのかもしれない。そんなことを考えながら、午前中はふらっと散歩したり、バスの時間を調べに行ったり、なんとなく過ぎていく時間だった。お昼ご飯をジョーくんコズエさんカップルにお呼ばれして、しばしの談笑。...

  •  0
  •  0

5月6日 十数年の想いをのせて辿り着いた、ウユニ塩湖。安堵感と共にプレゼントされた、素敵な出会いとたくさんの絶景。

May 6。どういう言葉を使うのが、いちばんこの気持ちをうまく表現できるのだろうか。訪れることができた喜びや達成感、それからその絶景を見た感激よりも、どちらかというと安堵感のような感覚が大きいのだろうか。ある意味で、僕が世界一周へ行くきっかけを作ってくれた場所。まだ今ほど知られていたわけではなく、これからどんどん有名になっていくだろうと簡単に予想できる、美しすぎるその絶景を何度も本で見た。今日、いま、...

  •  0
  •  0