早期タックスリターンの申請方法

「早期タックスリターンの申請方法」

会計期間中に、オーストラリアのワーホリビザが失効して帰国したり、ワーホリを終えて帰国する方、違う国へ移動される方ももいらっしゃると思うので、早期タックスリターンの申請方法を載せておきます。

特に急ぐこともなく、翌年の通常時期にタックスリターンを行うことも可能だそうなので、もし余裕がある方はそれでもいいかもしれません。ぼくはちゃっちゃか済ませたかったので、早期タックスリターンの申請をお願いしました。今回利用したのはEZY TAX ONLINEさん。スーパーアンニュエーションの記事にも書いたけど、グーグル検索「オーストラリア タックスリターン」で一番最初に出てくることでしょう。通常タックスリターンは$68、早期タックスリターンは$88です。さすが、ネットバンクのような安さ。

用意するものは、「2016年用ペイメントサマリー」だけです。通常のタックスリターンと何ら変わりありません。最後にテキトーなファームの会社なんかで働いていると、これを取得するのに苦労するような感じになりそうです。このペイメントサマリーをEZY TAXさんにPDFで送付し、確認用紙が返付されてくるのでそれにサインし、再び添付ファイルとして送付して終わりです。

通常のタックスリターンより少し時間がかかるようで、1ヶ月〜2ヶ月程度のようです。オーストラリアの銀行口座に振り込んでもらうことも可能ですし、すでに口座を閉鎖しているのであれば、日本の銀行口座に振り込んでもらうことも可能だそうです。

おそらくオーストラリアのワーホリ最後のひと仕事でしょう。以上、参考までに!

↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.