4月16日 北島でいちばん心地いい雰囲気の町、ワンガヌイ。SNSに垣間見る自分の人付き合いの浅さ、鏡の法則、それでも進む自分の道。

Apr 16。

オーストラリアのラウンドトリップの時もそうだったかもしれない。特に目的があるわけではないけれど、時間とタイミングのいたずらで何の気なしに寄ってみた町が、いちばん心地いいと感じる、素敵なお気に入りの町だったりする。いい意味でなにも期待していなかったり、事前情報をまったく持たずに訪れることにも起因しているのだろうか。ニュージーランドではこの町がそういう雰囲気、ワンガヌイ。超好きかも。

お昼前に到着し、少しバッパーで休息。そのあとはデュリーヒルという丘に立つタワーへ。ニュージーランドもオーストラリアもそうやけど、なんかどこ行ってもジブリ映画の世界のような感覚に陥る。それくらいどこでも眺めが良かったり、行くまでの過程の道が緑に溢れていたり、本当に散歩するだけで自分の心が洗われるようなそんな感覚。ここの展望台からの眺めも最高で、奥の方には雪化粧した山が見えている。やっぱ自然が多いってのは、ええなー。

Facebookに投稿した。現代では、SNSがもはや生活の一部になっているわけだが、少しの違和感を感じる。いや、違和感ではなく自分自身に対しての呆れといったほうが正しいだろうか。うまくまとまらんやろうけど、少し自分の思いを書いてみる。誰かのなんてことない投稿に100Like!が集まり、旅先での出来事を載せた自分の投稿に30Like!が集まる。つまりは実社会でないSNSの中でさえも、やっぱり実社会のひととの繋がりや距離感が露呈されるということ。旅を続けていれば、必然的に友達は増える。最近できた友達たちは僕の投稿を見てくれるかもしれない。ただ、月日が経つにつれて、日本で出会っていたひとたちの自分への関心は、どんどん薄れていっていると手に取るように感じる。当然だろう、ひとは鏡で、僕自身がそういう単なる日常にまったく興味を持っていないのだから。

それに、僕の生き方や考え方・今までのひととの付き合い方が魅力的であれば、自然とひとは集まる。でも僕はそういうタイプではなかったことを知っている。SNSだけでそういう考えをしたいわけではなく、断片が見えるなってことが言いたいだけ。どんな方が僕のブログを読んでくれているのかもわからないし、たまに「読んでくれてんねや」と驚いてしまうこともある。何が言いたいのかはわからないが、まぁそんなこと。いつもブログを読んでくださっている方には、本当に感謝していますし、決まって僕のFacebookの投稿やInstagramの写真にLike!を押してくださっている方には、本当に感謝しています。それが指標なわけではないし、ひとの関心をひきたくて旅を続けたり、ブログを書き続けているわけではない。それでもやっぱりちょっと嬉しかったりする。

自分の生きる道・ステージ・場所で、周りのひとたちも変わっていく。社会人・旅人・学生・・・そんなことも影響してくるだろう。以前は楽しく話せていたひとたちとの会話にズレが生じていくことだってある。逆に、昔は気が合わなかったのにこの先すげー意気投合するひとだって現れる。僕は僕の道を進む。その中で偶然でも必然でも出会い、お互いに少しの興味を持つことがあるのであれば、その時は全力でぶつかりたい。そして、これからも自分のスタイルで想いを残し、発信していく。今日は夕焼けにギリギリ間に合った。いい景色が見れた。それだけで今日は幸せだった。

DSC07371.jpg
めっちゃ好きな雰囲気。

DSC07378.jpg
川が流れる町。

DSC07379.jpg
階段を登っていって

DSC07389.jpg
タワー到着。

DSC07387.jpg
最高の眺め。

DSC07391.jpg
タワーの上。

DSC07392.jpg
南京錠。

DSC07393.jpg
山側。

DSC07394.jpg
海側。

DSC07396.jpg
空。

DSC07401.jpg
古い建物が多い。

DSC07404.jpg
メインの交差点。

DSC07409.jpg
なんかええ。

DSC07411.jpg
夕暮れ。

DSC07413.jpg
いいね。

DSC07414.jpg
空が真っ暗になる前。

DSC07416.jpg
ベストタイミングでしょ。

明日はいよいよ、首都ウェリントン!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 2

There are no comments yet.
k

likeなんて全く当てになりませんよ。
前に投稿した時、日本では全く知られていないことに関して、日本の方がリアクションしていた時になんとも言えない気持ちになりました。知らないことでも、友達の投稿だから?確かにlikeの数は少なかったですが、全てに対して反応をする人も居るのです、意味もわからずに。下手したら読んでない。

FBに関しては、私は自分の記録の様な使い方をしています。もちろん他人に向けて書いていますが、自分で読み直すと、日付や場所のタグなどで非常に便利だと感じています。なので投稿は最小限。結局人は誰が何を食べたなんてあまり興味はないし、他人の友達の子供の写真見てもそんなに関心はない。それと同じ様に自分の投稿も自分宛、そして(一部の)友達に報告程度の内容にしています。
誕生日のコメントも、ただハッピーバースデーか書けないならわざわざ投稿しない。その人と関連のある思い出や話題をコメントに入れられないのなら、意味はないと思っています。(面倒なので自分の誕生日設定は公表していませんが)
私はドライな方だと自覚していますが、FBや他のsns、インターネット上でヤキモキするのは勿体無いですよ

  • 2016/04/17 (Sun) 07:36
  • REPLY
宇田 大樹(Hiroki Uda)

Re: kさんへ

僕の言葉足らずというか、日本語下手というか、ニュアンスがまったく伝わらず申し訳ないです(^^;まったくヤキモキしているわけではないですし、気にしているわけではありません笑

自分のことを少し考えるきっかけの1つの題材として、話に利用したような感じです。僕自身もkさんと同じように、自分の記録感覚で使っていますよ(^^何はともあれ、コメントありがとうございます!ってことは僕もドライなんでしょうね、結局。笑 でもこんな風にアクションをもらえることって幸せです!

> likeなんて全く当てになりませんよ。
> 前に投稿した時、日本では全く知られていないことに関して、日本の方がリアクションしていた時になんとも言えない気持ちになりました。知らないことでも、友達の投稿だから?確かにlikeの数は少なかったですが、全てに対して反応をする人も居るのです、意味もわからずに。下手したら読んでない。
>
> FBに関しては、私は自分の記録の様な使い方をしています。もちろん他人に向けて書いていますが、自分で読み直すと、日付や場所のタグなどで非常に便利だと感じています。なので投稿は最小限。結局人は誰が何を食べたなんてあまり興味はないし、他人の友達の子供の写真見てもそんなに関心はない。それと同じ様に自分の投稿も自分宛、そして(一部の)友達に報告程度の内容にしています。
> 誕生日のコメントも、ただハッピーバースデーか書けないならわざわざ投稿しない。その人と関連のある思い出や話題をコメントに入れられないのなら、意味はないと思っています。(面倒なので自分の誕生日設定は公表していませんが)
> 私はドライな方だと自覚していますが、FBや他のsns、インターネット上でヤキモキするのは勿体無いですよ

  • 2016/04/18 (Mon) 09:30
  • REPLY