4月19日 再びトゥランギ上陸、今回はトンガリロアルペンクロッシングしまーせん。カナダワーホリを目指す大事なお友、あの時はすまんな。

Apr 19。

なななんと、カードデポジットの$20返ってきた。朝から超ラッキー!完全にこれから良いことが起こる予兆ではあーりませんか。今日は移動のみ。まさかまたトゥランギの町でバスを待ち、トンガリロ国立公園の横を通り抜けるとは思わなかった。ってことでファカパパヴィレッジに到着。なぜなら明日はMt.ルアペフのスキー場バイトのジョブインタビューやから!あーどうなることやら、過去英語での面接なんてオーストラリアのパースで働いたローカルレストランのみ。しかもその時は「レストランで働いたことあるか?」「野菜切れるか?」「どれくらい働ける?」で終わりやった。今回もそんな感じであることを祈る。第一志望は南島のマウントハットやけど、このルアペフもシーズンが長いようやしゲレンデも良さそうなので、自分的には働けたらどちらでも構わないという印象。でもマウントハットの面接の予行演習も兼ねて、先にこっちで面接できることがありがたい。しかもちょうど南島へ行く前のこのタイミング。もう必然でしかないでしょう!とりあえず笑顔で乗り切ろう!

以前にも書いたかもしれんけど、せっかくやから書くことにしよう。日本にいる友達みおぴがカナダのワーホリビザの申請を始めた。まずワーホリに来るか迷ってて、んでオーストラリアかカナダかで迷ってて、ワーホリの説明会?に行って、カナダにまずアプライしたらしい。まぁ僕はまったく影響力ないやろうが、カナダで会えたら嬉しい。

彼女との出会いは、僕の人生で2回しかない合コンの記念すべき初回。社会人3年目25歳、同僚のマコちゃんが誘ってくれて初めて合コンなるものへ参加した。正直、人見知り+何しゃべったらいいかわからんしで、時間だけ過ぎて終わった。ラインのグループが作られててそこから。地元が近いってのと共通の友達がいたのをきっかけに話す。お互い彼氏彼女がいたな、結構ちゃんと記憶している。東心斎橋でイタリアンを食べ、サングリアを初めて知り、岸和田カンカンのスタバへ行き、地元の友達に目撃され、最後にカラオケへ行った。居心地がいいというか、まったく気を使うようなこともなく、気兼ねなく話せていて、ふつうに楽しかった。

僕がフィリピンへ留学している時、フィリピンに来いよ!と誘った。彼女は乗り気になってくれてチケットまで買っていた。その旅行へ来る2週間くらい前に僕は相方と付き合うことになって、いろいろごちゃごちゃが重なって、彼女には仲間に言われた通り、断りの連絡を入れた。わけわからんかったに違いない。僕の勝手な都合、勝手な態度、んでお互い下心があるわけでもないのに微妙な感じ。・・・またこうやって普通に友達でいてくれていることがなんだかありがたい。こう思うのもおかしいのかもしれないが、大事な友達であることに間違いはないわけで。

そんな子。そのことがあったからってわけではないが、なんか気になる子。元同僚の親友カセくんとか大好きな先輩の宜毅さんとか男女含めても、かなり会いたいひとのひとり。カナダで会うことができるなら、お詫びのしるしで美味いもん食いに行こう。前に書いたご結婚された先輩方とのストーリーほど力を入れないこの紹介の感じが、彼女との距離感というかラフな間柄が出ていいんやないやろうか。ところで、女の子ネタが多いと友達に言われた。男友達が少ないからかな?女友達も別に多くないな。たまたまちゃう?

DSC07519.jpg
宿泊先近くの散策路にて。

DSC07520.jpg
やっぱ山中は寒いね。

明日の面接場所、徒歩で2時間!!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.