FC2ブログ

Archive

2019年04月 1/1

4月28日 料理がなんか上手くなってきた気がするのは、レストランで働いているからではなく、調味料がやや増えたから。

Apr 28。最近の休日はとにかく腰が重く、部屋からほとんど出られない。お昼にスーパーマーケットへ買い出し、野菜を少々買ってオムライスを作る。ずっと自炊していなかったけれど、レストランで働いているのでええ調子になってなんとなく料理が上手くなった気もする。ちなみにウェイターやけど。昼寝して読書して、またご飯食べる。リゾットとそうめんという異色の組み合わせを楽しむ。明日からまた仕事。結局職場の事情もどんどん...

  •  0
  •  0

4月27日 こんなに時代は進んでるんやから、そろそろタケコプターが実在する世の中になっていいはずやのにさ。

Apr 27。ラップトップの調子がおかしい。スマホが時々ゆうことを全く聞いてくれない。カメラを修理に出しに行かないと。これと同じ内容のこと、もう何年前から何回繰り返しているだろう。まだいけんのかな?あと何年間かこのままで行けんのかな?それであるならばアフリカ終わるまでとりあえず持ってくれへんかな。なんなら中東終わるまでお願いできへんかな。最近公共交通機関をよく使うんやけど、やっぱ高いな。大阪帰った時の日...

  •  0
  •  0

4月26日 「火花」をバンクーバーで読んだけど、もう完全に内容は忘れている。というか覚えている小説はほぼない。

Apr 26。夜中に少し吐いた。理由はわからない、職場で賄いを食べてからもう10時間近くが経っているし、そのあと口にしたものといえばチーズケーキとチョコレートだけだ。眠気が来て、落ちた。少しして途端に気持ちが悪くなった。胃液が出てきて痛い。ほんとに少量だったけれど異様にキツかった。ちょっと、こわい。お笑い芸人が書く本はやっぱり面白い。途中から結末が想像できてしまったけれど、それでも幾らか爆笑させてもらった...

  •  0
  •  0

4月25日 じっくりコトコト煮込んでいないハヤシライスは想像以上にうまく仕上がったけど、調味料の効果はわからん。

Apr 25。じっくりコトコト煮込ませなくても、作ったハヤシライスは上出来の美味しさだった。彼女が隣で大学の課題をやっている間、ぼくは読書をした。ビールとポテチがほしいと言われたからスーパーマーケットに行った。けっきょくいつも買っている店が安いんだとわかって、3ポンド弱の買い物に3件のスーパーマーケットをはしごして1時間かけて戻ってきた。彼女の課題は割と進んでいて、満足げだったのでそれもありだと思った。シ...

  •  0
  •  0

4月24日 優しさに触れるほど自分が嫌になるけど、優しさに触れるから自分を変えたいと強く思える。生きよう、毎日を。

Apr 24。ひとの優しさに触れると、自分のコンプレックスが露わになる。相手が向き合ってくれると、より敬遠したくなる。そんなことをもうこの人生どれだけ繰り返してきただろう。いつまで自分の殻に閉じこもり、逃げ惑うのだろう。もう変わらないと。変わりたいから。いつまでも見ていてくれるわけではない、そんな他人任せがあってはならない。自分が変わりたいから。依存している場合じゃない。それこそけっきょく他人なのだから...

  •  0
  •  0

4月23日 本送ってくれって頼める友達が他にいたっけなーって考えたら、やっぱいないかもなーってなる。花が綺麗。

Apr 23。読書一冊読み終わった。残り10冊くらいだろうか、これらが終わる頃にまた誰かに本を送ってもらえないか頼んでみよう。いつもいつもカセちゃんには申し訳ないのだが、彼ほど趣味の合う読書が好きで彼ほど信頼できる友が日本にはいないから、こればっかりは頼むしかないのだ。どんどん軽薄になっていく日本時代の友、誰がいたかすらどんどん消えゆく。それは僕からだけではなく、お互い様。頭の中から存在自体がなくなってし...

  •  0
  •  0

4月22日 乗るという漢字をメインに文章を作ってみた。といっても入口と出口の帳尻合わせだけやけどねー。

Apr 22。乗れない朝、乗れない気持ちのまま電車に乗る。今日も天気はノリに乗ってとても気持ちがいい。何日も溜まってきたブログ、書けてはいるが載せれてはいない。最近文章が短いのは、明らかに脳みそを使えていないからだ。考えることをやめているかもしれないのは、きっと同じ毎日の繰り返しだから。フツウに過ごしているとはこういうことだ。99%のひとがこうやって生きて、こうやって死んでいく。そのまさにど真ん中をいま颯...

  •  0
  •  0

4月21日 すべてが真反対かのような彼女とのギャップを埋めるのは、自分の器次第なのか。そんなことできるのか。

Apr 21。計り知れないギャップを埋めるには、どうすることができるだろう。育ってきた環境が地球の真反対側、干支をまるまるちょうどひと回りした年齢差、これまた凸凹のコンプレックスを持った容姿。いろんなわからないことがあって、ひとつひとつ理解していくにはけっこうな時間が必要。ぼくだけでなく、ふたりともそれに耐えられるかどうか。抜け切らない疲れのいろいろがドッと押し寄せてきて、素晴らしいお出かけ日和のお天気...

  •  0
  •  0

4月20日 研究者はまだわからぬ道を求めて毎日を過ごしているだろう、ならばなぜ将来を決めないといけないのだ。

Apr 20。コーヒーが飲みたい。少し甘いものがほしい。お腹が膨れない。天気がいい。どこかへ出かけたい。出かけたらもう帰ってきたくはない。6月中旬にポルトガルのとある小さな街へ旅行することにした。少し羽を休めたい。それは旅ではなく旅行だから、そう過ごすにちょうどいい。アフリカ。1年かかるだろうか、1年以上過ごすだろうか。旅の魔物に取り憑かれたい。先がどうとか将来のこととか、もうそんなことは考えたくない。逃...

  •  0
  •  0

4月19日 無宗教の自分には無関係のイースター。店ガラガラやのに街ウジャウジャというアイロニーがおもろー。

Apr 19。22時に店を閉めた。イースターホリデー、懐かしい思い出はカナダのカルガリー。滞在先のホストのお母さんがイースター料理を振舞ってくれた。ぼくは2カ月ほどしかそこに住まなかったし、そこまで親交を深めれたわけではないが、ひとつの大事なメモリーとして残っている。街は朝から夜遅くまでひとでごった返していた。人混み、3分歩けば疲労困憊。いろんな念みたいなものが渦巻いているからだろうか。もうそこから抜け出し...

  •  0
  •  0

4月18日 他人の自宅にお邪魔させていただくのは、歳を重ねるごとにかしこまってしまう行事ごとですなー。

Apr 18。ワインとお花を買いに行く。安いお酒だけど、大好きなニュージーランド産が一銘柄だけあったのでそれに決める。1時間ほど電車に揺られてやってきたのは、いかにもイギリスを彷彿とさせる町並み。恋人の実家へとりあえずの挨拶をということで、やってきた。一度二度、お店へ食べに来られていたときにご挨拶はしていたが、同僚といまとでは立場も見方もお互い変わる。緊張しているというよりはかしこまってしまう。犬の散歩...

  •  0
  •  0

4月17日 それはね、日本人は自分たちの島の外で起こっていることを何一つ分かってこなかったからじゃないかな。

Apr 17。なんで日本人だけで集まるとあんなに偉そうに話すんだ?と質問された。旅中から僕もずっと抱えている疑問で、とりあえずの答えは仲間内には強いとしか言えない。僕も同じ部類なのかもしれない。なぜ世界を回っているにも関わらず、そこにいる日本人に会いたかったりするのだろうか。それほど日本が恋しく、また世界が怖いのかもしれない。言葉の壁、これに尽きる。僕の英語は大丈夫と言われた。大丈夫ってのは決してエクセ...

  •  0
  •  0

4月16日 意外とってわけじゃなくて、きっとそれは普通にやればできることなんだ。アフリカ、来年スタートねー。

Apr 16。アフリカの地図を見た。今までの旅の経験がそうさせるのだろう、怖さがありながらでも絶対に走り抜けられる自信がある。変に意気がってたり調子に乗っているわけではなく、単にそう思える。ぜんぜん旅の意欲は衰えない。最初の数週間でぜんぶ元どおり以上パワーアップして駆け抜けてやる。誰かがやったことあることやから、なおさら余裕だ。ただの旅だ。誰かが住んでいる町から町へ、ただ滑るように流れるように渡り歩いて...

  •  0
  •  0

4月15日 お誕生日おめでとう、来年も再来年も遠くから祝ってます。明日が来ることを楽しみに毎日生きていくだけ。

Apr 15。お父さんの66回目の誕生日。元気にこの日を迎えられていること、共に大きく喜びたい。遠く離れていても、胸に刻んだ一文字が今までよりもずっとずっと存在を近くに感じさせてくれる。生きよう一日一日を。また来年の今日を心から祝おう。何年後かの今度は誕生日に合わせて帰ってみようかな。未来永劫続くわけではないたった一度の人生、悔いなんかきっとほんとは誰も残らない。その瞬間が来るまで生かされたこと、ただ感謝...

  •  0
  •  0

4月14日 寝ながら見始める映画ってのは、もはや睡眠薬よりも劇薬なんちゃうかな。そーゆーもん。

Apr 14。寝ながら映画を観て集中できた試しがない。始まって15分後には睡魔に襲われ即負ける。昨晩も今朝も大好きで内容を覚えている映画だから余計にかもしれない。余裕で爆睡。今日は稀に見るダラダラした1日、ベッドの上での生活時間80パー。夕方またちょっと買い出しして、サッと晩飯作って、なんかそんな気分だったからデザートとつまみまで買っちゃって。なんかちょっとダメ人間、でもそんな日もあるよなって。案の定、深夜4...

  •  0
  •  0

4月13日 朝から買い出し行って自炊したら、もう昼前には今日一日がまるで終わったかのように感じるのだな。

Apr 13。訳あって、朝8時からスーパーマーケットへ買い出しへ。激安スーパーマーケットの使い方がよくわかった。ひとつだけ野菜が欲しくてもバラ売りされてないから安いのだな。けっきょく最寄りの別店へ戻ってテキトーに合わせて買って30分でジャッと焼飯を作る。なんかいろいろ足りへんけど、とりあえずこれでよし。久しぶりの自炊、やっぱり料理している時間は楽しい。これで今晩の準備は万全だと満足しつつ9時45分、慌てて家を...

  •  0
  •  0

4月12日 試食コーナーにたくさん立ち寄ったからって、満足できるほどの量を食えるわけじゃないだろーよ。

Apr 12。頭使わんように、考えんようにするってのは難しい。見えるものを見えんようにするってのはとても神経すり減らされる。いまの生活が正解だと到底思えない。でもこれ以外の回答を持合わせていない。自由に生きる力を手に入れるってのはやはり才能なのかそれとも。やりたいことがあるってまず素晴らしくて、それをカタチにするってもっと尊敬できること。行動力とかそんな言い方では片づけられないなにかが作用している。やり...

  •  0
  •  0

4月11日 永遠の0、食わず嫌いを克服したかのように面白い小説でした。腐っていく世の中に抗ってクソオモロく生きたる。

Apr 11。夜中1時30分に読み終えた"永遠の0"。面白い小説だった。あまり日本の戦争史に興味はない。日本の過去・現在・未来だけでないだろう、いまの日本の政治家同様とても打算的で、責任を逃れ、自分の地位と名誉を守るために国や人々を利用する。大好きだけど、それと同時にきもちわるい国が日本。でもこの小説は素晴らしい。上がアホだから下が苦しむ。世界の縮図、どこでだってそれは変わらない。立つべきひとがアホ共によって...

  •  0
  •  0

4月10日 ロンドンのベストフレンドが日本へ行ってしまった明日からの1ヶ月、とりあえずクビ回避が至上命題だわな。

Apr 10。ひでさんが日本へ1ヶ月間の一時帰国する最後の日。今日の働くメンバーは最高だ。すべての動きを把握し、次に何をすればまわっていくかみんなわかっている。ストレスがなく、どんなに忙しくても落ち着いて仕事ができる。昔から協調性がないと言われてきた。またそれを強く言われた。でもそんな独りよがりのひとがひとりでも入ったとして、こんなにスムーズに仕事をできるだろうか。周りのメンバーも言った。今日のメンバー...

  •  0
  •  0

4月9日 残りもので済ますっていうかっこいい言葉は、料理できるひとが使える言葉。風邪ひいたのかなーってな。

Apr 9。お魚、最高です。鯖、めっちゃ美味いです。最近は賄いに身を委ね過ぎていて、休日はとりあえず白飯にふりかけとお味噌汁みたいな感じになっている。本当はちゃんと料理もしたいし、した方がいいんやけどなかなかそこまで気が向かない。果物ももう何ヶ月も食べていない。魚もいつぶりだろう。偏っているといえば偏っているので、そこはやっぱちゃんとした方が良さそう。あるもんで済ますっていうのは、ちゃんと料理ができる...

  •  0
  •  0

4月8日 持ちつ持たれつっていう考え方、いがみ合いさえなくせる。そろそろカメラを修理に出そうかな、撮ろうかな。

Apr 8。見知らぬひとに本を5冊差し上げた。本来なら1冊£1でも生活の足しになったのかもしれないが、もうややこしいことはどうでもよくて、読みたいひとが読めばいい。自分の手元から飛び立って、気持ちよく誰かの手に渡ればいいと思った。お金というものの価値がもっともっと低くなればいい。そんなものを介さずして、相手のことを思いやり、ギブアンドテイクを誰とでも繰り返していけるような世の中でありたい。損得勘定で物事を...

  •  0
  •  0

4月7日 ピッツァデート。次の1ヶ月で仕事クビになったらそれは大変だー。白メシ食えへんのはやっぱストレス。

Apr 7。さきちゃんとデート。なにか特別するでもなくゆったりと温和なひと時を過ごす。お腹が空いてピザを食べる。初デートもピザだったという話で少しだけ盛り上がる。やさしい休日の時間が流れる。ふだんあまり読まない小説本を読み進める。NBAのレギュラーシーズンが大詰め、MLBとプロ野球が開幕。そんなニュースが気になる毎年の季節がやってきた。昨晩遅くまで飲んだからか、夕方に睡魔に襲われる。最近の休日の決まったルー...

  •  0
  •  0

4月6日 くそったれに頭を下げることができたのは、周りに助けられて少し成長した証か。エジプトギリシャトルコ。

Apr 6。毎週土曜の仕事終わり恒例、ひでさんとさきちゃんと2時まで飲み大会。いつもの楽しいメンバー、ここにいたいから頭を下げた。信じられる仲間を見て毎日を過ごしていく。自分が楽しめるように毎日を流して過ごしていく。ここで話せばちゃんと理解してくれていた。愚痴りたいのではなく、理解共感があるのであればそれが欲しいだけ。そんなこもさえもわかってくれているから、大好きなんだ。パソコンの中の世の中になってきて...

  •  0
  •  0

4月5日 こうやって繋がれるひとだけを見て生きていけば、なにかカタチに残っていくかもしれない。2Dから進歩ない。

Apr 5。まだ会ったことはないけど、とても大事にしたい仲間がいる。そんな彼女からすごく大事なメッセージを受け取った。好きなひとに好きなひとができる。自分たちが分かり合えればそれでいいという関係が必ずある。ひとから理解なんてされなくていい、自分たちの間で流れるその波がただ心地よいだけでいい。人間、人と人との間で生かされる。少なくていい、寂しくていい、狂っていい、乱れていい、泣いていい。笑えて、嬉しくて...

  •  0
  •  0

4月4日 人生で初めて仕事をクビになりましたっていう記事になる90%の可能性をとりあえずは消滅させておいたった。

Apr 4。仕事、クビになりました。って言いそびれた、のか。な?。人間社会の難しさを常々感じている。旅が面白いのは自由だからだ。好きなひととだけ戯れればいい。興味がないこと?そんなことなんでする必要がある。行きたくない?行かんかったらええやん。苦手なひと?別の宿に泊まろう、素敵な出会いが待っているから。思いのまま、為すがままに世界を歩く。歩き倒したって何にも変わらないけれど、その時間はずっとずっと輝い...

  •  0
  •  0

4月3日 本当はそんな生活を望んでいたりもするってちゃんと知ってはいる。若々しく健康でいられる方法はこうじゃない。

Apr 3。充分に満足して旅を終えていたら?ここに住んで普通の生活をしていたら?もっと余裕のある稼ぎがあったら?。無欲でいようとする自分の周りに、真逆のひとたちがいる。本当は自分もそうありたいのかもしれない。忍耐することの連続があまり多すぎて、バランスをよく崩しているのは事実だから。あとは普通のひととの感覚のズレが、いい方向じゃないときの対処法が未だわからない。小バカにされたときの受け流し方がわからな...

  •  0
  •  0

4月2日 最近、財布の紐がゆ〜るゆる。湯水のごとく流れ出るお金。冷蔵庫に垂れたソースはそろそろこべりつく頃だ。

Apr 2。最近、財布の紐が緩んでいる。いまの職場で働く限りは給料上がらん。ならば出費を抑えねばならないことは明白なのだが。周りとの関係、ちょうどいい距離感を保ちたい。ぼくが金を使わないことは周知されすぎるくらいなのだが、それで遊ばないのはまた話が違ってくる。程よく程よく。今月は特に何か予定があるわけではないから、ひっそりと5月を待つ時間にしよう。ハウルの動く城を久しぶりに見た。聲の形をはじめて見た。ア...

  •  0
  •  0

4月1日 飲み過ぎ飲み過ぎ、飲み過ぎやって。年齢も身長もデコとボコでちょうどええやん。リバーシブルのこと。

Apr 1。彼女のお姉さんとお姉さんの彼氏と飲みに行く。3姉妹、ぼくの彼女はいちばん若く、ぼくはその彼氏の中でいちばん年上。31歳の自分がおっさんという意識は微塵も感じたことはないが、そんな言葉ばかり受け取るとそうなんやろうなって勝手に納得しておくほうが楽だ。さきちゃんがぼくの名前をだいぶ前から家族の前で出していた時点でこの結果を予想できたと、ふたりが言っていたのは面白かった。良い家族と良い恋人たちに恵ま...

  •  0
  •  0

2019年3月収支

2019年3月収支支出食費  £184アコモ代 £360交通費 £30その他 £150タトゥー代 £100合計 £824収入Restaurant job £1,947合計 £1,947It means・・・プラス£1,123。無理せず楽しんでを考えれば、ここが妥当なラインだろうか。想定外の出費も多々あったけれど、それても£1,000超えてるなら問題ない。ここを基準にやりくりしていこ。もう少しロンドンを楽しめる要素が増えたしね。なんとか大台に早く乗せたい!にほんブログ村...

  •  0
  •  0

3月31日 好きなひとに好きなひとができました。好きなひとから好きな返事をもらいました。財布、盗まれました。

Mar 31。とても素敵な1日だ。たくさんのごめんねとその何倍ものありがとうを伝える。フィリピンからオーストラリアにかけて、約2年という月日365日24時間ずっとずっと一緒に過ごしていた相方からメッセージをもらった。好きな人ができたって。けじめとして伝えるねって。僕は彼女のことが大好きだ。一人のヒトとして好きで好きでたまらない。おこがましい話かもしれないけれど、僕という存在が少し邪魔をして進めなかったこともあ...

  •  0
  •  0