2月13日 タウランガ、野外ムービーナイトの最終日。母校が17年ぶりのインターハイ出場!?時代は確実に変わっていく。

Feb 13。

今週はキウイフルーツオーチャード4日以上働いたので、ご褒美に取っておいたビールをいただく。空きっ腹、飲む回数減により、1本の瓶ビールですげーまわる。以前は自分ではけっこう強い方だと思っていたが、もう強気に飲んだりはできひんなー。高校のバスケ部の同期たちは未だに吐くまで飲むらしい。大人になれ、アホで最高な仲間よ。

夜、タウランガのダウンタウンへ野外ステージの映画を見に行ってきた。今日の映画は「The Notebook (きみに読む物語)」多くのひとが知っている感動する映画の代名詞。Outdoor Movie Nightsと称されたこのイベントは、今日で最後らしい。最後にふさわしい映画のチョイスやな。ってか日本で一度DVDを借りてみたときは期待値を上げすぎて少し中途半端な感動になってしまった。が、今回改めて見てやっぱ素晴らしい名作だなって実感した。レイチェル・マクアダムスはやはり世界で一番キュートな女優さんであり、字幕がない今回の方がなんか心にギュッてくるほど感じるものがあった。映画を見ながら食べたポテチのチョイスはまちがった。やっぱ新しいものに挑戦する場合は、グレードを上げないと・・・ポテチに関してね。

そういえば、所属していた泉北高校男子バスケ部が大阪の高校バスケ新人戦で準優勝したらしい。これは非常に名誉あること。おそらく最後が僕の3つ上の代やと考えると・・・1999年かな?だから約17年ぶりのインターハイ出場がもしかしたら起こりうるかもしれない。3つ上の先輩たちの試合を見て、僕は泉北高校のバスケ部でプレイすることにした。またそんな風に憧れて泉北バスケ部に入ってくる子どもたちがいると嬉しいな。ただ、今回仲間から知らせを受けて、寂しい側面の方が明らかに大きかった。僕たちがいた頃の顧問の先生は勇退し、もう体育館へ足を運ぶことがなくなった。自分にはもったいないくらいに眩しいほどかっこいいユニフォーム、僕らの1つ上の代からシャカシャカになってしまった元はカッコよかったジャージ、絵柄はだっさいけどなんか愛着のある部活カバン・・・それらすべてがもう変わってしまっているらしい。卒業してから10年以上が経っているので当然といえば当然なのだが、それでもやっぱり寂しい。先生が変わったってことはもうそこに伝統のようなものはすっかり薄れているか、なくなってしまっているような気がする。ちょっと様子を見に遊びに行ったって、「おーよく来たな、久しぶりやな」っていう先生の笑みをいただくことはできない。ただの誰も知らないOBになってしまったんやなー。時代は流れる。仕方のないこと。ただ寂しいなって、そう感じたんだ。

IMG_0868_20160214061656d45.jpg
ワイカトビタービアー。美味い。けど、フィジーの勝ちー。

明日はバレンタインデー。日本以外は男から。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comments 2

井神  

ふと立ち飲み屋で1人の時間を過ごしている時にこの記事を拝見させて頂きました。お久しぶりです。もう一年以上の前の記事ですが、僕もやっぱり今でも泉北の結果が気になり、上位決戦には会場へ1人で足を運んでいます。人格形成をしてくれたあの体育館、先生には今でも同じように高校生に影響を与えて欲しくて、でも会場での試合の様子を見るとなんか劣等感や羨ましい気持ちが込み上げるのも事実です。とはいうもののやっぱり勝って欲しくて僕らの時の先生は今は試合ではベンチの横に座って見てるだけですけど、選手の勤勉さを見てると伝統は少しでも引き継がれているのかな、と感じるのも事実です。
話は変わりますが僕も小学6年生の時に泉北がインターハイに行った時からあそこでバスケがしたいと思ってました!それから泉北のバスケを初めて間近で見たのが宇田君世代の堺カーニバルでした。四條畷北戦で試合は同じベスト8同士なのにボロ負け、正直酷くショックを受けました。そんな中背番号7が味方のプレーに叱責しながらも1人立ち向かっていたのが今でも鮮明に覚えています。入学してからもOBとして練習相手に来て頂く背番号7は最初は正直マジで怖え、、速いし、止められんし、これでも国体にも選ばれんのや。。て思ったこともありました。
でも、僕は不器用やったので練習をひたすら必死にやるしか上手くなる方法は無いと思ってたので、無我夢中で練習して試合に出られるようになって先生に言われた言葉があります。「お前ほど本気でやるやつは宇田以来やわ」と。当時は別段強く何も思うことは無かったのですが、今思い返せば、こうやって伝統は引き継がれているのかなて痛感します。何気無い一つ一つの言動が後輩を変える。これは先生が変わっても僕は変わらないと信じています。もうだいぶ歳を取りましたが、今でも変わらずバスケを真剣にやってしまっています。いつかまた日本に戻って来られたらバスケして話もしたいです!宇田君が大学時代に試合ほとんど出てない話を聞いて、自信無くして部活に入ろうなんて毛頭にも思わなかったからですからね。責任取って下さい笑またいつかお会いしましょう!

2017/04/14 (Fri) 23:19 | EDIT | REPLY |   

宇田 大樹(Hiroki Uda)  

Re: 井神へ

君はすごい良いタイミングですごい良い内容のコメントをくれたもんですね。笑 やっぱ本気やでな。本気ってすげー大事。何事も。僕は今はもうバスケなんて微塵も関わっていないけれど、自分のやることに常に本気。ありがとう、より一層やる気出てきた。その責任は取るつもりはないけど、帰ったら一杯ひっかけましょう。

2017/04/18 (Tue) 05:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply