FC2ブログ

Archive

2019年05月 1/1

5月23日 晴れた日に歩くことってこんなにもいろんなことが気持ちよくなるんやって、 まぁ知ってたけどやっぱええ。

May 23。久しぶりの町歩き。暖かくなってきたロンドンを少し汗ばみながら歩き倒す。そういえば歩いたことある道がたくさん出てくる。こうやってたまにはブラブラして雰囲気を吸い込むことで、いろんなことがリフレッシュできる。街中には綺麗なお姉さんがたくさんいる。その光景を目にするだけで、いろんな毒素が抜けていく。ロンドンが嫌いなわけではなく、抜け出せない毎日にあぐねているだけ。大丈夫、リラックスして楽しもう。...

  •  0
  •  0

5月22日 タトゥーもピアスもやるんかわからんからとりあえずその時を待ってる。最近よく見るもの、アフリカの地図。

May 22。右肩に大きめのタトゥーを入れたいけど、まだデザインが思いつかない。果報は寝て待て。左耳にピアスを開けるかもしれないけど、これもまだ未定。日本から最後の服を送ってもらおう。残り1年と4ヶ月のロンドンの時間をもっと楽しめるように、それからなにか心にある引っかかりを消すために。コンタクトレンズを買わないと。メガネの方が楽だけど、やっぱりメガネのない顔の方が自信が出る。来年の9月、必要最低限のモノだ...

  •  0
  •  0

5月21日 想像より高いカメラの修理代も、きっと明るい未来に繋がっている。あかんくなってもぶっ潰して立ち上がれ。

May 21。カメラの修理、£160やから日本円で2万5千円くらいかな。その値段で新しいカメラを買えるわけじゃないし、いちばん良い修理プランでお願いすることにした。レンズカバーを買い直して、とりあえず元どおりにしよ。もう何年も前の古い型で廃盤やけど、ずっとずっと好きな相棒。この後のアフリカや中東・アジアだってお前と駆け抜けてやるよ。何度か手放そうと考えた。でもやっぱり無理だった。僕の写真でさえ褒めてくれるひと...

  •  0
  •  0

5月20日 頼ってばかりいないで、そろそろ自分自身を変えてみる努力をすればええやん。もうやらんとあかんよ。

May 20。日本でなんとか食らいつけたのは、読書という道具によって良い言葉を浴び続けることができたから。オーストラリアやニュージーランドで自分が輝けたのは、良い言葉を投げ続けてくれる相方がいたから。旅に無心になれるのは、旅がそうさせてくれるから。改めて何かに頼っていたんだなと気づかされる。結局、己の力なるものにはまだまだ到達していない。内から湧き出させていることは、まだ何もない。何も変わってない。ここ...

  •  0
  •  0

5月19日 いま使っているその言葉を、自分が誰よりもいちばん近くで聞いているってもうだいぶ前から知ってるやん。

May 19。なかなか転換できない長い長い我慢の時期。わかってはいる、わかってはいるのだから後は自分が変わるだけ。変えたいと思っていて、そして意固地になっている。理想の自分になるためにこの殻を破らんとあかん。停滞しているこの尻に鞭を打て。敵を作る行動ばかりの自分を殴れ。旅は決して自分を強くしてくれないことを自覚させる。今できないことが旅の中でできるようになることはない。そんなことに頼っているようでは、い...

  •  0
  •  0

第1弾(今のところ)ロンドンで美味しいコーヒーが飲める、オススメのカフェ。

第1弾(今のところ)ロンドンで美味しいコーヒーが飲める、オススメのカフェ。久しぶりにこういうの書いてみよ。1、Rosslyn Coffeeロンドンブリッジ近辺、Mansion House Stnのすぐ側にある小さなカフェ。ケンブリッジでカフェを経営している知り合いがInstagramに載せていたのをきっかけに。オリジナルの豆が美味しいし、バリスタの方々や店の雰囲気がめちゃくちゃ良い。腕は勿論、その雰囲気だけでさらに何倍もコーヒーの美味しさ...

  •  0
  •  0

5月18日 こんなことに興味があるからその大学を受験した、なんて言えてる時点でもう僕の数段上を歩いてるのだな。

May 18。大学で勉強したことを、おそらく僕はほんのひとつも思い出せない。というより、僕は大学で勉強はしていない。ただ部活動をするためにその大学を受験した。憧れの先輩がいるという理由でそこを目指した。見返してやるという精神だけが僕を受験勉強させた。大学での4年間、当時の彼女と過ごした思い出以外はなんにも残っていない。両親が汗水流して稼いだお金、無駄にしてしまったのかな。なにかに興味があったわけでも、な...

  •  0
  •  0

5月17日 節約とか倹約とかケチとか貧乏くさいとか、てめーの勝手な判断をこっちに押し込んでくるのはやめたもー。

May 17。節約は美徳ではないが、ぼくは間違いではないと思っている。基準は人それぞれあって、価値のあるものだけにお金を使う。その価値を感じるものが人と違うだけで、なぜそれをケチくさいと言われようか。ぼくからすれば、あなた方のそれはただの浪費なのだ。でも言わない。それぞれの基準があるのだから。肯定し、あなた自身がそうであることをそのまま受け止めて、そこに存在する。ごちゃごちゃ口出しするひとが多い。黙っと...

  •  0
  •  0

5月16日 苦しみからしか成長を見つけ出すことはできないと、よく聞いたもので。実際そういうもんだと思うもので。

May 16。やるべきことをやっていなければ、何かを嘆く資格はない。そのやるべきことが自分基準であるならば、自分の中でより高いところに掲げるしかない。それは他人に分かることではないのだから、設定した己との責任を果たすだけ。意欲を失われる環境の中で、どうやってその逆境と向き合いながら少しでも自分を高められる状況を作り上げていくか。またモチベーションを保てるように意識を向けるか。難しいからこそ成長できる。あ...

  •  0
  •  0

5月15日 なんにも見えないその世界で自分の心が見えてくる。服が破れるのを待っている自分はやはりどこか変だ。

May 15。ええことわかった。毎日の通勤路をメガネ外して歩いてみる。覚えている道だからもちろん安全に歩けることが前提で、いらん情報がほとんど入ってこない。最近なかなかできていないゆっくり考えるという時間に充てれることに気づく。ええ時間、見つけた。最近履いている2つのジーンズやTシャツ類をもうサヨナラしたくなってきた。もちろん履き古したうえで。だいぶ溜まっとるな、いろんな身の回りのモノをまたどんどん整理し...

  •  0
  •  0

5月14日 ニュース番組がこの世からなくなったって、きっとなにも変わらない。というよりテレビなんて消えてしまえ。

May 14。ニュースを見ることに納得できる理由ってなにがあるのだろう。ロンドンでどんなことが起きているかまったく知らないけど、毎日ぼくは平和に過ごしている。道頓堀の川にまたアホみたいに飛び込んだクソ野郎がいれば、梅田で飛び降りてしまった子もいる。それすらも人づてに聞いた話で、ニュースで見たとて決して知る必要のないことばかり。旅中にその国や都市で起きていることなんて、よっぽどのことじゃない限り知る由も無...

  •  0
  •  0

5月13日 本気出さんといかん。やることやらんとあかんくて、そのためにやることがある。やってかんとあかん。

May 13。お浚いしないと。これから自分はなにがしたいか、そのための資金はどれくらい必要か、拠点にする場所はどこか。すべてを可視化して明確にしていく。そう遠くない未来をもっともっと。やりたいことをやる。その道を進む。お金ではなく、勇気と覚悟が道を開くと、そう信じる。誰かの手を借りてなんて、最初から思っていてなにか行動できるわけがない。まずは自分を頼りに。あらゆる方法を模索して、最大限の努力を。こんなま...

  •  0
  •  0

5月12日 お金はひとを変えてしまうのか、もとからそんなしょーもないやつなのか、ちょっと見苦しすぎて恥ずいな。

May 12。哀れな光景がそこにある。傲慢な金持ちになるくらいなら、純粋な貧乏でいい。それを負け犬と呼ばれても、あまりに見苦しすぎるその姿は見るに耐えない。ただの紙切れを持てば持つほど、ひとは変化していく。謙虚という言葉をいつまでも忘れることだけはしたくない。生かされている。富を築いたことを証明なんてする必要はない。いつまでも謙虚に、そうであるほど謙虚に。お金があるからではなく、ひとを喜ばせるためにお金...

  •  0
  •  0

5月11日 小学校を卒業した。なんにもわかっちゃいないから、中学校にはとりあえず進む。義務教育やから。高校は。

May 11。旅を教育と例えるのならば、小学校を一応は卒業し、中学校に入学した。海外放浪7年目の始まり。ロンドンが終わりアフリカを駆け抜けて、ヨーロッパやアジアをぶらついている頃に、ようやく義務教育は終わるだろう。でもきっとそれでは満足できなくて高校へと進学する。もしかすると大学に行きたいと言い始めるかもしれない。そうなるのであれば、15年近くの月日を旅の学校に費やすことになる。何かを得ている。たくさんの...

  •  0
  •  0

5月10日 それが見せられたものだったとしても、ひとが見せてくれた写真はぜんぶ良い思い出に変えてあげられる。

May 10。自身が思う良い写真も良くない写真も、すべてが思い出。そのひとそれぞれにとって、かけがえのない思い出かもしれない。そうであるならば、写真を見て何かを思う時には、ええとこばっかを見つける見る。良くない思い出を救えるし、良い思い出をより輝かすことができる。他人を蹴散らしたってなんも出てこない。ならばやっぱり気持ちの良い言葉を使う。最近忘れていたこと、思い出した。この半年の間に顔のシワが増えたと言...

  •  0
  •  0

5月9日 大人になんてなっていないけれど、なんかちょっと”ただの虚勢”みたいな勢いはちゃんとなくなってきたかな。

May 9。勝手な思い込みかもしれないけど、年齢の差を感じずに付き合えている。不思議。ひと回りも違うちっちゃな自分と恋愛してくれている、モデルさんみたいな子。不思議。大事にしたい、傷つけないようにではなく、暖かいところを包み込んでいくように。年齢がそうさせるのか、今まで以上に旅やその後のことまで考えるようになっている。落ち着きたいのでなく、新たな感情が生まれた感覚。優しい恋愛をしている。いつでも誰かが...

  •  0
  •  0

5月8日 ハッピーバースデー、マイガール。新しい世界を見ていく準備はできているかい?より楽しい人生時間の始まり。

May 8。彼女の誕生日。休めなかった仕事の合間を縫ってお祝いデート。花束とプレゼントを持って会いに行く。日本的な味が良いだろうと思ってそんなケーキ屋さんへ。サプライズでも何でもなく彼女が欲しがっていた物をプレゼント、手紙と写真を添えて。久しぶりに書く活字はなんだかぎこちない。日頃伝えている気持ちをより心を込めて文字にする。感謝しかないのだけれど。20歳、これからどんどん新しい世界を見て磨かれていく時間...

  •  0
  •  0

5月7日 変化し続ける世の中に取り残されないようにってのはマイナスな考え方やな。間違ってきたんかも、色々と。

May 7。日本が、世界が、日々変化している。SNSの中だけでさえも、刻々と変わり続けていることが容易に実感できる。日本な固執していない。世界中どこだっていい。ただ誰かに認められ少しだけ余裕のある生活がしたい。なにかに突出した人間でないことは知っている。でも可能性は誰だって持ち合わせてる。眠ってるそれを呼び覚ます方法はどこにある。メンターや先導役が現れることを期待しなくなった。自分でなにができる?誰に協力...

  •  0
  •  0

5月6日 人生を歩いていくために学ぶべきことは、どれくらいどんな科目を取れば自分の思い描く道を進めるのだろう。

May 6。少しスキマ時間が生まれて、今後のことを考えるようになってきた。この人生を通じて、ほんとうに自分がしたいことはなんなのだろう。どんなことでひとに貢献することが、自分の喜びになるのだろう。起業してみたい、自分のお店を持ちたい、成功したい。野望はたくさんある。そのためにまず学ぶべきことはなんなのだろう。もっと人間を磨くためにすべきは旅なのだろうか。それはなんのため?と聞かれれば、好奇心としか答え...

  •  0
  •  0

5月5日 紀伊國屋さんでもいいしジュンク堂さんでも旭屋さんでもいいから、カールおじさんに運んできてもらおかな。

May 5。寝る前に空腹を我慢できなくなってゆで卵を2つ食べた。昼寝したけどやっぱり眠たくなって深夜1時には読書が終わって寝るようにした。最近は何も考えていないから、小学生の作文のような文章ばかりになってしまっている。日常ってこんな感じやっけ。旅をしているときは毎日頭を休める暇がないくらいたくさんの衝動がやってきては噛み砕いていた。思考停止状態。1分後のことだけを考える生活は、どう考えても自分の脳を退化さ...

  •  0
  •  0

5月4日 身の回りのものも世の中に溢れているものも、ひとが造った化学の臭いがするとどうにも鼻に吹き出物ができる。

May 4。ケミカルで人工的な臭いに鼻がもげそうになる。それがいい匂いかも疑問で、とにかく頭が痛くなる。花、土、雨、川、海、空、森、人、自然のにおいにまみれたい。自然でありたい。はやく旅に戻らねば。本来の自分を取り戻す時間にしなければ。自分が居るべき場所はきっとそっちにある。ビジネス本を読めば読むほど、焦りや不安が生じてくる。でも後戻りはできないし、いつだって挑戦できる。年齢ではなく、実行するかどうか...

  •  0
  •  0

5月3日 白米を食い漁りたいし、美味しいコーヒーを飲みたい。日本人に塗れるのはやっぱりらしい。不安という事実。

May 3。コーヒーと白米に完全に依存してしまっている。なんだか物足りない賄いだと、イラっとしてしまう自分の小ささ。最近美味しいコーヒーを飲んでいない。3ポンド4ポンドのコーヒーを買うのが惜しいと感じてしまうほどに貧乏性が出てきてしまっている。またカフェで働きたい。今回は日本食レストランでと割り切っていたが、どうもやっぱり性に合わないらしい。夏以降に踏み切ってみようか。いま読んでいる本は楽天社長の三木谷...

  •  0
  •  0

5月2日 寝てたら眠くなってまた寝てを繰り返してたらいつの間にか終わってしまういつもの休日という日常。

May 2。明らかに自分より劣っていたりその分野を知らないひとには、教えて当然だと思っている。でも、自分でなんとかしたいひとにとって、それもおせっかいになりうるのだろう。ちょっとよくわからなくなってきた。夕方びっくりするほど寝た。いつもの休日だ、寝て寝て寝たのに夜も寝た。焼きうどん作って映画見てたらいつの間にか休みの日が終わった。これでいいのかと言われれば正解でないが、可もなく不可もなく。こんなこと毎...

  •  0
  •  0

2019年4月収支

2019年4月収支支出食費  £33アコモ代 £360交通費 £21その他 £18旅費£111合計 £543収入Restaurant job £1,672合計 £1,672It means・・・プラス£1,129。今月からタックスが給料に食い込んできたせいで、手取り分の収入が随分と少なくなった。どんどん活力は失われる日本での社会人時代のよう。そう考えるのであれば、その後の反発力に期待できるからプラスにでも考えておくとしよう。にほんブログ村...

  •  0
  •  0

5月1日 サプライズするのが好きなんだーとかゆーてるやつは、たぶんきっとサプライズは起こせてはいないという結論。

May 1。サプライズが好きと言うならば、なぜ何気ない日常にそのサプライズを起こさないのかと思ったり。なんとなく逆説的なことを考えると、大体の人はサプライズできていないんじゃないかと。誕生日や記念日、久しぶりの訪問にプレゼントを渡すよりも、いつものデートや毎日の帰宅時に花束を持っていく方がよっぽどオシャレだったりする。今年の誕生日は自分からプレゼントをあげようと思う。別にそれがサプライズかどうかはわか...

  •  0
  •  0

4月30日 家族はいいよ、自分勝手に生きてきたけれど結婚して子ども生まれたら、自分の生きることすべて変わったよ。

Apr 30。1人の時はできるだけ給料が高いところで稼げばいいと思ってたし、自分のためにお金を使っていた。けど結婚して子供が生まれてからは家族のために稼ごうと思うようになった。守らないといけないものができたから少し給料が低くなっても、時間や体力に余裕があって信用できるところで働こうと思った。今までの自分では想像できないほどにこの話にグッときた。家族はいいよってその話にジンとした。いろんなリアルが近づいて...

  •  0
  •  0

4月29日 原点に戻るって決意した。とりあえず前向き発言だけする、前はそうやったはずやし、そうできるって知ってる。

Apr 29。5月1日からやめること。愚痴、不平不満。そもそもそんなタイプではなかったはずだ。少なくとも海外に飛び出す前、読書を習慣化してからはそうでなかった。海外にいる時間はモノゴトをポジティブにリアルに見る以外の選択肢なんて持たなかった。いまの職場がそうさせる。そんなおもんないちんちくりんな場所で、自分の長所や素敵な部分をもみくちゃ消される筋合いはない。絶対に負けたくないし、そんなことに付き合うことは...

  •  0
  •  0