8月4日 初めてのFar Westは写真撮るとかじゃなくて、雪だるまになった。1日8時間1週間40時間・・・当たり前を覆す考えを持つこと。もっと捨てられる。

Aug 4。

今日もなかなかにハードな1日を過ごした。午前中は少し霧がかっているくらいでなんてことない天気やったが、昼からは仕事内容的にも天候的にも半泣きやった。今日、初めてWest Lidgeと呼ばれる西側遠くのリフトへDe-Icingしに行った。僕以外のほとんどのメンバーは実はもう3回くらい行っていて、天気のいい日にみんなすげーいい写真を撮っていた。まったくの放置だったリフトなので、最初の時はすげータワーやケーブルに氷や雪が積もっていて、なんか迫力があったんやって。僕も晴れてる日に行ってみたい。んでそこで4時間くらいずーっと作業していて、待ち時間も長くて、雪だるまになるんじゃないかってくらい自分に雪が積もって、ごっつごつごつに寒かった。でもチームで仕事をすることが多いから、みんなの会話を聞いていたりするとなんとなく気持ちも紛れていい感じ。テキトーで勝手でいい加減やけどすげー優しい仲間たちに助けられていて、本当にありがたい環境。

んで今日は16時に仕事が終わった。帰って熱々のシャワーを浴びて、晩御飯までゆったりと部屋で休憩。いつもより少し時間があるのでありがたい。んで、ふと考えてみた。16時はいつもより1時間近く早いのだが、それでもすでに9時間働いている。全然早くない。むしろいつも10時間以上くらい働いていてまぁまぁ長い。日本にいた頃からガッツリ残業もしていたし、オーストラリアでもニュージーランドでも高速時間の長い仕事ばっかりやっている。ってかいつもそうってことはもはやそれが世間の当たり前。ならば、自分が何らかのビジネスをすることになるなら、その常識を覆す時間の仕事を作る。そういうこと。反対反対を考えてみる。この地域は特に乾燥がひどい。雨も雪もいっぱい降っているのに身体カッサカサ。食生活がわるいのもかなりの原因やろうけど、結構キツイな。それからドライアイになってる。まぁそんなこともある。

今までもこういうことたくさんあったけど、時々無性にモノを捨てて、部屋中からっぽにしたくなる。からっぽにはならないのだが、それでも毎度毎度減らしているので、モノはだいぶ減っていると思う。面白いことに気づく。まったく捨てたものに対して必要性を感じたり、やっぱり・・・という後悔の念が出てこない。これ以上捨てられないってほどモノを少なくしても、それでも捨てられるモノがある。極限くらいまで来ていると勝手に思っていたけれど、まだまだ甘いんやなー。ところで、普段使いのバックパックが完全にイかれてしまった。サブポケットが破れてかなり見苦しい。それから背負う部分ももうすぐとれそう・・・。ヤバし。

IMG_5715.jpg
ぶつけられ、

IMG_7875.jpg
ぶつけ返した写真。

いつもここ天気のこと言ってる気がする。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.