FC2ブログ

オーストラリアの日曜日は、街が起きない!?

【オーストラリアの日曜日は、街が起きない!?】

オーストラリアに来て感じる、日本との文化の大きな違いの1つはこれだ。

毎週日曜。半分以上の店は閉まっているんじゃないか、と思うほど閑散としている街がある。とある街では、夕方前15時くらいになると続々と店が閉まっていく。それでも経済がまわるオーストラリア。

日本はちがう。土曜日曜こそが、商売をしているひとたちにとっての勝負なのだ。飲食店で土日に店を閉めるなんて日本では自殺行為だろう。オーストラリアにきて1年と半年以上が経ち、つくづく文化の違いを感じさせられてしまう。Closed [Sunday and Monday]なんていうカフェやレストランがたくさん存在する。ぼくは、考え方としてはオーストラリアのほうが好きだな。休みの日は家族の日!ってことで、祝日にはほとんどの店が閉まる。日本的な感覚で「今日は祝日だし買い物でも行こう!」と思ったところで、スーパーマーケットでさえ開いていないことだってたくさんある。怠け者体質でで有名なオーストラリアだが、これは素晴らしい文化とも思える。オーストラリアの祝日のほとんどは、BBQパーティや知人や親戚が集まってのホームパーティが多く開かれている。

日本は祝日こそ、みんなが街へ繰り出す日。街は人々でごった返し、ランチを食べるにもどこの店も満席だったりする。これはこれで日本らしい文化だ。月曜から金曜まで、汗水垂らして一生懸命働いたご褒美なんだからぼくも大賛成である。でも、家族との時間ってどれくらい持つことができているんだろう?ヨーロピアンの話を聞いていると、家族の繋がりがとても深い。すぐにホームパーティは開かれ、大人になっても家族をこよなく愛し、身近にいる。日本人は?お盆休みと正月以外に顔を合わせているだろうか?1年に何回、親の顔を見て、「ありがとう」「大好きだよ」と伝えているだろうか?あくまで一般論な話ね。

いろんなことに気づき、いろんなことを考えさせられる海外生活。少しでも良い大人になるために、日々たくさんの気づきから勉強していきたい。

↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply