4月28日 テカポ湖、星空だけ見に行くなんてもったいないぜ!この前後1週間のブログは、恋愛日記みたい。人対人、自分たちだけのカタチ。

Apr 28。

バスは昼過ぎなので朝はゆっくりめ。この小さなテカポの町では、さすがに3日目4日目になると歩きつくした感も出てくる。でもそんなことはどうだっていい。一緒に居られる時間だけをゆっくり感じられれば、それで十分だと心は知っているから。なにをするでもなく、湖畔を歩きながら、1年前と同じような感覚と距離感で、”いつもの”ように話しながらただ時間を過ごす。テカポ湖。いつ見ても綺麗、朝昼晩いつでも綺麗、星空だけが取り上げられるが、それはそれはもったいないこと。1日中景色を楽しめる最高の湖。

お土産を見たり、その辺のベンチに腰を下ろしたりしながら、時間を過ごす。もうすぐお別れの時が来るとお互いがわかっている。心の緊張を解くと、すぐに涙がこぼれ落ちてきそうになる。それを必死に抑える。少しごまかすために反対側の景色を見て涙をおさめる。んで隣見たら泣いてる。おい。我慢を返しなさい。今回の1週間の再会は何か不思議な感覚。寂しいのに寂しくない。辛いのに辛くない。嬉しいのがもっと嬉しい。幸せなのがもっと幸せ。僕の中では全てが前向き。そして、そんな性格じゃなかったちひろも、時を経てしっかり気持ちと心とを一致させて準備してきてくれてようなそんな感覚。やっぱり強いな。僕は幸せもんだ。

23日24日あたりから29日のブログまで、前後しながら、ゆったりと頭で振り返りながらブログを綴っている。同じようなことを書いているかもしれないが、そんなことは気にしない。そんなに彼女を思うならとか、そんなにお互い好きならとか、他の人から見たら疑問に思うほどの部分もあるけれど、そんなことは気にしない。ここでは説明することが難しいほど、夢や愛やそれぞれのこと、いろんなものが錯綜しての距離感や付き合い方。僕たちだけが理解できる部分であり、僕たちでしっかり共有できていれば、それが僕たちの心のつながり方であり、愛情表現であり、付き合い方なんだと思う。恋愛とか、愛とか、恋とか、形も正解もないものって難しいな。んで自分の気持ちや相手の気持ちなんかもすげー難しい。でもそれでいい。そーゆーもん。

テカポ湖を去る。そして、クライストチャーチに戻ってきた。クライストチャーチ、中心部にスーパーマーケットないでね。1時間くらい歩いて買い出し。ちひろにとりあえず今回最後の手料理を作ってもらう。そうそうこの味加減、やはりの腕前。ちょっとしたきっかけで、1年前、1年半前、2年前に自分たちの間でハマっていたことなんかを思い出しながら会話に花が咲く。いつかまたきっとこんな日が来るんだろうと、なんとなく思い描きながら。明日はちひろと今回ニュージーランドで過ごす最終日。ゴンドラに乗って素敵な景色を見に行こう。そして、今回はトラブルなく、ちゃんとお別れをしよう。そう思いながら、きっと今夜も爆睡。

DSC07995.jpg
さよなら、良き羊飼いの教会。

DSC07998.jpg
さよなら、テカポ湖。

DSC08000.jpg
ベンチ、高い。

明日が最終日。すでに寂し。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.