8月28日 ここ1か月くらいのブログとはまったく違うテイスト。お坊さんの生活を想像してみる。誰の声もしない、静寂の空間で心は落ち着いていく。

Aug 28。

昨日のDe-Icingの影響、身体がずーーーっと冷えきっている感覚。骨が寒がっている。あんまり何もする気にならないので、今日はのんびり過ごすことにした。ボードに行く気にならない日があるなんて、まったく珍しいもんだーねー。ってことで、ほんまに久しぶりっていうか、ここに来て初めてくらい誰もいないリビングで午前中は、ここ最近の自分についてゆっくり振り返ってみる。

まぁまぁな低空飛行が続いている。振り幅はさほど大きくなく、わずかなプラスの充実感や満足感、楽しさの状態がずーっとって感覚。これはここに来てからとかじゃなくて、以前からそういう自分なのを知っている。手放しに楽しむってことができない。その楽しさの見つけ方を知らないのか、下手なのか、どこかそういう雰囲気に冷めている。いいのかわるいのかなんてどうでもいい、ただの振り返り。経験したこともないので想像でしか話せないのだが、もしかしたら一昔前のお坊さんみたいな生活が自分には合っているのかもしれない、とか想像を膨らませてみる。山奥の静かなお寺で、自然を感じ、その時その時にただ感謝の念を抱きながら、シンプルな生活を送る。たまに訪れる参拝者との淡白でありながらもどこか暖かい会話が心地いい、的な。悟りを開くつもりはないが、ガチャガチャワイワイしている環境はいつまでたってもどこか苦手で、邪念ばかりが頭に入ってくる。

弾けられれば楽しいのだろうが、弾けようと思わないということは、そこに興味がないということ。興味がない・好きじゃないって言葉が出てくるごとに、日本で働いていた頃の先輩の言葉が回想される。「なんで成績が上がらないのか?仕事の醍醐味を感じられないんでしょうか?」「お前が単純にこの仕事に興味がないからや。人生を振り返ってみろ、自分が好きなことに関してはとことん没頭できる性格やろ。話したり見てたらわかる。」ビビッときた会話やったことを今でもはっきりと覚えている。

何か結論を出すための今日ではない。ただツラツラといま頭に浮かんでくることに、指を動かしている。風の音さえ感じられるこんな静寂は、ほんまにいつぶりやろうか。自分の心がずーんと落ち着いていっているのが、手に取るように感じ取れる。契約では残り1か月、ベストなタイミングでこの時間を設けられたような気がする。単純に落ち着く時間。暖かいお湯を飲みながら、キーボードを叩く音がいちばん大きな音で。最近のブログはちょっと焦っていたというか、どこかからっぽな感覚やっただけに、今日の日記は大きなものになっている。読み手の皆さんも、この別人のようなテイスト、いかがでしょうか。

IMG_3298.jpg
先日の親子丼会。

洗濯・掃除も完了。明日はボードかな。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.