1月24日 定期的にやってくる、僕を蝕む恐怖。男のひとはご理解いただけるか、という1つのどうでもいい話。

Jan 24。

ときどき、不思議な現象が起こる。夢でも起こり、日常生活でもたまに襲いかかってくる感覚。誰なのかもわからない。それがひとなのかさえ定かではない。ただ何か矢継ぎ早に急かされ、それは半ば罵しりのような圧力で、絶え間なく襲いかかってくる。後ろに誰かいるわけではないが、背中をずっと押され続け、どこかに閉じ込められるかのような感覚にさえ陥る。この得体の知れない恐怖が、僕の心の振動を尋常じゃないくらいのペースにし、少しの眩暈に苛まれ、全身から気が奪われるように失われていく・・・。本当に怖く、この時間だけパニック状態に陥ってしまう。ほんの1分2分で終わればいいのだが、そんなわけにもいかず、しばらくその勢力が僕を蝕んでくる。・・・一体何なんだろう。小さい時のなんらかの出来事がトラウマとなり、形成されているのだろうか。なんにせよ、きつい。いつもこの現象が起きた時は、気が鉛のように重く、悲しく、寂しく、辛くなる。脳みそをほじくり出して、分解して、調べて欲しい。

びっくりするくらい話題を変えよう。180°転換。

男のひとならします、マスターベーション。別に下ネタを話したいわけではないのだが、思っていることはここに書くことにしているので。僕だけなんかなー、処理したあと、ものすごい焦燥感のような虚しさに駆られる。後悔ではないが「またやってーもーた」みたいな。なんかアホくさくなるっていうのか、自分は一体なにをやっているのかっていうか、全然笑えないし、毎回終えたあと3分鬱的な。これは僕だけなんやろうかなー。どうでもいい話、スンマセンでした。

夜、Channel 2で映画「FROZEN」を見た。「アナと雪の女王」のことね。配給会社の違いやなんやらあるんだろうが、邦題と洋題の違いはほんまになんとかして、なくしてほしい。んでタイミングのわるいひとってのはいつもその場に1人はいるもんだ。映画が始まって楽しもうとし始めた時に「これはパート1?パート2?」と意味不明な質問を連呼してくる韓国人サニー。この作中の音楽がすごい好きでそこを聴いている時に、ものすごい話しかけてくる韓国人サニー。落ち着いたなって時に、限っていつもの10倍話しかけてくる韓国人サニー。ここからクライマックスって時に、台所でガチャガチャもの音を立てる韓国人サニー。おい、テメーこの野郎!ぶっ飛ばしてやろーか!

そのあとの映画「Salt」も見たかったけど、途中で睡魔に負けて断念。明日から仕事ー!

IMG_0745.jpg
今日のポテチ。美味でしょう。

ニュージーランドの天気予報、当たる確率2%やな。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.