FC2ブログ

日本の農場

【日本の農場】

オーストラリアのワーホリをイメージするときには、ファームでの仕事がその1つとして思い浮かぶだろう。ワーホリメーカーとして、オーストラリアに長く滞在するためのセカンドワーキングホリデービザを取得するには、必ずファームいわゆる農場で88日間以上働いたと証明しなければならない。他にも英語を学ぶことをプラスにWWOOFという制度を使ってファームステイするひとも多い。これはオーストラリアでワーホリをする中で、ごくごく一般的な生活の1つとも言えるだろう。

ここで冷静に考えてみる。英語は関係ない、ビザも関係ない、自分たちの日本という国にも農場・農家はたくさんある。でもなにひとつ、その労働環境や条件について調べたことがない自分に気づく。農場でのバイトってあるのかな?東北や北信越、北海道で検索すれば住み込みのバイトなんか出てくるのかな?今までそんなこと考えたこともなかったな。こっちオーストラリアに来て、いろんな作物のファームで働いているなかで、農業というものにとても興味を持つようになってきた。

日本に帰ったら一度、農家での仕事を探していみたいと本気で思っている。日本人にとっての食事の必需品であるお米の農家なんかには特に興味がある。他にもお茶、みかんなど・・・食料自給率が著しく低い日本ではあるが、日本ならではの食べ物というものはたくさん存在しているし、その農家の仕事や暮らしを肌で体験したいという気持ちが強い。

WWOOF制度も日本にも存在している。でも日本にいたときは「WWOOFしてみよう」なんて考えたことなんてなかったし、思いつくことさえなかった。オーストラリアに来て初めて気づいたこと。一歩外に出てみると、外国のことはもちろん、日本のことが本当にたくさん見えてくる。米農家や酪農、北海道の広大な地で働いてみるのも面白そうだ。

↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply