FC2ブログ

「真似ぶ」と「真似る」

【「真似ぶ」と「真似る」】

良いと思うことを最初は真似してみる。自分のライフに取り入れて、それがフィットするかどうか確かめる。それがOKと判断できれば、そこからは自分独自のスタイルにアレンジしていく。最終的には真似したものとはニュアンスの全く違う自分オリジナルのスタイルが出来上がる。これが真似ぶということ。

ただ真似するだけのことなんて、何の意味も持たない。社会人の時に教わったことだ。これは私生活にも当てはまる。ひとがやっていることを「いいな!」と思って最初は真似する。なんだって、そのあとにどう自分のモノにしていくかが大事。真似して終わりにしてしまったら、それはもう自分の人生を生きていないのと同じ。そのひとのコピーでしかない。そんな自分に満足しているならいいだろうが、それを素敵だと思うひとは多くはないだろう。

マイケル・ジョーダンのシュートフォームが素晴らしいから真似をする。イチローのバッティングフォームがかっこいいから真似をする。スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションが秀逸すぎるから真似をする。先輩が乗っている車がかっこいいから同じものを買う。友達が着ている服がめちゃくちゃオシャレやから同じものを着てみる。街で見かけたあのひとの仕草がナイスだから真似してみる・・・。

最初はOK!そうやって「なりたい自分」に近づいていくことは自分を高めていくことだから素晴らしい。でもって、そこからもう一段階上まで!真似事で終わるんじゃなく、自分のモノにするために、考えて考えてトライしてまた考えて考えてトライして・・・それだから人生がおもしろい。それだから自分の価値が高まっていく。真似るのではなく、真似ぶ。それは学ぶということ。どんどん自分を高めていこう!

↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply