FC2ブログ

6月24日 De-Ice の講習、英語はわかりませんがリフトタワーには登れます。英語環境が身体にもたらす影響は、強めの頭痛。ビザ延長申請しますー明日。

Jun 24。

今日は選ばれし戦士たちの、というわけではないが、リフトオペレーションからピックアップされた20人(リフトオペレーションは合計約45人)でDe-Icer 除雪の講習を受けることになった。僕もそのうちのひとり。内容としては、リフトを支えているタワーに登ってリフトの運転に支障がないように積もった雪や氷を取り除いたり、リフトハットの屋根に登って同じような作業をしたりと、高所で作業をするための講習だった。ハーネスのことや安全システムのことなどいろいろ・・・。午後は実践講習。専門的な用語もたくさん飛び交うので、周りのみんなに助けてもらいながら参加できた。食らいついていかんとひとりだけ英語できへんから、なんか研修生ってか子どもってか情けなくて。それでもみんな楽しくしてくれているのでそこはありがたい。

最近頭が痛い。んでびっくりするくらいの疲労感がやってくる。原因は明確。今までの人生でいちばん窮地というか、まずは語学ができないこと、それからそういうコミュニケーションが取れない中で毎日フルタイムで仕事があるということ、さらには、そのコミュニケーションが取れずにいるメンバーが24時間固定であるということ。端的にいうと、ひとりだけまったくその言語を話せない別種の人間が学校のクラスに転校してきたようなもの。しかも日本人のクラスに外国人が入ったのであれば、興味心や好奇心でみんな話しかけるし、陽気な外国人は容易に溶け込める。その逆、別に日本人だからって関心を持たない外国人のクラスの中にシャイボーイが入り込んでいるもんやから。講習もそう、飯の時間もそう、リビングにいるときもそう、1秒もリラックスするタイミングがない感じ。いつでも話しかけられるチャンスをうかがっているし、いつでも話しかけられやすいような空気を作ろうとしているし、いったん話が始まったらそれは全部英語なわけで、少しでも笑える要素を含めないといけないわけで・・・。あー頭が痛い。今誰か日本人がやってきてくれたら、男でも女でも構わず抱きつきたい気分。

明日はタウポまでバスが行ってくれるみたいで、お菓子というか食料の調達とマクドかどっかでブログの更新、それからいちばんの目的のワーホリビザ延長のための書類をイミグレーションに送付する。このMt.Ruapehuのスキーフィールドにいるタイミングでワーホリビザが延長できれば、これはかなりいい感じというか、ここが終わった後に動きやすくなる。昨年は9月末までの営業と言いながら、雪が残っていた関係で10月末ごろまで営業していたらしい。それであれば10月末ごろまで仕事するなり滑り倒すなりなんなりして、できるだけ雪山に残りたい。仕事が週1でもシーズンパスで毎日滑ってうまくなれるならええやん。んで元々のビザが10月末までやから、今ビザ延長できたらええやん。ってこと。

IMG_1967.jpg
今日の講習の一場面。

まったく雪はありませんでしたよ。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply