WWOOF vs HELPX、世界を旅する上での両者の活用法。

WWOOF vs HELPX、世界を旅する上での両者の活用法。

ざっくりし自分の経験則で書きたいだけなので、もっと関心があるひとは情報提供が好きな方のブログか公式サイトを見てください。笑

「1日約4時間の労働の対価として、宿泊先と御飯を提供する」という感じはどちらも同じだろう。ところによっては、御飯は付いていなかったり自分たちで準備しないといけなかったり、晩御飯は付いているけれど他は付いていなかったりとそれぞれである。が、無料の宿泊は約束されていると考えて間違いない。

WWOOFはオーガニックファームのホームステイ。その国々・土地の農業体験や田舎・伝統生活を体験するのには有効なチョイスだと感じた。HELPEXはなんでもあり。主にはファームでのホームステイがベースのように感じる。オーガニックファームもあれば、ノンオーガニックのファームもある。他にもバックパッカーホステルやモーテルロッジのハウスキーピングもある。それからオーペアなどのチャイルドケアを依頼している案件も見つけることができた。

WWOOFは確か1年間有効の年会費が$50やったやろうか。HELPXは友達曰く$30くらいで2年間有効。WWOOFはそれぞれの国で申請が必要なはず。HELPXは一度登録すれば2年間世界中で有効かもとのこと。実際に会員のHPでは、全世界のホストを調べることができるので、この情報は確かなものだろう。タイトルに vs とか書いたけどどっちがいいとかが書きたいわけではなく、うまく利用するために僕自身の考えを書いておく。なんか迷い込んで僕のブログにたどり着いて、1mm閃きがあったら嬉しいな。

どちらに登録するにしても、僕はかなりこの両者は旅を続けていく上で、また海外の文化を学ぶ上で非常に有効なツールだと肌で感じている。オーストラリア・ニュージーランドでそれぞれを体験してきたが、はっきりと有効だと言い切れる。ビジタービザで滞在する場合でも使える。毎日転々とバッパーの移動を繰り返しながら過ごしていくのも楽しい。が、やはり出費が重なるし、旅しているのは自分たちと同じ海外から来ている青年ばかりなので、その国のローカルのひとに出会う機会っていうのは乏しい。

僕はこのWWOOFそれからHELPXを通じて、現地のひとと出会い、日本をどう思っているとか、その国自身のことを教えてもらういい機会を得たと感じた。それに、例えば1週間滞在してその町周辺を旅。また次に移動して・・・という繰り返しであれば、普通の旅行でみんなが行くような有名どころ以外のローカルだけが知っている秘境に行くことができたりもする。またその滞在の間だけ出費があるだけなので、旅自体も安上がりだったりする。まぁここまで書いておいてなんやけど、この話って僕のように少しでも長く海外にいたいって願望が強いひとに限定するかもしれないが。笑

巡り合わせも楽しい。絶対に自分が満足できるホストとも限らない。取捨選択。何を学びとするか、異文化を知るってどういうことか、なんて再度考えるチャンスでもあるなーって改めてここに書いていて感じる。長なってきた。まぁ何が言いたいかというと、こんな制度もあるよってこと。僕も今一緒にHelpxをしながらニュージーランド南島を旅しているフランス人のアイリスと出会わなければ、Helpxの存在なんて知らなかったし、WWOOF含めて具体的な活用法がイメージできなかった。ここにはぼんやりとしか書けていないけど、自分の頭の中ではイメージできている。

そんな感じでーす。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.