12月23日 「Thank you」と「I’m sorry」の使い分け。インスタグラムを通じた新たな出会い。

Dec 23。

昨日から先週来ていた日本人のケンイチさんがバッパーに戻ってきたのだが。・・・。別にきらいとかではないが、なんかヨソヨソしすぎてどう接したらいいかわからん。旅を続けていく過程で、きっと僕も年上の存在になっていく。20代後半という今でも、もうその部類か。こんな感じにはなりたくないなー。笑 日本人は「ありがとう(Thank you)」のタミングで「すみません(I’m sorry)」が出てしまう不思議な人種だと、どこかの外国人の発言に載っていた。まさにその典型な感じで、海外が長くなり、外国人と接する機会が多くなっている僕にとっては違和感でしかなく、それプラスで質問が1つも返ってこない会話は退屈でそれ以上進める意欲が出てこない。彼がどうとかではない。わからなさすぎるだけ。ただ、これ以上なにも生まれる気がしないので、そっとしておいて、次来る外国人にまた挑もう!

上で書いた「Thank you」と「I’m sorry」の使い分け。使い分けというか思考回路。これは今後生きていく上でもかなり重要ごと。大学時代あたりから自己啓発のセミナーや読書を通じて、このことに関しては知っていたし、それなりに実践してきた。とりわけ海外へ出てからは「I’m sorry」より笑顔で「Thank you」の方が当たり前で、相手との間に流れる空気もすこぶる清々しいものを感じる。菓子折りを持っていって「つまらないものですが・・・」と同じ。日本特有の謙遜した文化なのだろうけど、つまらないものなら渡すべきでないというのがごもっともな考えで、冷静に考えるとなんとも笑える。「(喜んでもらえるかはわからないが、)僕はこれがあなたにいいと思ったから差し上げます。どうぞ!!」という若干の謙遜を踏まえつつもどっしりと気持ちを持ったこういう考えの方がすっきりくるし、お互いに気持ちが良い気がする。もっと意識しよう。

今日からの2週間の時間の使い方をいろいろ思考していたのだが、あんまり見えてこない。おそらく映画なんかを見ながらリラックスして過ごすことになるだろう。ロトルアへ間欠泉を見に出かけようか、タウポ湖へスカイダイビングをしに行こうか、なんて考えたが、ここタウランガを出発して南下していく際に完璧に通るルートなので、わざわざ復路のバス料金を払ってまで急いで行く必要はないという結論になる。より東に位置するギスボーンやネイピアを訪れようとも考えてみたが、バスの売り切れが続出で他のアクセスも悪く、まるで行く気の起きない状況。この辺はおそらく行かず終いになるだろう。まぁどうしても行っておきたい場所でもないので、もしタイミングが合えばということにしておこう。

インスタグラムを通じて、過去にタスマニアを旅していた男の子とつながった。彼がコメントをくれたのがきっかけ。大事にしたい。アクア系のアクティビティが好きらしく、かっこいいクライミングの写真がプロフィール写真になっている。会える日が来るといいな。たまにアップするインスタグラム。(よろしければ、udahiroki160もしくはhiroki udaで検索!)ほとんどは2013年5月以降。それ以前の写真が欲しいな。大学時代から日本国内たくさん旅してきた。まだその頃はパカパカの携帯だったし、デジカメの画質もさほど良くなかったし、ラップトップも持ってなかったし・・・といういろんな状況が重なっているので仕方ないのだが、南から沖縄本島・与論島・長崎・佐賀・大分・中国地方全県・愛媛・香川・関西全県・岐阜・愛知・長野・山梨・新潟・東京・神奈川・千葉・福島・宮城・山形・北海道・・・しこたま写真があるはず。その中であの写真よかったなーって今でも思い出せる瞬間がある。日本に帰ったら大学時代の彼女がプリントしれた写真はあるのだが、ファイルとしては残っていない。仲間友達に見せたいという気持ち少しと、自分のアルバムを作りたい大きな気持ち。ほとんどその彼女と写っているのだが。

南島のスキー場バイトのregistrationをした。去年のapply開始時期はすでに調べ済み。今から若干ドキドキしている。絶対に働けると信じて、アーリープライスのシーズンパスを買わないと決めている。これで働かれへんかった時の代償は計り知れないが、それでも絶対に働けると信じる。頼んます!!!ニュージーランドに来た目的、果たさせてくらはい!!!カナダワーホリでスノボしていた仲間に聞いて、板は送ってもらうより現地調達が安いと踏んで、新しいものを買うことにしている。そうなるとそのままニュージーランドワーホリ終わりに板担いでカナダワーホリへ行った方が、そのまま行けていい感じ?とか考えている。調べたらニュージーランドからハワイ安いし。ハワイに板持っていくのは場違い感ハンパないが、それもまた良し。2017年も震えるほど楽しい年になる。その前に2016年のワンダフルを完成させる。

IMG_0565.jpg
クリスからのプレゼント。アリゾナ出身者の漢字はこんな感じか。ありがとう。

明日もダラダーラ。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.