5月15日 ケープフォールウィンドでオットセイAgain。期待してなかったパンケーキロックス、全然余裕で感動!ウエストコーストの美しい景観はまた今度。

May 15。

目的が旅の日には最近いつも雨が降る。僕とアイリスの相性のわるさが全面に出ているのだろう。なんてね。今日は朝からクリスとバービーに別れを告げて、ひたすら南下。まずはウエストポートWestportでケープフォールウィンドCape FoulwindのシールコロニーSeal colonyへ。横文字多いな。天気がわるいせいか彼・彼女らはダラけまくりやったけど、めっさめさめさめさオットセイたちがいた。うじゃうじゃ横たわっとる。人生で初めてもっとアップにできる高性能カメラレンズが欲しくなった。ここも天然水族館。まじですごいわ、ニュージーランド。

次に向かったのはプナカイキPunakaikiにあるパンケーキロックスPancake rocks。期待値低かったからではなく、普通にめっちゃ迫力あったし来てよかったし感動した。オーストラリアのグレートオーシャンロードを彷彿させる岸壁で、すげーよかった。ガイドブックとかパンフの載せ方が下手すぎな気がする。思っている以上の面積やし、ダイナミック。ここは良いですぞ。時々オーストラリアのどっかで見たなーって感じの景色が出てくる。旅を続けているとこのような感情はきっともっと多く感じることになるだろう。だからってその感動が薄れることは、僕はない。その土地それぞれの素晴らしさや壮大さを感じる心を持ちあわせている。これは感受性豊かな自分の特権。自分でゆーのもなんやけど。

そこからグレイマウスGreymouthで向こう10日分の食糧を調達して、ひたすらFox Glacierフォックス氷河を目指す。このニュージーランドの南島ウエストコーストのドライブウェイはロンリープラネット曰く世界でトップ10に美しい景観のドライブウェイらしい。アホほど土砂降りの雨によってその様相を微塵も感じることはできなかったけど、晴れてたらめっちゃ美しい景色が見られるんやろうなーってのは容易に想像できた。冬が終わって南島に帰ってくるときには晴れた日にバスの車窓から眺めるとしよう。

んで無事に滞在先へ到着。Helpxアゲイン。今回はバックパッカーホステルのクリーナーの仕事で、フリーアコモデーションのみでご飯は自分持ち。ここでの滞在10日間の間にFox Glacierフォックス氷河とFranz Josef Glacierフランツ・ジョセフ氷河のショートウォーキングトラックは制覇したいな。1dayトラックとガイド付きトラックは冬明けにチャレンジすることにする。まちがいなくアイリスは乗り気にならないから。全然かまいまへん!ということで、とりあえず明日の朝10時から第2回Helpxの始まりでおじゃる。


DSC08532.jpg
ケープフォールウィンド。

DSC08534.jpg
ゲキ曇り。

DSC08538.jpg
オットセイのコロニー。

DSC08539.jpg
アップでドン。

DSC08540.jpg
こちらもドン。

DSC08543.jpg
晴れてほしかったなー。

DSC08548.jpg
パンケーキロックス到着。

DSC08555.jpg
まったく写真で伝わらん。

DSC08553.jpg
ただの岩。

DSC08558.jpg
すげー迫力やったのに。

DSC08561.jpg
こことか。

DSC08562.jpg
ガイドブックの気持ち

DSC08568.jpg
わかる。

DSC08572.jpg
やいやいゆーて

DSC08576.jpg
すみません。

↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.