FC2ブログ

韓国から日本は、ある。その逆は?

【韓国から日本は、ある。その逆は?】

「日本語でなんて言うの?」これは本当に韓国人からよく聞かれる。フィリピン、それからオーストラリアとたくさんの韓国人と関わる機会があったが、本当によく聞かれるフレーズだ。

ぼくが見てきた断片に過ぎないが、韓国人や台湾人は本当に日本に興味があるようだ。「日本のどこ?大阪?!大阪行ったことあるよー!京都も行った!」「日本のアニメはすごい良いよね!ワンピース読んだ?ドラゴンボールは?嵐は有名だよ、松本潤だろ!」そんな会話がいつも繰り広げられる。日本人としては嬉しい限りだ。

ただ、これの逆はあるのだろうか?ぼくに関しては、これはない。知っている都市はソウルだけ。韓流ドラマも知らないし、K-POPもまるで興味がない。だから会話は良くも悪くもいつも日本のことを答えるだけの一方通行になってしまう。

でもこれがアメリカなんかになると話は違うだろう。ぼくは聞きたいことが山ほどある。バスケのこと、メジャーリーグのこと、知っている都市もたくさんあるし、西海岸と東海岸の違いなんかもたくさんたくさん聞きたいことが、通勤ラッシュ時の電車くらい次から次へと出てくる。

日本人の女性になるとまた話は別なのだろうか?コスメ商品やエステ、韓国料理にすごい興味があると思うし、日本からはよく女性が韓国に旅行しているイメージがある。ハングルを勉強しているひともけっこういるのかもしれない。

単純にぼくが興味がそれほどないだけなのかもしれないが、韓国人の多くは本当に日本に興味を抱いている。そんな日本がいろんなことで韓国に追いつかれ追い越されの時代なんだからなんだか面白い。我が国、日本。ものづくりはもちろん、先進技術開発、経済大国としてアジアのトップとして君臨し続けてほしいものだ。

いつか韓国に少しでも興味が湧いたときには、すぐにでも旅してみたいものだ。韓国人の多くが日本語を少し話せるのと同じように、ぼくも少しハングルを話せるようになったらそれはそれで面白い。話は逸れたが、日本人としてこの会話が繰り広げられるたび、誇らしさを感じてしまう。

↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply