9月17日 オリジナルメンバーは最高。スピッツのチェリーを歌う韓国人イッキュー。

Sep 17。

最近、韓国語を少しずつ覚えている。単語単語だけれど、日常会話に使う言葉を少しずつ使えるようになってきた。発音が難しい、でも言語を学ぶのは楽しい。そして、何回も言っているかもしれないが、最初から一緒に働いてきたメンバーがぼくはとても好きである。彼らもぼくを仲間の一員としてみてくれている。特に20歳のイッキューとは、最近とても仲が良い。すごく社交的で面白く、明るい性格をしている。ぼくは韓国の有名な歌を教えてもらい、彼にはスピッツのチェリーを教えてあげている。とてもその歌を気に入ったようで、ずっと口ずさんでいる。いつか日本に招待してあげたいな。その韓国人4人プラス台湾人のティンでぼくはもう十分。

ここに来た当初は「お金はいいけれど、つまらないなー」と思ってしまっていたけれど、原因はすべて自分にあった。ぼくがそういう目で見ていたから、物事が面白くないように映っていた。でも今はちがう。ここに来て、みんなに出会えて、まじ本当によかった。オーストラリアのワーホリの最後がここで、自分は幸せだったと言える。こんな気分になっているのに、今日で終わりではないところが面白いところ。あと4週間強ある。彼らとの時間を大切に毎日を楽しく、幸せに過ごしていく。

さて、なんでぼくが教えた歌がスピッツのチェリーだったのか。答えは簡単で、日本で長年愛される有名な曲の中で、唯一ぼくのiTunesに入っていたからってことと、キャッチーなリズムですごく覚えやすいだろうなって思ったから。もちろん大好きな曲なので全然問題なし。久しぶりに聞くとやっぱ名曲やなと感じる。やっぱり1990年代の音楽は群を抜いて素晴らしい気がする。ミスチル、スピッツ、globe、ZARD、B’z、サザン・・・2000年代の歌も素晴らしいが、やっぱり1990年代の歌がぼくには響く。媒体が変わってきたので比較はできないが、CDがあれほど売れていたのもわかる気がする。やっぱり今でもミスチルの「終わりなき旅」が人生のテーマソング。日本にいた時はカラオケで毎回この一曲で声が枯れてしまうほど熱唱していた。それくらい大切な曲。

今日は久々に日記っぽいブログになったな。最近はまた考えることが多かったからな。明日が終わればまた週末。ゆったりと過ごすことにしよう。あれ?10月の予定まだ全然決まっていないや。大丈夫やんね?きっと大丈夫。バリはほぼ断念、ブリスベンに行って友達に会いつつ、newiPhoneを買おうか、ケアンズでダイビングいしょうかとかいろいろ考え中・・・。ニュージーランドでの仕事も10月2週目くらいから探し始めるのがよかろう。詳細が決まれば報告するぜよ。もう少し待たれよ!

167.jpg
少し前の集合写真。

愛してる〜の響き〜だけで☆
↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.