2月28日 ニュージーランドで天気予報士目指そうかな。友達:海外で過ごす共通点が多い利点と欠点。コービー・ブライアント。

Feb 28。

今年は閏年(A Leap year)ということで、今日が最後ではない2月。昨日の予報では1日サンダーストームやったのに、曇りがちではあるものの一度も雨が降ることはなかった。ニュージーランドの天気予報士はおそらく僕でも務まる。そんな今日はなんてことない1日を過ごした。この調子やと水曜まで雨の予報やったけど、来週も週6日フルタイムで働けるかもしれない。昨日銀行口座を確認してみたら、やっぱりニュージーランドのワーホリ、今のタウランガでのキウイフルーツジョブではお金を貯めていくことは難しいようだ。オーストラリアでは良い時給の仕事をいくつかすることができた。サンダルウッドファーム$25、ダイビングショップ$19、回転寿司$17、南アフリカンレストラン$19・・・など。こっちは最低時給に決まっているのか、僕が狙っている仕事やさせてもらっている仕事は$15。まぁ貯金が毎月平行線であればOK精神でいきましょう。

今の状況、新しくできる友達は当たり前だけど「海外に興味あり」「旅が好き」「会社を退職」「日本の社会からドロップアウト」「ワーホリ・留学・英語」という共通点がある。だから当然、話は合うことが多いし気が会うことも往々にしてある。まず他人と仲良くなるために共通点を探すという作業をしなくて済む。お互いに似たような境遇だったりするから共感できるところが多々ある。これは友達をつくるという点で見ればいいことなのかもしれないが、自分の視野が狭くなっていっているようで若干怖かったりもする。日本にいる友達、仲間、日本にいるまだ出会っていないひとたち、友達の友達・・・月日が流れるにつれて、彼らから見た僕のような生き方はどんな風に映り、今後ぼくは日本に帰国してからどんな人間関係を築いていくのだろう。不確かで不安になる必要のないところだが、いわば同じ会社の同僚とばかり関わることで、社会全体が見えていないような状況と似ているような気がする。視野を広げるために飛び出した日本、知見を広げるためにやってきた海外、大きな広い目を持って、常に高いところから遠くを眺めるような心持ちで日々を過ごしていこう。

今年でLAレイカーズを引退するNBAプレーヤー、コービー・ブライアントに対する神様マイケル・ジョーダンのメッセージスピーチをYouTubeで見た。お互いのリスペクトがひしひしと伝わってきて、かっこよすぎた。2000年代前半のショートアフロの頃のコービーがほんまに好きやったな。残りのシーズンも楽しんで勇ましくプレーしてほしい。来シーズンのNBAは間違いなく見に行く予定。予定というより決定。トロントで見ることになるのかな、やっぱ今やったら対戦相手ウォーリアーズが見たいかな。でもスパーズも捨てがたいな。ガーネットが引退する前にウルブズも見たいし、ノウィツキーのマブスも熱いな。ってかどこのチームでもいいや。いい意味で「どうせ」200%面白いから。

IMG_0953.jpg
今日の晩飯は納得!

自分が一番ハマってた頃の選手が引退していく寂しさ。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.