FC2ブログ

6月23日 ニュージーランド、マオリ民族の伝統ハカを生で見た!NZマオリ、AUSアボリジニーそれぞれの繋がり方。イタリア人は座間味島が好き。

Jun 23。

今日は午前中、地元のマオリ系の方々のところへ出向いて、ちょっとしたウェルカムの儀式のようなものを催してもらった。初めて生で見たハカ、不覚にも涙が出てほど感動してしまった。なんかすげーグッとくるなぁ。やっぱ伝統とか民族とか、そういう長い年月を経て受け継がれてきているものは、大切に引き継いでいかなあかんと強く感じた。日本なら、琉球の人たちやアイヌの人たちのことをもっと理解して、その伝統に触れて、残していかないとあかん。それ以前にお寺や神社しかり、その町々に古くから伝わる伝統行事やその伝統そのものをもっと知っていかないとあかんなー。というより、もっともっと知っていきたい。あくまでもポジティブな考え方として。

それにしても、ニュージーランドのマオリ民族との繋がりとオーストラリアのアボリジニーとの関わり方がまるで違う。ニュージーランドはかなり密接につながっているように感じるし、どちらの血筋かなんかは関係なく、みんな同じように働き、共存しているように感じる。一方でオーストラリアでは、どこかアボリジニーに対して排他的というか、同じ国の下にいながらとてつもなく大きな壁があるように感じた。この辺りは、歴史というか調べていけばわかるんだろうな。また時間があってWiFiがあるときに調べてみよう。やっぱその土地の文化に触れるっていうのは非常に興味深い。

今日のセレモニーの時に、イタリア人のニコラスと少し話した。彼女が日本人らしく、オーストラリアで出会ってから東南アジアと日本、それからイタリアを一緒に旅しているらしい。その彼女は山の反対側に位置するのかな?Turoa Ski Field というもう一つのゲレンデで働いているらしい。彼女が大阪人のようで関西をたくさん回ったらしいが、いちばんよかった場所は座間味島って言ってた。めちゃくちゃ綺麗で、自分の人生のベストな土地の1つだよって話してくれた。海外のひとにも認められる沖縄の海、何ていいことなんでしょう。

コーンチップスの惨劇の後は、晩飯いい感じ。最近は配給量も増えて、みんなちゃんと食えるくらいある。んで僕を含めて数人いつも同じメンバーがおかわりを求めに・・・。みんな身体デカイのに、あんまり食わへんねんな。

IMG_1963.jpg
こんなマーク。

明日はDe-iceのトレーニング!!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply