7月13日 始まりました、リフティージョブ。ビギナーエリアの仕事は精神的にしんどすぎる。クリスチャンに先を越されてしまった、アウグスティーナ!!

Jul 13。

ここにきていちばん精神的にも肉体的にも疲れた1日やった。今日は初めてのリフトの仕事。自分の配置は、ダブルハッピーチェアリフト Double Happy Chair Lift のトップサイド。これがどこかというと、スキーフィールド内にマジックカーペットと呼ばれる、空港にあるフラットのスライドエスカレーターのようなやつがある。これがビギナークラスで、いちばんやさしいやつ。んでそのダブルハッピーがその次のビギナーエリアのやつ。まぁ簡単に言うと、初めてスキーやスノーボードするひとが人生で初めて乗るリフト的な感じかな。その降りる側。まぁ想像できる通り、ほとんどのお客さんはビビって降りれなかったり、怖くてリフトを掴んだまま離さなかったり、チェアから降りたその場でコケたり・・・。んでなんでか知らんけど、このオフエリアの傾斜がハンパやない。上級者レベル。意味不。

結果的にどうなるかというと、全チェアリフトに全神経を注いでおかないといけない。前のひとがコケていてぶつかって怪我したり、うまく降りれなくて怪我したり・・・ほとんどがリフティーのせいになってしまうからである。昨日はコナーがこの配置で「みんながバンバンコケるのを見ているのがおかしくて楽しかったよ」なんて言ってたけど、そんな余裕あるわけない。リフトつかみすぎて腕パンパン。ビギナーエリアのこの配置がおそらくこのスキーフィールドでいちばんやっかいな仕事やろうな。んで昨日クリスチャンと話していて、アルゼンチーナの超絶美人アウグスティーナも今日ロースターに入っていたので「一緒のリフトやったらええなー」とか言ってたら、クリスチャンがちゃっかしほんまに同じリフトで楽しんどる。「Hey Hiro !! 今日はどうだった?おれはアウグスティーナと一緒で最高だったぜ」・・・舐めとる。羨ましいわ〜。

僕は別にどうこうとかではないけど、クリスチャンはまぁまぁガチな感じっぽい。2回目のサウナの日に、最初は僕に「誰が可愛いか?」みたいな話をふってきて即答というか被せ気味で「アウグスティーナがダントツいちばん」とサウナで叫んでやった。そしたら「そーかそーか、確かに可愛いよね」みたいなスカした感じやったのに、今日のロースターがわかった時点で僕にウインクしてきやがった。なんか口わるくなってるけど、ただ僕はこのへんな感じをすごく楽しんでいるだけのこと。クリスチャンは本当にいいやつで、トレーニングも一緒、仕事も一緒、買い物も一緒、晩御飯も一緒って感じでけっこう一緒にいる時間が多い。英語もできて、顔もイケメンで、羨ましい限りだぜ。でもそれ以上に僕もアウグスティーナと働きたい。

IMG_2283.jpg
今日の仕事場から。

IMG_2284.jpg
午前9時、まだ穏やか。

IMG_2285.jpg
この後が・・・ね。

明日はDe-Icingの仕事!7時から!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.