1月6日 南米の旅 vs カナダワーホリ with スペイン語留学。お金・欲望・意義が絡まり合う2017年問題。

Jan 6。

ニュージーランドでのワーホリを終えた後、つまり2017年1月からの旅先について考える。まだまだ先の話なのだが、常に心身ともに準備をしておく必要があるので、今日また少しでも頭を整理できたらなーなんて考えながらタイピングをしている。南米の旅 vs カナダワーホリ。W杯決勝のように、この2強以外は存在しないのである。んでその中に「スペイン語」というキーワードが紛れ込んでくる。南米・中米と公用語が英語ではなくスペイン語のところが圧倒的で、かつ旅行者の経験談からしてまったく英語が通じないっぽいのだ。そこでフィリピンの格安英語留学のように、グアテマラでの格安スペイン語留学をするか否かが1つの論点になってくる。

ここに幾つかのポイントが挙げられる。1.仮に1か月でもスペイン語留学をすることで南米の旅がよりエキサイティングになる。2.そのグアテマラでの留学をすることで、南米を旅する仲間に出会える可能性が高い。3.今のワーホリのような生活ではなく南米を旅するだけなら英語だけで十分。4.←なぜなら南米を旅するバックパッカーたちは英語を話せるだろうから。5.カナダから南下していく方がなんとなく楽しそう。6人生的にしたいことは南米の旅が先。以上、6点のポイントからものすごく悩まされることとなっている。あとは+αでスノーボードを持っていくか否かという問題も出てくるよな。もうニュージーランドで絶対の絶対の絶対スノーライフを満喫している前提。

単純に語学を勉強することは僕にとって好きなことであり楽しいので、きっとグアテマラで少しでもスペイン語留学をすることは楽しいに決まっている。友達もできるだろうし。ただその分、費用がもちろん嵩むことになる。んで予想できることはほとんど使うことなく、南米を旅するだろうということ。危険を伴う地域でもあるので、ほとんどの観光はツアーになるだろう。そうなると英語はもちろん日本語でも行けてしまうところだってたくさんあるだろう。んで旅先で会う旅仲間はヨーロピアンであり、アジア人である。そこで必要になるのは英語。そしたらお金と時間をかけてまで勉強することの意義が出てくるのかというところに行き着く・・・。悩ましいな。この件に関しては、カナダワーホリのビザが取得できたタイミングでまた考えることになり、さらにはニュージーランドのワーホリが終わりに近づくにつれ、銀行口座の残高とも相談することになるだろう。まぁ今考えてもまったく答えは出ないが、なんとなく要点は整理できている気がする。1年後までに結論を出すとしよう。

いま働いているキウイフルーツオーチャードへは、またバッパーの車を借りて行っている。運転ってなんであんなに気持ちええんやろうか。もう少しお金が溜まっていれば、車を買うんやろうな。希望の残高からは大きく下回っているので致し方なし。誰か一緒に旅するひとがいればな。

IMG_0691.jpg
キウイ。もう既に見た目は美味しそう!

IMG_0689.jpg
実がたくさん。

IMG_0694.jpg
初めての卵焼きにしては上出来やろ。

仕事、あと2週間くらいで待機になる予感。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.