2月6日 大学バスケ部の先生からのコメント。ワーホリの雨の日、日本の雨の日、やることに変わりはない。が・・・。

Feb 6。

昨日のブログの内容をそのままFacebookに載せていたら、大学のバスケ部の先生からもコメントをいただけた。正直、僕のことを覚えていただいているのかは定かではない。パッとしないというか、前に出ていかないというか、影響力のない細々とした大学バスケットライフだった気がするから。そして、寄せていただいたコメントは、やっぱり先生らしい良い言葉だった。「目標が決まったら駆け上がろう!」まさに自分の状況にブッ刺さる言葉。目標さえ決まればッという焦りではなく、目標を見つけた時の加速度は半端ないぜ!っていうポジティブな方で。「毎日ジョギングすること。飯は腹6分目。」やってねー、怠けてる部分。引締めよう。それから先日紹介したアッコちゃんはいつも僕をアゲてくれるからマジで嬉しい。そんなにっていう自分の大学バスケの時間にも、大切なひとやモノがたくさん散りばめられていることに気づく。その時間にではなく、後からわかってくる感じがまたええ感じだったりする。

一昨日の夜から雨が一度も降り止むことなく続いている。そうなると、もしキウイフルーツの仕事があったとしても結局昨日今日は休みだったという許しを与えることができるので、またなんか気分がええ。外に出かけられないなーとか考えるけれど、日本でも2日3日雨が振り続けばきっと同じ感じだろう。実家にいたなら撮りためている映画の中からきっと「タイタニック」あたりを取り出してくるだろう。まぁ日本にいたならここタウランガほど風も強くないやろうから歩いて10分のTSUTAYAまで行くかもしれない。今ならなんやろう、「Fast & Furious 」のシリーズ1〜3でも借りるのだろう。そんなことしながらお母さんとなんのけなしに喋って時間が過ぎて・・・まぁ変わらんねやろうな。こういう生活やからなんか若干焦るだけで、することはほとんど変わらない。これまた、勉強。おもしろい。

「ジャガイモを使いたい」「オーブンを使いたい」という2つの提案をされれば、「グラタン!」と即答で答えるのが礼儀というものだろう。ってことでなんでか僕の分も作ってくれてグラタンを食わしてもらった。普通に美味し。いつぶりやろか、グラタンなんて。幼い頃はそんなに好きじゃなかったように記憶している。それは味ではない。僕のお母さんが作る料理に美味しい以外のものなんて存在しないから。ただ、白飯と合わない料理が納得いかなかっただけ。毎晩白飯を食わないと気が済まなかっただけ。でも食ってたなーミートスパゲティの横にも白飯あったなー、たこ焼きと白飯のコンビネーションも外されへんなーという話。んで、スコーン作って食わしてくれて、グラタンを作って食わしてくれるトモエはん。日本に帰ったら婚活パーティ行くらしい。要チェックや!身長は最低175cmを希望されているので、そこ間違えぬように。あーお母さんのご飯が食いたいと普通に妄想してしまう。

IMG_0849.jpg
これ、グラタン。

明日は晴れる?来週は仕事あるやろか?
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.