1月25日 小学生時代を思い出す、セミの鳴き声 In NZ。自分の英語が東西南北に旅に出かけて笑ってしまった。

Jan 25。

近いオーチャードがいいなーと願えば、やっぱり遠いオーチャードになる。ガソリン代は嵩む一方でありんす。日本では暖冬と言われているにもかかわらず、恐ろしいほどの寒波で九州まで雪が積もってしまうほど。そんな中、こちらニュージーランドではセミの鳴き声が心地よい。こっちのセミは抜け殻もセミ自身もめっちゃ小さい。鳴き声も日本のような耳にギュインギュイン入ってくる爆音ではなく、ちょうど良い音量。まぁたぶんそれは周りに何もなさすぎて音が反射していないだけなのかもしれないが。それでもやっぱり夏にセミの鳴き声は気持ち良い。オーストラリアではそんな記憶ないな。懐かしい小学生時代の日々が頭をよぎる。

先週末にいま一緒に仕事に行っているドイツ人のルーカスに、車のお金について説明しようとした時のこと。自分の英語の下手さにアホくさくなって途中で笑ってしもーた。ルーカスも終始ポカーンな顔をしてて、「ごめん、自分で何言っているかわからなくなってきた。あとでテキストするね!」って言ったら笑ってた。なかなか成長せんもんやなー。言えることは、フィリピン、オーストラリアを経てニュージーランドに来て、英語や外国人に対する抵抗力というのはほぼなくなった。どんだけ時間かかんねんってことやけど、不器用かつ人見知りかつチキンな自分にとってはこれがMAX。人より時間がかかることもある。最終的にOKであればOKであり、こういうことがらに行程の良し悪しなんて必要ない。

短めな日もあるでしょう、今日、終わり!

IMG_0747.jpg
絶対見えへんけど。これ、セミ。

冷静に考えて、作業服がくさい。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.