5月14日 一緒に旅をするフランス人の女の子。必要なマインドチェンジ。気が利くもの同士か気が利かないもの同士。天の川の下、露天風呂最高です。

May 14。

ネルソン近郊でのHelpx最終日、毎日晩ご飯をお腹いっぱい食べられたことが何よりの満足。こんなにも満腹感を味わうのはいつぶりやろうか・・・まじでいつぶりやろうか・・・。まじで。今日は午後アイリスとラビットアイランドのビーチ沿いを2時間ほど歩いた。もうかれこれ合流してから2週間が経つのだが、日にちが経てば経つほど、苦行になってきている。相手もそう思ってるんやろうけど、まったく何考えてるんかわからん。そして、一番大きいのは彼女はおそらく僕に関してまったく関心がない。それは男女とか恋愛どうこうとかそういう意味じゃなくて、ひととしてってこと。彼女的にはガソリン代がシェアできれば誰でもよくて、日本人ならなお良し(日本語勉強中やから)ってだけで、それが僕かどうかは一切関係ない。

そこがものすごく引っかかっている部分。僕は交通費がシェアできるのは得策だって考えているけど、一緒に旅する以上もっと彼女のことを知りたいし、もっと楽しく旅がしたい。旅仲間としてもっと近しい間柄になっていけば、もっと旅自体が楽しくて一緒に旅することでの喜びなんかが倍増していくんじゃないかと思っている。だがそれはまったくもって意思疎通できていないので、マインドを変えることにした。僕も無関心になる。じゃないと、ストレスが溜まって発狂しそうになるから。別に彼女にはまったく非がない。僕のマインドの問題。なんかうすーい感じになるけど、まぁよしとすることにする。南島の本格旅は10月以降。

そして、気がついたことがある。僕は人並みに気遣いするというか、けっこう気を配るように心がけている。でもその気配りは、それができるひとにしか見えない。だからまったく何も気づいていないってことだって往々にしてある。これって面白いよな。無関心同士か気遣うタイプ同士か、それが一番楽なんやろう。文化の違いがあるのはわかっているけれど、前々から散々言っている通り、僕はやっぱりそういうことができる日本人が好きだな。

夜、薪で火を炊いて、露天バスタブに入った。温度もおそらく39℃くらいでちょうどよく、ミルキーウェイが見える星空を眺めながら、白い息と湯気にまみれつつゆっくり湯船に浸かった。ベトナムのバッパーで湯船に浸かった以来やからちょうど1年ぶり。・・・やっぱお風呂ってめっちゃ気持ちええ。それが露天風呂ならなお最高。実家の湯船は足を伸ばせるほど大きいわけじゃないけど、きっと帰った日のお風呂は泣けるほど気持ちいいんやろうな。シャワーに慣れすぎて長湯できるかが心配。今日も3分くらいしたらなんかオドオドしてしまっていた。あと、湿った枝も混じってたのですげー煙たい匂いが今もする。明日は雨予報、パンケーキロックスに寄りつつFox氷河へ!

DSC08511.jpg
昨日の夜撮ってみた。

DSC08512.jpg
ラビットアイランド。

DSC08517.jpg
アイリス。

DSC08521.jpg
思ってたより全然長いビーチ。

DSC08522.jpg
ひたすら歩く。

DSC08523.jpg
鳥の足跡。

DSC08525.jpg
まだまだ歩く。

DSC08529.jpg
帰り道。

DSC08528.jpg
ええ色。

明日はなが〜〜いドライブになりそう!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.