9月10日 暴風に突っ込んでいった6時間ハイキング。立っているというより踏ん張っている。ベトナム旅、1年の時をかけてようやく伝えられたメッセージ。

Sep 10。

今日も猛烈なGaleにより、マウンテンはクローズ。2時間で仕事が終わって帰ってきてから、タロとクリスティーに誘われてハイキングへ。そこまで乗り気ではなかった。だってGaleの中に突っ込んでいくようなコースやから。まぁでもこのふたりといつも一緒にいるのは楽しいし、スタッフィーでダラダラと過ごすのもよくないなってことで参加した。目指すはタマレイク。・・・順調な滑り出しは最初の3分のみ、歩くのは遅いし、写真撮るのにびっくりするくらい止まるしで・・・このままではマズいと思ったので、ペースメイカーになるがごとく、わざと速めのペースで歩いてついてこさせた。これは正解やった。が、やはり凄まじい突風でその場に立つことができないほど。気を許せばほんまに吹っ飛んでいくほどの暴風の中のハイキング。おかしくなりすぎて、笑いまくった。

お腹減ったとふたりは言うが、そんな強風の中で止まって食べるほどおかしいことはないので、なんとか説得して風がおさまりそうなところまで帰ってきた。台湾人と香港人、やはりアジアしかも同じ部類の国のひとやからか、非常に気が合う。お互いの英語力、相手の英語を理解する能力、気の使い方、いろんなものの見方の角度、そういうものがやっぱり似ているのだろう。6時間という長丁場のハイキング、綺麗やったとか寒かったとか風強かったとか、そんなこと言うまでもないとか全然わからんけど、とにかくおもしろくて、よく笑った6時間やった。そのあとバスケ、足ものすごーい重たかったけど、神宗一郎並みの確率でシュートが決められたので、それだけで十分やった。

それはそうと、昨年の5月にベトナムを旅していた。その時、ホーチミンシティで泊まった日本人ゲストハウス、そこに素晴らしい街の紹介アルバムが置いてあった。全ページすごい丁寧で綺麗に描かれていて、隅々まで目を通して、ただただページをめくった。最後のページに名前が書かれていた。ボランティアで滞在していた時に作ったみたいで、本当に素晴らしい本だった。その時にFacebookで名前を探して、メッセージを送っていた。「感動しました、日本人の細やかな素敵な部分が滲み出てます」的な。今日、返信が来た。気づかないだろうなって思ってたけど、1年の時をかけて僕の想いが届いた。ちょっと感動。自分がブログを通じてまだ出会っていない人から嬉しいメッセージをもらえるのと同じように、そんな気持ちになってもらえてたら嬉しいな。誰かが見てくれている、それを伝えてくれるって本当に素晴らしいこと。

IMG_3549.jpg
写真じゃ伝わらんけど、暴風ってもんじゃない。

IMG_3575.jpg
スタッフィの前はこんなにも穏やかなのに。

IMG_3578.jpg
ここまでが順調、まだ歩き出してない。

IMG_3680.jpg
写真。

IMG_3617.jpg
まぁ僕もその写真に参加している。

IMG_3594.jpg
こんな感じで。

IMG_3590.jpg
すごく綺麗な場所。

IMG_3585.jpg
お気に入りの1枚。

IMG_3667.jpg
これは綺麗。

IMG_3621.jpg
この橋で5分以上止まる。

IMG_3624.jpg
すぐ休憩。

IMG_3650.jpg
もうすぐタマレイク。

IMG_3672.jpg
ポーズとらされる。

明日はどんな1日になるかな。
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサー

Comment