FC2ブログ

ワーホリは無駄な空き時間だらけ!

【ワーホリは無駄な空き時間だらけ!】

世の中的には、ワーキングホリデーはワーキングよりホリデーの認識が強く、再就職がきびしいなんてこともよく言われているようだ。書籍やネットなんかでは「社会人からいったん離れたその期間が社会人としての価値を下げる」みたいなことも書かれていたりする。まぁこんなことを書いているひとや、そう思っているひとたちのほとんどは、ワーホリを経験したことがなく、ワーホリの中身すらほとんど知らないひとたちばかりだろうが。

そんなことが言いたいのではなく、今回言いたいのは題目どおり「ワーホリは無駄な時間だらけ!」ということだ。これが意味することは人それぞれだろうが、少し具体的に話してみよう。

オーストラリアについて仕事を探す、まずはファーム仕事を探すとしよう。ファームに行くとだいたいの場所で待機時間がある。いい仕事につくためには2週間3週間と待機して、ようやく人員に空きができて働くことができる。雨が降れば休みになるファームだって存在する。2日〜3日雨が降り続いて休み、そのあと土日を挟めば5連休にだってなる。その仕事もシーズンが2ヶ月3ヶ月で終われば、またちがう場所へ移動することになる。ファームの仕事自体もそれぞれだが、朝の6時くらいからスタートしてお昼過ぎに終わるところだってある。週2〜3日しか働けないところだって多いだろう。

シティの仕事はどうだろう。まずは住まいを探さないといけないな。バックパッカーに泊まりながらシェアハウスを見学して良さそうなところに決める。1週間から2週間くらいかかるだろうか。また仕事も、大半はレストランになるだろう、時給のいいところなんかを探して面接に行き、働く場所を決める。これも2週間3週間という時間を要するだろう。最大でも半年しか同じ雇用主の下では働けないので、そのあとはどこかまた別の仕事を探すことになる。

ここまでの話を読んでもらえばわかると思う。日本にいても同じかもしれないが、ワーホリでは無駄な時間に思えるような空き時間がわんさかある。本当にダラダラしたりしようと思えばいくらでもその夢が叶う環境だ。要するに、日本的に言うニートとほぼ変わらない。アルバイトをしながら生計を立てるが、こっちではアルバイト以外に学校へ行っていない限り、時間を持て余してしまう。

でも、この空き時間の使い方次第ではびっくりするくらい自己成長できたり、有意義な時間を過ごすこともまた容易だと思う。Meet Upに参加するもよし、教会での無料英語レッスンに行くもよし、カフェに行って隣のお客さんに声をかけて友達になるもよし、自分で勉強するもよし、ジムに行って身体を鍛えるもよし・・・。

たしかに日本の社会人生活からは離れることになる。環境も時間の使い方も生活習慣もなにもかも変わる。でもすごく恵まれた環境だ。自分を試すことができる、すごく恵まれた環境だ。いくらでも自分と向き合い、自分を探し、見つめ直すことができる。ワーホリの無駄な時間を自分のものにすれば、それは無限の可能性を秘める時間にもなり得るということ。

↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply