11月20日 マニュアルカーの魅力がなくなった。日本のバスケ界の先はNBAだけ?

Nov 20。

今日は昨日までの変な消化不良感なく仕事をすることができた。理由はわかっている。1つは、スーパーバイザーとぼくらの間くらいのレベルのリーダー的存在のひとが、ぼくらのグループに加わってくれたこと。この人のおかげで、時間がある程度引き締まった。きれいな英語を使う優しそうな青年。ありがとう、来週もよろしく。んでもう1つ、大半はこれが影響しているんやろうけど、キウイフルーツオーチャードの給料3週間分がすべてしっかり振り込まれたってこと。先週末にマネージャーに連絡していたんやけど、返信の1つもなかったので心配していたが、無事振り込まれた。祝、ニュージーランドワーホリ初給料!!明日はそのお祝いで、ポテチでも自分にプレゼントしてやろう。

いま毎日仕事場まで運転してくれているダニエル、マニュアルのトラックを運転している。ロジーおばあさんのところでWWOOFしていた時に、空港近くまで送ってくれたおじさん(名前忘れた・・・。)彼はマニュアルのセダンを運転している。彼らの運転がわるいわけではなく、たぶんそれが普通なんだろうが、ぼくはあんまりマニュアルカーが得意ではない。なんか切り替える時に前後にガンガン動かん?あれ、ぼくは酔いそうになる。マニュアルとか日本で運転していたらかっこいいなーとか思ってたけど、やっぱオートマで十分。いつかぼくは日本でマイカーを持つことはあるのだろうか。・・・遠い遠い未来な感覚やな。

イチロー選手と普通に話している夢を見た。現実になったらどれだけ嬉しいことやろうか。

車内で外を見ている時に、ふと考えていたこと。日本のバスケ界。トッププレイヤーたちが目指すはNBAなのだろうか、NBAだけなのだろうか。Euroリーグとかは考えないのかな?アルゼンチンやブラジル、オーストラリアも・・・。フットボールの世界では、ドイツのブンデスリーガで活躍する日本人が多く、プレミア・セリエA・リーガエスパニョーラはまだまだ敷居の高いリーグ。韓国のKリーグで高萩選手が活躍しているし、オーストラリアでは数年前にデルピエロ選手(日本人ちゃうけど)と小野選手がすげー活躍していた。南米のボカジュニアーズには前に高原選手が行っていたな。プロ野球の世界では、イチロー選手をはじめ多くの日本人選手がメジャーリーグで活躍できるフィールドがある。バスケ界は?田臥選手がサンズのユニフォームに袖を通して、日本人で初めてNBAの舞台に立った。素晴らしいこと。それでいて、大学バスケの渡邊選手なんかもいま話題になったりしているし、以前は森下雄一郎選手がNBAを目指しているという特集番組があったり、他にも数名NBAを目指しているという話題が持ち上がったりする。でも正直、まだまだ無理なんやないかと。そして、NBAだけ見据えるのではなく、他のリーグにも目を向けてみてはどうかと。bjリーグとNBLが合体して、新しいリーグができる。盛り上がってくれたらいい。それは非常にいいこと。ただやっぱ国内だけのバスケでトップになって、それでNBAはあまりにもステップを飛ばしすぎている。巧さは知らんが、オーストラリアのバスケもやっぱ体格はすげーでかかったし、あそこで日本人は通用するのかな?とか考えながら見ていた。もっともっと違う視点を持って、視野を広げて、経験をしてそれを日本のリーグに持ち帰ることで、リーグの発展やこれからの日本人選手のバスケ界での生きていく道、強いては日本でのバスケットボールの認知度・人気の向上につながっていくんじゃないかな。

大事なところは薄く話しているなー。まぁいいや。専門家ではないので、掘り下げる必要もないし、ただふと思ったことやからこんなもんで。明日あさっては休み。ニュージーランドに来て、初めて週丸々フルタイムで働くことができた。よかよか。ミロ飲んで、NBA見て、寝よ!

IMG_0262.jpg
晩飯。

フルタイムで働けた週末は気分が違うね!
↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.