11月27日 久しぶりの歩合制ジョブ。ニュージーランドで本当に行きたい場所の選択。

Nov 27。

New jobのため早朝5時45分起床、午前6時40分出発の7時すぎ到着。以前のKIWI会社とは別の会社のオーチャード。今回のところは1か所に広大な敷地を持っていて、かなりの人数のシーズナルワーカーが働いている。聞くところによると、あと1週間で今のフラワーピッキングが終わるらしい。仕事は前回のKIWIフルーツオーチャードと同じような内容だが、ここは歩合制。10kg積んで$50。さて、どんなものか始めましょう。

・・・。・・・。ニュージーランドに来てから一番退屈な仕事だということはわかった。何時に来て、何時に帰ってもいい。デイオフは自由に取っていいという自由なオーチャード。ブレイクタイムも自分次第。昨日までのゆとりプランティングの仕事をしていた自分にとってはなかなか切り替えるのが難しい。しかも誰とも話すことがない。これはなかなかなもんだ。9時間働いて19kg。$100に届かず・・・。無念。ぼくは前回のKIWIオーチャードに戻りたいが、フィリップとマティアスの車であり全権は彼らにあるので、ぼくがどうこうできることはない。その1週間が終われば元のオーチャードに戻るようなことは言っているが果たして。

それからクリスマスから年末年始にかけてのことをそろそろ本気で考えないといけない。どこで過ごそうと、ワーホリビザ延長のために2月末までの残り3か月はファームで働かなければいけない。ただそれをここタウランガで過ごそうか、少し下ったネイピア、ヘイスティングス、ギスポーン、南島のブレナムまで下ろうか・・・。北島で寄りたいところは、まず温泉で有名なロトルア。ここでは間欠泉とシャンパンプールで有名なワイオタプを訪れる予定であり、これは決定事項である。あとはトンガリロ国立公園くらい。そこを通過すれば南島に移動しても構わない。3月ごろにクイーンズタウンにインできるのであれば、そこのシティで働きつつ、ゲレンデバイトのアプライをすればいい。とにかく4か月ファームで働き、ペイスリップをもらい、ウェリントンを通過する際にイミグレーションでビザ延長を申し込むことができればOK。あとは自由だ。

だからこそ、それまでクリスマス年末年始も働ける地域があるのであれば働きたいというのが本当のところであり、それを探すことがいましなければいけないこと。ここのバッパーマネージャーのKENさんにも聞いてみないといけないが、フィリップとマティアス、それから今日の仕事を教えてくれたドイツ人カップルはおそらくクリスマス前にここを離れる。そうなると移動手段を失う自分は必然的にWatingタイムに入る。次の車を持ったワーカーが車ではおそらく仕事がないだろう。違う地域で仕事ができるのであれば、移動するのも手だ。キウイフルーツのピッキングは3月ごろかららしいので、パックハウスの仕事も含めてこれはかすらない。だからタウランガに固執する必要はない。ワーホリ生活、自分のようにファームを転々としたりすることを考え、シティに留まらないタイプの人間はいつも頭をフル回転させねばならない。それはそれで楽しい。いまここニュージーランドでは、すべてはゲレンデバイトのため・・・。

IMG_0303.jpg
今日の写真がないので、

IMG_0311.jpg
最近の晩飯でも載せておこう。

IMG_0318.jpg
最近毎回言っているが、

IMG_0323.jpg
見た目ではない。

IMG_0315.jpg
まぁ特別美味しいわけでもないが、

IMG_0362.jpg
良しである。

IMG_0326.jpg
で、あーる。

絶対ゲレンデでバイトや。
↓↓クリックお願い!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.