9月4日 タックスリターンが返ってきた!!13年ぶりの電話を携帯しない生活。

Sep 4。

無事にタックスリターンができ、バンクアカウントに入金された。その額・・・$4613!!!きたーーーーーーーー!!!貯金の目標額に到達できそうな気がして、きたーーーーーーーー!!!あと1ヶ月強の仕事に俄然やる気が出て、きたーーーーーーーー!!!このままいけば、かなりいい感じでニュージーランドワーホリに挑むことができる。早期タックスリターンも含めて考えると、さらにいい感じ。仮にニュージーランドのワーホリでプラスマイナスゼロやったとしても、そのあとの南米旅からカナダワーホリ入国までのお金は確保できそうだ。3ヶ月前に瀕死だったあの頃を考えると、まじで今は無敵や。全然まだまだ浮かれるほどのお金を持っているわけじゃないけど、とりあえず一安心。あーバリに行くか迷う・・・。笑

中学3年生って15歳、ってことは13年ぶりに携帯電話を持っていない生活を送っている。電波も届かない場所での生活やからけっきょく持ってても意味ないんやけど、なんか新鮮な感じでおもろい。生活必需品を1つ手放すって楽しいな。たぶんほとんどのひとが朝起きても寝る前も一番に触るのがスマートフォンな気がする。いまはもう身体の一部と言っていいくらい、みんなが肌身離さず所持しているもの。もうこの携帯電話を持たない生活をして数日経つけれど、まだどこか違和感がある。sれくらいモノに取り憑かれているという見方もできる。身体の一部でもないのに、絶対に必要だとなにか思い込まされているような感覚さえもある。そんな感覚を一度リセットするいい機会。結果的にスマホを洗濯機で回してよかったんだと思う。10月には新iPhoneを買っている予定やから、それまでの間、この環境を楽しんでおこう。腕時計がどれほど重要なものか、身をもって今感じている。

あの頃が懐かしい。好きな女の子とは家のパソコンでメールのやりとりをしていたな。2000年くらいか、まだあの時代は自分の学年で携帯電話を持っている子もそんなに多くはなかったな。今のこどもたちはどれくらいの比率で携帯電話を所持しているんだろうか。初めて買った携帯はボーダフォンの東芝モデル。まだ着うたが出てくる前で、必死に32和音の着メロを集めていた。あれからたったの13年、たったの13年で携帯電話業界は驚くべき進化を遂げている。もう携帯電話、着メロ、着うたなんて死語だ。スマートフォン、iPhoneの時代。誰がボタンのないタッチパネルやスワイプ機能を想像できただろうか。すげーな、時代の変化って。次の13年後、自分が40歳くらいの頃にはまた想像もつかないような変化を遂げているんだろうか。これ以上の進化なんて、本当に想像がつかない。スティーブ・ジョブズがいない今、どうなっていくんだろう。

ってことでちょっと気分がよくなったので、買い物が$60を超えてしまった・・・まぁいらんもん買ったわけじゃないからいいやろう!明日はトレーニングDAY!!朝からがっつりいきまっせ!!!

銀行口座が潤っております。
↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.