FC2ブログ

Archive

2018年06月 1/2

6月29日 世界一周や旅を終えた後の行方。いずれ各国刑務所巡りになる。背が高いひとがモデルする意味って。直接が大事。

Jun 29。世界一周や海外から母国へ戻った仲間のFacebookやInstagramの更新がピタリと止まる。まるで何か全くの別の人生を送っているかのようだ。僕の場合、きっとそれは起こりえないのだが、世界一周や旅はそれほど人生で切り離されるものなのだろうか。自分を想像するならば、きっと毎日の読書とカフェの様子をまずは綴っているだろう。それは間違いない。他にもイメージできるものはたくさん。物理的な旅が終わったとて、自分自...

  •  0
  •  0

6月28日 1週間ぶりのマジの着替え。ラパスですること・書くことがなくなってきた。明日土曜やと思ってたらまだ金曜。

Jun 28。朝から汗だくになりながら1時間、ラパスの上り坂を、もう一度、ラパスの上り坂を歩いて前回の宿に到着。やっぱり日本vsポーランドは放送してないので、セネガルvsコロンビアを見ながらネットで随時チェック。色々あれど決勝トーナメントへ行けたことが素晴らしいのだ。おめでとう、なんとかベスト8に入れればより楽しい。それにしても、宿こっちへ戻ってきて正解。現在夜の21時で8人ドミに僕ひとり。もうひとつの部屋もお...

  •  0
  •  0

6月27日 ラパスで身体が「カールじいさんの空飛ぶ家」。ラパスの夜景ミラドールキリキリが学生時代を思い起こさせる。

Jun 27。ラパスにて、イギリスYMSビザ以上の死活問題がひとつ発生している。オナラ。もともとオナラマシンだが、高所での気圧の関係も重なってか、マジでオナラがとまらん。冗談抜きの10秒1回ペース。カールじいさんの空飛ぶ家のように飛んでいけそうだ。んでタチが悪いことに、やっぱくさい。異臭騒ぎで逮捕されそう。それなら、まぁ風船で飛んで逃げたほうがマシか。坂道が多いから、この異臭ガスを有効活用してタケコプターのよ...

  •  0
  •  0

6月26日 W杯その爆発的な喜びは、マジでマジなのか。好きなのに、ラパスでカフェ巡りをしない理由。日本人でよかった。

Jun 26。1時間前からリビングを陣取って、W杯フランス戦をフランス人が見る。アルゼンチン戦をアルゼンチン人が見ている。試合の半分はおしゃべりし、携帯をいじっている。得点が入った時はすげー喜ぶ。でもこれってほんまに好きで応援しているのかなって笑ってしまいそうになった。全然画面見てへんやんっみたいな。まぁそんなことはどっちだっていいのだが。今日は午前中ミラドールキリキリ方面へ。収まったと思っていたデモは、...

  •  0
  •  0

6月25日 イギリスYMSビザの色々な日付、もはやわからない。これは高山病なのか?。あと1ヶ月もラパスに縛られるかも。

Jun 25。もしやイギリスYMSビザ下りないかも。12日にビザセンターに書類は提出した。90日以内という提出期限は14日だったので、提出そのものは期限内に終えている。ただ、イギリス大使館ビザ決定センターから「書類を受け取ったので審査を始める」という内容のメールが来たのは、22日だ。なぜここまでタイムラグがあるのか理解できないが、もはやどうのこうのできることでない。この日がその提出期限に相当するならば、余裕で90日...

  •  0
  •  0

6月24日 ドミトリーってさ、マナーがいるんだぜ。子守唄が聞けない夜。イギリスYMSビザの申請がもし下りなかったら。

Jun 24。ドミトリーを理解していないのか、はたまた文化の違いか。早朝に出発するのはあなたの勝手だが、そんなにも騒がしく準備したらそら全員起きるわいね。ってな感じで早朝4時ごろから鳴り止まない足音とドアの開け閉め音で、寝てるのかよくわからないまま朝を迎える。9時半にチェックアウトを済ませて45分くらい坂を斜めにどんどん下っていって、先週お世話になっていたホステルに到着。あんなに静かだったホステルが、すんげ...

  •  0
  •  0

6月23日 ダウンタウンに泊まるデメリット。W杯のために宿移動。のんびり過ごしているのになぜ体調を崩すのだ、この身体。

Jun 23。早朝から随分と賑やかなバックパッカーズだ。評判の良いすこぶる優しいオーナーの元には、やはりたくさんの旅人が集まってくる。かなりの安宿なのに朝食の質が良い。立地条件的にこの値段設定なのだろう。わかったことは、中心部に近いバッパーに泊まっている時ほど動きが鈍いってこと。少し離れている場所の方が、よし歩くぞ!ってな感じで割とメリハリがきく。今日はバッパー近くのメルカドへ写真を撮りにいく。テーマは...

  •  0
  •  0

6月22日 ラパスで誰も知らない絶景夜景スポット見つけた。5個のみかんが13個に。あなたは歯磨きの話がそんなに好きなのか。

Jun 22。いつか自分にも何か起こる。そんなことは十分わかっているし、覚悟はできている。それでも治安どうのこうの言われている場所での少しの警戒心は、充実感へとすぐに転換される。夕方から、おそらく夜は日本人の旅行者があまり近づきたがらないEl Alto エルアルトまで足を運ぶ。1時間くらいか夜景を見るために、もちろん歩いて。標高が原因なんだけれど、老けたなーと感じるほどすぐに息が切れる。何段あるのかわからない階...

  •  0
  •  0

6月21日 コパカバーナのお店やホステルは、どうやって生計を成り立たせているのか。W杯はグループリーグが熱いんだ。

Jun 21。夏の繁忙期には多くの観光客が訪れるのだろうか。閑散としているコパカバーナ、お店・露店・ホステルの量とビジターの数がまったく比例していない。稼ぎ時に十分に稼げているのだろうか、1日1組くらいしか入らないカフェやレストランは、やっていけるのだろうか。絶対に誰も使うことのないと思っていたビーチに無数にあるアヒルボート。4人組が意気揚々と乗り込んでいったのを見て、まさかの隣にいたカップルも。なにが起...

  •  0
  •  0

6月20日 コパカバーナ、ラパスよりなぜ暖かいのだ。日本人だけちゃう?ボリパー。何回切ったって長いままの髪。ビザ!

Jun 20。ラパスより暖かく感じるコパカバーナ。ラパス3600mに対して3800mとコパカバーナの方が標高が高いことに驚く。緯度はさほど変わらないのに、なぜなんだ。まぁ200mくらいではそんなに変わらないということか、それにしてもチチカカ湖も3800m。富士山より高い場所に湖があるのだ。今日もW杯を見て、ブラブラ歩いて、ビーチでのんびり座っていたら夕方が来る。晩御飯をテキトーに作って食べて、映画2本見て寝る。身体そのもの...

  •  0
  •  0

6月19日 日本代表まさかの勝利。コパカバーナからラパス、その後クスコへと続いていく予定。十人十色の旅がある。

Jun 19。サッカーW杯、日本代表まさかの勝利。めでたい、ひとりで拍手喝采。朝から気分良し。今日はサッカー観戦以外なにもする予定を決めていなかった。それにもうコパカバーナの町も歩き尽くしたので、同組のポーランドvsセネガル戦もついでに観戦。お昼過ぎまで布団から出ることなく過ごす。いまの宿、とりあえず22日チェックアウト分までは支払いを済ませてある。イギリスのビザ、15〜30日と言われているのだが、だいたい2週間...

  •  0
  •  0

旅の最大にして最高のテーマ、それは”自分探し”!

いろんなものに触れることで、いろんなことを考え、感じ、受け入れ、変えていく。旅の最大の魅力を伝えらえる話がこれからできれば嬉しいです。↓クリック for "Like!”にほんブログ村...

  •  0
  •  0

6月18日 エンパナーダで歯が欠けるというありえない事件。YouTubeにブログ、暇な時間にどうか見てやってください。

Jun 18。昼飯に食べたエンパナーダで、まさかの歯が欠けた。カナダで800ドルも費やして治療した箇所が完全になくなっちゃった。エンパナーダの具にオリーブが入ってるなんて聞いてません。しっかり噛んだらガリッてな感じで。見た目にはわからないので問題ない。ただ舌で舐めた時の感触が気持ちわるい。ダサすぎる。そして、鏡でチェックすれば完全な虫歯がいくつかあるのがわかる。いつ発症するのだろうかともうかれこれ数年ビク...

  •  2
  •  0

6月17日 ボリビアのコパカバーナ、観光地だなと思わせられる接客の数々。YouTube用のビデオ、テイク20でもまだNG。

Jun 17。午前8時くらいにテキトーに起きて、まずはカルバリオの丘に登る。やはり標高が高いせいもあってすぐに息が切れる。ラパスとコパカバーナ、ひとり高地トレーニングみたいな感じになっている。快晴も快晴で、チチカカ湖を望むとても綺麗な景色が眼下に広がる。動画を撮影するが、しっくり来ないのでまた夕方出直すことにする。11時には宿に戻り、W杯のドイツ戦とブラジル戦を観戦する。試合間の1時間を使って買い物を済ませ...

  •  0
  •  0

6月16日 到着したのは、世界一標高の高いチチカカ湖を望むコパカバーナ。ボリビア国内最安値かもしれない宿に泊まる。

Jun 16。泊まりたかった宿はやはり60ボリビアーノだと言われた。以前は15ボリビアーノくらいで泊めてあげられたけど、Wi-Fi等のサービスを増やしたこと、それからbooking.comなんかを使い始めたことで値段を上げたんだとか。自分の予算は50ボリビアーノで限界、そう出ないとラパスから移動してきた意味がなくなる。そしたら近くに25ボリビアーノで泊まれるところがあると紹介してくれたので行ってみる。わるくはなさそうとはいえな...

  •  0
  •  0

世界一危険な都市カラカスの現地情報vol.2(2018.3月)

今のマドュロ政権が続く限り、ベネズエラの経済が安定することはなさそうです。ただ、本当に素晴らしい国民の国なので、いずれ落ち着くことを願って、その際に一緒に訪れましょう!↓クリック for "Like!”にほんブログ村...

  •  0
  •  0

6月15日 W杯に無関心な旅人たち。コロンビアからできるだけ安くイギリスへ行ける方法、どなたかアドバイスください!

Jun 15。右目の調子がわるい。夜中眠れない時にiPhoneを覗いてしまうことが原因だろう。これはグッとこらえて我慢せねば。8時からW杯ウルグアイvsエジプトの試合を見て、その後バスターミナルへ明日のチケットを買いに行く。ボリビアのラパス、感覚的だしあくまで僕が出会ったひとたちだけなので一概には言えないけれど、英語ができるひとが多い気がする。バスターミナルだけでなく、町の小さな露店の売り子さんでさえ、英語で返さ...

  •  0
  •  0

世界一危険な都市カラカスの現地情報vol.1(2018.3月)

カラカス限定にはなりますが、2018年のベネズエラ情報としては活きた内容ではないかと思います。ベネズエラへの渡航を考えて何か情報が必要な方いらっしゃいましたら、直接メッセージください。↓クリック for "Like!”にほんブログ村...

  •  0
  •  0

6月14日 最安宿vs安宿対決、の勝敗はいかに。ロシアW杯、ついに開幕ですね。ビデオを撮りながらベネズエラを想ふ。

Jun 14。この3日間は自炊すると決めている。ラパス生活、30ボリビアーノの安宿+外食と45ボリビアーノの安宿(朝食込)+自炊を計算してみる。99%予想通りほぼ同じってかまじ同じ。朝飯ないぶん外で食べる。朝食込の宿はコーヒーやお茶が自由に飲めたりするから水を買う必要もない。わかっちゃーいたんだよ、だから全然OK。外食続きの身体にヘルシー飯を自分で振舞ってあげる。健康でよろし。油かバターをなんとか確保できれば、あとは...

  •  0
  •  0

ラパスで抗議デモに遭遇。まじでビビった!

まじでビビりました。収まった時ばかりの映像ですみません。普通の生活と隣り合わせの雰囲気がなんとも違和感でした。もし南米を旅されている友達や仲間がいる方が見られましたら、念のためシェアしていただけると嬉しいです。↓クリック for "Like!”にほんブログ村...

  •  0
  •  0

6月13日 引き続きラパス、W杯仕様の安宿へ。何か変だと思ったら、黒煙立ち込める抗議デモに遭遇。ラパスでいちばんの屋台。

Jun 13。絶賛継続中の不眠症。0時ごろに眠りにつき、午前3時過ぎに目が醒める。はい、ここから眠れません。なかなか面白い夢だったので続きを見たかったのだが。8時までゴロゴロ、予報とは裏腹にいい天気。外に出て安定のトゥクマナスを朝食に。シャワーを浴びて今日の行動開始。まずは宿を移動。最安値の宿、居心地はぼちぼちだが、そろそろ変化が必要なのと手持ちの米を自炊で使ってしまいたいのとで。30分くらい坂道を登って登...

  •  0
  •  0

6月12日 ボリビアのラパスにて、イギリスYMSビザ申請無事に完了。今日まで毎日書いているブログの分量を計算してみた。

Jun 12。45分歩いてテレフェリコに乗り、今日はイギリスビザセンターを目指す。10時前に到着、ウォークインでUS60ドルを支払えば今日中に提出可能とのことでお願いする。12時15分に戻ってこいってことで待機。すごく雰囲気のいいスタッフばかりですごく助かる。YMSビザ申請書とサポート書類を提出。指紋認証と写真を撮って無事終了。2〜3週間で結果をEメールで送ってくれるとのこと。ようやく肩の荷が下りたというか、まだビザが受...

  •  0
  •  0

6月11日 ラパスでいちばん移動したひと、はい、自分です。イギリスYMSビザ申請に向けてのX-Ray撮影は、たらい回しにされる。

Jun 11。おそらく今日ラパスにいる誰よりも歩き、移動した。午前中から高低差450m、距離約10kmの道のりを歩く。標高3600m超、富士山より高い場所で。新市街に行くにつれ、ヨーロッパ系のひとが増え、ハイヒールやスーツ姿のひとが多くなる。旧市街との人種の違いは明らかだ。最初に訪れた国際メディカルセンター。調べてみると、YMSビザ申請において、リスト上にある国に6ヶ月以上滞在している場合は胸部レントゲンの診察証明が必...

  •  0
  •  0

6月10日 雨降るラパスでゆったりと。ネットの記事だけが真実じゃない、海外の治安や評判。観光業がいかに大切かってやつ。

Jun 10。標高が高いせいか、ラパスの天気はコロコロ変わる。午前中は雨、その後晴れたり止んだりの繰り返し。強盗や窃盗の記事ばかりが目立って、おそらく日本人が寄り付かなくなったであろう宿へ行ってみる。普通の宿だった。日本人は泊まっていなくてチャイニーズとヨーロピアンばかりらしい。料金も少し上がったのだろうか、調べていたのよりも10ボリビアーノ近く高かった。少し歩くとなんとなく頭が痛い。ウユニにいた時にも出...

  •  2
  •  0

6月9日 ラパスで最安値らしい宿は、吹き抜け激さむ。僕自身のイギリスYMSビザの公式申請いよいよ大詰め。旅慣れボケかも。

Jun 9。付いていないと思っていたデサユノ(朝食)があって、朝から気分上々。濃いめに淹れてくれているドリップコーヒーがさらにありがたい。昨晩に値段を確認して、おそらくラパス最安値と言われている宿へ朝から移動する。ラパスで朝飯付きの宿最安値はおそらく45ボリバール。今日から泊まるところは朝飯無しで30ボリバール。最近のレートだと7ボリバールが1USドルくらい。15ボリバールあれば自分で外でなんか食えるから、まぁ...

  •  0
  •  0

6月8日 雪降る国境、チリのアリカからボリビアの事実上の首都ラパスへ。もう少しで見えてきている自分の存在する位置。

Jun 8。いつも通りの流れ。ダメになってきていた自分、ジュンヤさんと電話させてもらい、”我”に戻れる。誰かに認めてもらえたり、興味を持ってもらえるっていうのは、本当にありがたい。これだけ欲を捨てるために毎日過ごしているのに、結局は承認欲求の塊か。まぁそんなもんでいい。ジュンヤさんからは、アメリカから日本に帰られてからのことを聞けた。精力的に何かを動かしていこうとする躍動感を感じる。まったく別のフィール...

  •  0
  •  0

6月7日 ペルーにはこんな美人しかいないんでしょうか、とチリにて。中米・南米で色々と大変な事態が起きているようです。

Jun 7。宿の居心地がいい。明日もう一泊しようか悩んだまま眠ることになりそう。チリ最北端の町、アリカに到着したのは午後20時前。チェックインした後慌てて野菜だけ買いに走る。閉店作業中にもかかわらず、店屋のにいちゃんは優しい。まだチリという国の人々が掴めない。今日は人参と玉ねぎとトマト、醤油とバターで炒める。これだけで飯が美味い。晩飯食っていると可愛い女性が隣に腰掛けて話しかけてきた。やばい、ペルーには...

  •  0
  •  0

6月6日 バルパライソを離れ、31時間バス移動で目指すはチリ最北端の町アリカ。やっぱ映画の吹き替え版はよくないね。

Jun 6。午前9時からの遅めの朝食を諦めて宿を離れる。チケット売場をたらい回しにされ、最後はとてつもなく優しいおじいさんが対応してくれる。残り5席、この時間に来ておいてよかった。バルパライソから目指すはチリ最北端の町アリカ。予定では31時間のバス移動ってところ。値段を聞きたかっただけだが買うことになってしまった、希望と違うサンドイッチを頬張りながらバスを待つ。アリカの少し下にあるイキケでストップバイしよ...

  •  0
  •  0

6月5日 寒いのに靴下は2枚しか履かれへん。いつもの軽い鬱がやってきました。バルパライソで行き着いた先は、スラム街だった。

Jun 5。天気予報通り、くもり。愛想ない朝ごはん、パンはひとり一個だったらしく、少々居心地のわるい時間になる。すみません。午前中はまったく動く気になれず、何にもしないままただ時間だけが過ぎていく。それにしても、パタゴニアからだいぶと北上してきたはずなのに、まだまだ寒い。いつも思うのだが、もう5℃を下回ったら、何度でも同じように感じるのではないか。5℃もめっちゃ寒いし、マイナス10℃もめっちゃ寒い。もう一緒。...

  •  0
  •  0

6月4日 世界遺産の港町バルパライソ、カラフルなウォールアートと危なっかしい雰囲気と。自炊の落とし穴は、食い過ぎ。

Jun 4。晩ごはん的なものがなくて、朝ごはん的なものも出なかった。バス自体がめっちゃ綺麗やったからなんか変に期待していた自分がいた。空腹感マックス。午前9時30分にチリのサンティアゴへ到着。バスターミナルがふたつあって、どうやらバルパライソ行きはもう一つのターミナルらしく、徒歩で向かう。チケット売り場で過去に類を見ないスタッフの対応、あんなに胸糞わるい表情はここ数年見ていない。何度も振り返ってしまった。...

  •  0
  •  0