FC2ブログ

Archive

2019年07月 1/1

7月17日 それが僕のフツーで、たぶんそんなに間違ってはいないと思うんやけど。それは周りとはそんなに違うのか。

Jul 17。少しSNSから離れてみる。とりあえず、疲れている。いろんなことに疲れていて、自分が自分でなくなっている気がする。やはりもうフツーの生活というものに満足したり落ち着けることはないのだろうか。変わらない毎日、スピード感のないそれらに退屈・窮屈を感じずにいられない。そんな簡単じゃないことなんて、あんまりない。物事の原理原則はすごくシンプル、要は"やるか、やらんか"。やろうと思ったことを今やらずに先延...

  •  0
  •  0

7月16日 ロンドンでいちばんジーンズを履いて走っている自分は、めちゃくちゃ道を考えて走っているのだ。

Jul 16。仕事へ向かう道のり。信号の運次第だけど、1kmくらいは急いでいる人にだって追いつけちゃうコース取り。高校生の時からずっとそうだった。こっちの道のここのラインを通れば最短距離。この信号のこのタイミングで走れば渡り切れる。いつもそんなことばかりを考えている。楽しいって思う部分と、勝手にしてしまう衝動と。急がば回れ、最短距離がなんでも良いとは思わないけれど、いろいろ試した結果そこにいつもたどり着く...

  •  0
  •  0

7月15日 目先の50ポンドに噛り付いたら、3000ポンドの可能性が吹っ飛んでった。なんで今日に限って大掃除や。 

Jul 15。治験の事前検診に行く前に確認、そして断念。先日の献血からやはり期間が短すぎるとのこと。まぁこればっかりは仕方ない。切り替えてデイオフを楽しむ。行きたかったカフェ、エチオピア系の風味がするコーヒー豆、口に芳醇に残る香りが美味しい。レーズンパン、惜しくも私的ロンドン第2位の称号を授けよう。最近、家でのグータラが止まらない。いろんなことを考えすぎて頭がこんがらがっている。そんな日に限って誰かが有...

  •  0
  •  0

7月14日 ポルトガル料理の店が軒を連ねる中にポッツーンとあるイタリアンレストラン。評判通りのピザ美味し。

July 14。今住んでいる家の目の前、連なるレストランで一軒だけ妙に新しく周りとは違う雰囲気を放っている。Stockwell Continental、ピザが美味しいという噂を聞きつけて、引越し前に食べに行った。結果、大満足。ロンドン、探せば探すほど行きたい店がどんどん増えていく。でも一回それを楽しめば、途端に£50がいとも簡単に吹っ飛んでいく。用心用心。それにしても今日はよく寝た。寝て寝て、寝まくった。シングルベッドに二人並...

  •  0
  •  0

7月13日 世界の村上春樹氏の考え方に自分が準えているのなら、じゃ僕も世界の宇田ヒロキということになっても?

Jul 13。村上春樹氏は、小説のみならず他種の書籍さえもどんどん興味を持ってページを捲らせる才がある。その中で出てきた考え方、「昔とは違ってどこへでも簡単に行けることになった現代において、旅に気張る理由などなく、非日常に近い日常を楽しむ心があればいい。」。自分はいつもそういう信念を持って旅を続けている。このことにおいての方向は間違ってはいない。まだまだ旅を続ける、でも決してそれは特別なことではなく、自...

  •  0
  •  0

7月12日 「僕はこういう人間で、こんな仕事をしています」って一体どれだけのひとが胸を張って言えるのだろうか。

Jul 12。自分が仕事でプライベートで日常していることを、自信持ってはっきり言えることはとても大切。聞いていて痛快気持ちがいい。僕自身もそうありたい。少なくとも自分を磨くという点においてはそれは間違いなく言える。あとは仕事。志事を持ちたい。自分はこんなことしてるんだ、できるんだって胸を張って言える天職はいつどんな形で見つかるのだろう。いろんなことを経験してきた。まだこの道を極めたいってピンと来たことは...

  •  0
  •  0

7月11日 いちばん期待していたのは自分だったのに、全然イメージと違う味になってしまった大好きベビーカステラ。

Jul 11。お店のたこ焼き器をつかってベビーカステラを焼いてみた。わかったことはクックパッドに載っている”屋台風ベビーカステラ”のレシピはほとんどその味でないということ。ほのかな甘さがまったく出なかった。自分が働くレストランは明日の保証がない。身の振り方を考えないと。こんなときに家賃が上がるってのはあんまり乗気になれない。何かを得たければ何かを捨てなければいけない。優先事項は何か、いつも大事にする根っこ...

  •  0
  •  0

7月10日 15万円くらいにしがみついたって仕方ないのに、もったいないと感じてしまう感覚を必ずひっくり返してみせる。

Jul 10。ものごっつい気分がよろしくない。8月から住む予定のフラットの家賃、完全に騙された。入居してから金額を上乗せされるという前代未聞のインチキ大家。「エージェントが間違えていた、ごめん。」の一点張りでまったく悪びれる様子もなく。契約書に詳細が載っていない以上なんともできず。なぜならここイギリスでは証拠が全てだから。メールのやり取りを証拠として見せても、値引きはできないとしか返信が来ず、おまけにこ...

  •  0
  •  0

7月9日 なんでひとは色々なことを年齢という数字で考えるのか。犬やライオン、ひまわりはそんなこと考えない。

Jul 9。治験の補欠組に回ることになった。本メンバーになるかはわからないけれど、とりあえず少しだけ稼ぎにいくイメージで参加してみることにする。”いい歳になってきた”と、周りが思う年齢になってきた。自分自身がどうというより周りからの目線がそうさせる。まだ放浪したい、でも稼ぎの勝負もしてみたい。やりたいことはある、ただ優先順位がつけられない。どこへだって行ける。とても身軽。でもそれは時として自分自身がデメ...

  •  0
  •  0

7月8日 一生つけようと思っていた大事な大事なネックレスが割れてしまった。だから今度はそれを身体に刻む。

Jul 8。ニュージーランド、マオリ族のシンボル「KORU」。新生という意味が大好きで、肌身離さず身に付けてきた。グリーンストーンで造られたそのネックレスは、プレゼントすることで願いが守られる。当時お付き合いしていた彼女と交換するようにプレゼントし合った。約3年前のあの日から1日もつけなかった日はない。その石が割れてしまった。彼女に最近なにもなかったか、連絡を取ってみた。普段通りに過ごしているよう。次に身体...

  •  0
  •  0

7月7日 いろんなことの歯車がなんとなく噛み合っていない気がして、変に肩凝っちゃっている。深呼吸して上見よう。

Jul 7。うまくことが運ぶのとあまりよろしくない感じと、人生的に半々なんだろうか。それともやはり結果的に幸せなことの方が多いのか、それは心の持ちようか。ここんところ、そんなに調子の良くないことが継続しているような気もする。相性の問題やらなんやらってあるのだろうか。自分の価値を下げるのは自分自身、気づくのも些細なところから自分自身。責任はすべて心の中に。なんだかんだあったって最終的に決断しているのは自...

  •  0
  •  0

7月6日 イギリス人とアメリカ人の違いを答えられる日本人がいたら、それはもう「こりゃおったまげた!」や。

Jul 6。「こりゃおったまげた!」という言葉を人生で使ったことはないが、なんか今回のことに関してはその表現が正しい気がしてきた。日本人だけどイギリス人の彼女には、ピュアブリティッシュとピュアアメリカンの顔の違いがどうやらわかるらしい。同じ白人、幼い頃はみんなアメリカ人だったそのひとたちに違いが見受けられるなんて。韓国人と中国人と日本人の違いを具体的に言葉で説明しづらいが僕らにはわかるのと同じ、それは...

  •  0
  •  0

物価の高いロンドンで、少しでも安く手頃に外でコーヒーを楽しむ方法。

物価の高いロンドンで、少しでも安く手頃に外でコーヒーを楽しむ方法。ロンドンの街を歩けば、Costa Coffee、Caffè Nero、Starbacksなどのコーヒーチェーンを至る所に見かける。そんなんだから、Coffee Lover にとってはついつい楽して一杯のラテを手に入れがち…。だけれど、ここはロンドンやっぱり£3とてバカになりません。それにチェーン店のコーヒーはやっぱり少し物足りない…。そんなときにぼくがオススメするのは「Pret A Man...

  •  0
  •  0

7月5日 ミニマルライフの次の挑戦は、歯磨き粉をやめる。保湿クリームをやめる。その次はどうしようかな。

Jul 5。健康とミニマルライフの両方を加味しての決断。シャンプー・石鹸の次にやめることにしたのは、歯磨き粉。いろいろ調べた。とりあえずは塩磨きから始める、ってかもう始めてる。これでまたひとつ手元に置かなければいけないと思っていたものがひとつ減らせた。次はなんだろう、身の回りの日用品で手離せるものはまだほかにもあるはず、どれだけ見直しても尽きることはないのが楽しい。その後いま使用しているものが終われば...

  •  0
  •  0

7月4日 ロンドンのサウス市民からノース市民へ。本当にラッキーでありがたかった掘り出し物件からサヨナラします。

Jul 4。引っ越しが決まった。今朝9時にぼくの今の部屋を見学に来てくれた子が、住むことを決めてくれた。オーナーに任せるよりも自分でサクサク進めたほうがいろいろとうまく事が運ぶと考えて。今月の中旬から下旬にかけて、予定よりも少しだけはやめに動けそうだ。荷物は少しずつ移動させ始めよう。約10ヶ月お世話になった家、ほとんど不満がない。というよりもこの物件に出会えて本当に自分はツイてた。ありがたや。まだ募集が始...

  •  0
  •  0

第2弾 ロンドンで美味しいコーヒーが飲める、オススメのカフェ。

第2弾 ロンドンで美味しいコーヒーが飲める、オススメのカフェ。お気に入りが増えたので、書き足します。4、Phase Four EspressoClapham North Stnすぐの小さなカフェ。Google mapsの高評価レビュー通り、ミニマライズされた店内はとても居心地良い。まろやかな舌触りのラテは、今のところロンドンで一番のお気に入り。ペイストリーも2つほど食べたが、これもまた程よい甘さで口に合う。ロンドンで有数の知る人ぞ知るカフェではな...

  •  0
  •  0

7月2日 ロンドンで人生初の献血してきた。針入れるの下手すぎて、腕ぷっく〜なるのに全然血が出てけーへんやないか。

Jul 2。やってきたのはNorth Acton。人生初の献血をロンドンでやるため見知らぬ土地へ出向いた。今回の件がなければおそらくこの2年で1度も訪れることはなかった町。身長変わらず160cm体重53.7kg血圧113/71が良いか悪いかはわからぬ。針を刺す看護師が下手すぎて痛いぞ。全然血が出てこないぞ、なんか血管横をえぐられてる感じやぞ。腕チェンジ。400mlの血液を抜かれる。それが正常なのかわからないが途中から吸引される。全行程2...

  •  0
  •  0

7月1日 10年ぶりに同じ本読んだらちょっとは理解できるようになったかなと思ってたけど、知能レベルは何も変化なし。

Jul 1。自分の理解力が乏しくて途中で諦めた本を10年ぶりに読んでみた。が、やっぱりそれは難しく途中で挫折した。使用される言葉の定義が理解できない。読書は好きだが理論が苦手。成長してないってことなのか。日本の書籍は凝っている。海外の単行本、どれを手に取ったって表紙からなにから紙でしかない。特に見出しや彩りで魅せたりするわけでなく、同じ作り。重視されるのは本文だから、それは理にかなっている。手元にはまだ...

  •  0
  •  0

2019年6月収支

2019年6月収支支出食費  £95アコモ代 £360交通費 £40旅行費 £40消耗品費 £10合計 £535収入Restaurant job £1,658合計 £1,658It means・・・プラス£1,123。ポルトガル旅行の現地で使うお金はとことん安く済んだ。先月の不足分も補えて目安の£1,000のプラスを達成することができた。来月再来月あたりには虫歯治療で3ヶ月分くらいの貯蓄は消えるだろう。そのあとはiPhoneも購入予定。むむ、結構絞っとかんとあかん。にほんブ...

  •  0
  •  0

6月30日 アーティストが生まれる街と呼ばれるロンドンのその地区は、とんでもない活気で溢れていた。バーガー。

Jun 30。6月最終日は晴天。お昼前からずっと行きたかった、アンティーク調の店が立ち並びアーティストの町と呼ばれるBrick LaneとShoreditch地区へ。すごく晴れた良い天気とサンデーマーケットの影響もあって、ものすごい人の数だった。ストリートフードがたくさん立ち並び、活気で溢れている。ひっさしぶりにバーガーにかぶりつき、おしゃれカフェでモカを嗜む。いちど家に帰ってきて映画タイム。良き休日。いつも見ているロンド...

  •  0
  •  0

6月29日 無駄に街ゆくひとに声をかけたら期待通りの笑顔で返事が返ってきた。MLB初ヨーロッパ開催はここロンドン。

Jun 29。街中にNYヤンキースとBOSレッドソックスのユニフォームを着たひとをたくさん見かける。わかっているけれど敢えて「Excuse me, the game is today?」とTシャツを着たひとに声をかけてみた。「Yeah Yeah」ととても嬉しそうに返事が返ってきた。今日明日とMLBがここロンドンでヨーロッパ初開催のゲームを行う。おそらくたくさんの両チームのファンがアメリカからも来ていることだろう。ついでのロンドン観光はとても良い天気...

  •  0
  •  0

6月28日 自分の写真ばかりをSNSに載せるひとだけが承認欲求の塊ってことはないけれど、少なくとも正しくはある。

Jun 28。写真の撮り方でその人がわかる。世界中の笑顔の写真を多く集めていたり、僕のように人物がまったく入っていなかったり。はたまたとんでもなく綺麗な景色ばかりだったり。そこにはもうすでに社交性やそういった面の人間性が明確に現れている。何に魅せられるか。僕は世界中どこを旅したってきっとその土地の人達を撮ることができない。その勇気がない。断られたりお金をせびられたりそんなことが怖くてできないのだ。SNSや...

  •  0
  •  0