4月14日 ワイトモケーブのブラックウォーターラフティング。グローワームは広告通りの美しさ。ただの見学より断然オススメですわい。

Apr 14。

フィティアンガでトップ10に入るくらいの早起きやったんやないやろうか。5時起床、4時間以上もバスで移動するので顔も洗わず、コンタクトもつけず、起きてすぐに出発。今日は東寄りのコロマンデル半島を離れて一気にウエストコースト側のワイトモケーブへ。今日のメインはワイトモグローワームを見ながらのブラックウォーターラフティング。これはケーブ洞窟の中をラフティングするというやつで、毎日行っているけどこれもまた当初の予定では興味がなく、立ち寄る予定じゃなかったところ。どうなるんやろう。バッパーに着いた。周りは何もない。パスタ買っといてよかった。今日はそのアクティビティやったら終わりやろうな。

さて、時間が来たのでブラックウォーターラフティングへ出発、と言っても道を挟んだ向かいがその会社。んで少し待ってから説明を受けて、うウェットスーツなどを借りて、スタート!ひとりで来ているひとがいることを若干期待していたが、今回のグループではみんなカップルか友達同士の参加だった。まぁそらそーか。んで予想通りの激さむ。吐く息は最初から最後まで白く、水温は水風呂より寒いんじゃないかという感覚。あとやっぱ自分の場合はひとりであることと言葉の障害も含まれるので、楽しむ感覚と隣り合わせに緊張感があった。

グローワーム、いわゆる土ホタル、めっちゃ綺麗やった。オーストラリアでも一度ツアーに参加したけれど比にならないくらいの量がいて、クリスタル色というか水色というか、幻想的な雰囲気を醸し出していた。ラフティングは一般的な川の激流を下って行く感じではなく、ゆったりしながらそのグローワームを見たり、洞窟を進んでいく感じ。正直、かなり満足。期待以上のドキドキワクワク感。ガイドのひとりが少しサービス精神に欠けているひとやったけど、もうひとりの方が非常にハッピーな方だったので結果OK。$30かかったけど、せっかくやからってことで写真も購入。ラフティング以外にもアクティビティが2つ3つあるみたいで、そっちもまた面白そうやな。そういうのは、また違う国とかでやってみることにしよう。

んで案の定、緊張感と寒さも相まって眠気やばい。20時にウトウト。明日は午前10時30分のバスで、ニュージーランドの富士山Mt.タラナキが見えるニュープリマスへ。毎日忙しいけど、このギュッと凝縮して絞って旅する感じが計画的な自分のスタイルにはちょうどいい。まぁ30歳近くになってという年齢というよりは、単純に学生時代から比べて体力は落ちてきているやろうから無理だけはせんように身体と相談しながら。あー今日は完全な日記だけ。まぁいいや。書きたいときに書きたいことを。

P4130001.jpg
スタートの集合写真。

P4130002.jpg
暗すぎて見えん。

P4130004.jpg
チューブを選ぶ。

P4130005.jpg
練習して、

P4130016.jpg
ドーン。

P4130026.jpg
うなぎのフォーメーション。

P4130027.jpg
ニコニコやで。

P4130030.jpg
いよいよケーブへ。

P4130035.jpg
背低ッ足短かッ!

P4130039.jpg
グローワームに夢中。

P4130040.jpg
この時すでに寒すぎてブルブル。

P4130044.jpg
これの何倍も光ってるし、何倍も綺麗。

P4130047.jpg
集合写真ばかりらしい。

P4130059.jpg
いい笑顔しとるわ。

P4130075.jpg
足の開き方なんかオカマ。

P4130078.jpg
もうすぐ出口。

P4130079.jpg
あっという間の2時間。

P4130080.jpg
コンプリート!

グローワーム!綺麗!明日!富士山!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.