11月24日 ご飯と向き合う時間。人生でベストな気持ちの切り替え。欧米人の見分け方。

Nov 24。

ちょっと残念な自分がいる。電波が入る環境に身を置くと、手元が寂しくなればやっぱりiPhoneに自然と手を伸ばしている。iPhoneをいじらないように気をつけると、TVのリモコンに手が伸びてしまう。サンダルウッドファームにいた時、ご飯を食べる時はご飯を見ていた。もっと言えば、小学生や中学生の頃、テレビは見ていたけれどご飯を食べる時に携帯電話なんて存在しなかった。そもそも持っていなかったから当たり前か。高校生や大学生時代も同じ、携帯電話を持っていたけれど、ご飯を食べている時にいじっていたことはないんじゃないんだろうか。目の前のご飯のことを思うと、申し訳ない気持ちになった。いまは自分で作っているからまだなんとか気持ちの置き場があるが、これが母親、恋人、妻が作ってくれた料理だったらどうだろうか・・・失礼すぎて、言葉を失う。せっかく作った料理を見ていない、口元に運ぶときでさえもどんな料理かなんてことも見ていない。味に感動していない。せっかく作った料理の味に何の関心を示すことなく、手元に注目している。必死。今の環境的にリビングでひとりでご飯を食べているということも影響は少なからずある。誰かと話しながらご飯を食べる時には、携帯の中のことなんて気にすることはないのだから。それでも、なんだか情けないなー。

仕事。午前中ちょっとイライラしかけてしまった。ひとりのコロンビアおばちゃんのあまりにもLazyすぎる姿に嫌気がさしてしまった。このひとはただでさえ楽な仕事ばっかりを選んで、しんどい仕事を一切しようとしない。別にそれはいいのだが、今日はそれに加えてずーーーーーっと携帯をいじって、その楽な仕事さえもしようとしない。んでもって邪魔な場所にいるもんやから「仕事ってなんなんだ?」って考えてしまった。日本やったら・・・とか考えかけたけど、そんな考え方を持つこと自体すげーダサいし、なんの意味もないのでやめた。んでその一瞬イラッとしかけた自分を瞬時に切り替えるために、マティアスと話した。我ながら成長したもんだ。今までならそのままジワジワとイライラが溜まってきて、終いには物に当たったり、仕事がビックリするくらい乱雑になったりするのに。今日は3秒やったな。28歳になった甲斐があるってもんや。

んで、マティアスと話したのは「ドイツ人にとって他のヨーロッパ諸国の人々は見分けがつくのか?」という話から。一般的にヨーロッパの中でも南に行けば行くほど髪の毛や肌の色が黒く、北へ北へ寒い地域に行くほど髪の毛や肌の色が明るいらしい。ドイツ人に比べて、フランス人やイタリア人は黒髪のひとが多いらしい・・・確かに言われてみればそうやな。んでスウェーデンやフィンランドの人って金髪で目が青くて肌白くて・・・みたいなイメージ。あとは言語の話。英語は第二外国語というほどではないけれど、小さな頃から習うし、ユーロ圏で買い物をしたり、お店に入った時はやっぱり英語を使うからっていう話だった。まぁそれも確かに、な話。あとはフィリップの実家の庭に雪が積もっている写メを昨日見してもらったので、「夏ってあるの?もう寒い?」っていうありきたりなこと。北海道よりも北にある地域、当然もう寒いのだが夏は40℃越えとかもあるらしい。どこも似たような感じなんやな。彼ら以外にも隣の部屋に優しいドイツ人カップルがいて、みんなと関わっているとすげードイツに行きたくなる。今のバッパーの僕らが住んでいる棟の状況・・・スウェーデン人2人、ドイツ人6人、フランス人2人、と僕。韓国祭りのあとはヨーロッパ祭りやな。

晩飯を食ったあと、久しぶりに世界地図を開いた。あー、あー、あー、旅に出たすぎる。ミクロネシア連邦、フィジー以外にも行きたすぎる。キリバス、マーシャル諸島、ツバル、トンガ、サモア、バヌアツ、ナウル、ソロモン諸島、クック諸島・・・どんなところなんやーーーッ!!!でも今はニュージーランド、写真には収められていないけど、本当に緑が多く、緑が綺麗な国。目が良くなりそう。

IMG_0317.jpg
業者のおっちゃんに変なグミもらった。

イタリア人がいないのがなんか意外。
↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.