12月9日 久しぶりのタフジョブ。クリスさんからの盛り上がりトーク Vol.2。

Dec 9。

久しぶりにめっさ疲れた1日やった。今日はチェーンを使って木を削っていく仕事。ヌンチャクのようなチェーンを持ち、キウイフルーツの木に回して、左右の手をのこぎりのように押して引いてと繰り返していく作業(伝わらんやろうなー。。)。これを1日中はなかなかにハードやった。このゆる〜いオーチャードでは珍しいタフジョブ。マティアスとフィリップも疲れた様子やった。まぁでもなんか筋トレっぽかったし僕的には満足。んでマネージャーのピーターが10月27日からの最初の3週間分のペイスリップをくれた。正直これさえ手に入ればあとはなんでもいいのである。目的がワーホリビザの延長のためやから。まぁ3週分に分けてくれたわけじゃないが、あとはイミグレーションの窓口で説明するのみやろう。これで6週間働いて、6週間分集まった。あと半分!!!あと半分で、僕のニュージーランドワーホリビザは2016年10月までから2017年1月に伸ばせる(はず)なんやー!!!

今日もクリスさんのおかげでトークが盛り上がった。んで名前はわからんがイタリア人の男性も加わったことでさらに話がおもろくなった。ふとした時に彼の口から「ワーキングホリデー」というワードが聞こえてきたが、そんな見た目ではない。35歳はゆうに超えている印象。オークランドからヒッチハイクでニュージーランドを旅しているらしい。以前に南島を旅行したことがあって、今回は北島にいるんだとか。ヒッチハイカーは午前4時頃からヘッドライトをつけて始めるひともいるらしい。長距離トラックに乗せてもらえる可能性があるのと、昼過ぎからは暑すぎてそんなことやってられないってことらしい。まぁそらそーやろな。んで英語や言語の話になった。イタリア語とスペイン語は似ているらしく、イタリア人が半年もスペイン語を学べば流暢に話せるだろうということらしかった。ドイツ語とオランダ語が似ているのも同じく。それからこれはアメリカ人のクリスさんが言っていたが、スカンディナビア半島にある国の人々(スウェーデンやノルウェー)の英語は、アメリカ人よりもはるかに綺麗らしく、世界で一番かもしれないということだった。あとはアリゾナ州はメキシコ人が多く、テレビもスペイン語だったりするらしい。全然知らん世界の話ばっかり出てきて、めちゃくちゃ面白かった。

んでクリスさんは日本にいたこともあって、日本語には3つのキャラクターがあって漢字は数千・数万とあって・・・という話をし始めたら、フィリップ、マティアス、そのイタリア人が揃って「ありえない。学ぶ気にすらならない。」と言っていた。イタリアには26のローマ字のうち、21しかないらしい。なにやったかは忘れたけど、5つのローマ字は使わないらしい。スペインもッて言ってたかな。まったく知る由もなかったヨーロッパ事情が脳にインプットされていく。これは今後ヨーロピアンと会った時に話のネタにも使える。いいねーいいねー。んでラスベガスの話にもなった。クリスさんを含む3人は「ラスベガスはホテルが安く、グランドキャニオンなどのスポットが近いから旅のいい拠点にできる!」と言えば、イタリア人は「酒、女、ギャンブル・・・これなくしてラスベガスに行く意味なんてあるのか」と、いかにもな話をしていた。他にも言語のクセの話になった。キウイ(ニュージーランド人)の英語は話し方がごもってるから何言ってるかまったくわからへんとか、アメリカやイギリスはその土地ごとに方言みたいな英語の発音やからわからんことがたくさんあるとか、ドイツやイタリアも地域によっては字幕がいるほどわからんとか、日本も同じだよと相槌を入れる自分とか・・・。なんて自分にとって有意義な時間だったろうか。失礼な言い方になるかもしれないが、語学学校の数倍生きた英語で勉強できた。ってかこれを続ければ聞くことはできるようになるやろうな。やっぱ映画も含めて、英語をもっともっっと聞かなあかん。

相手の言っていることが理解できれば、もし自分が言いたいことをうまく伝えられなかったとしても相手の言い分は80%わかるから失礼なことも意味不明なこともなくなる。んでたぶんそこまで理解できれば余裕で生きていける。もっと勉強せんと!!!

先日撮った。近くのウォーキングトラックより。
in case

明日はもうちょい楽な仕事がほしい。かも。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.