9月19日 テイキが僕のスノボビデオを撮ってくれた。周りを気にするひと、まったく気にしないひとの雰囲気。カナダのスキー場でも働きたい!!!

Sep 19。

スノーボード、なんかすごい久しぶりな感覚。テイキが僕のためにビデオを撮ってくれた。僕がいつもみんなのビデオを撮っているのを知っていて、今日もクリスティーとテイキのビデオを撮っていた。そしたら「ヒロのビデオを撮ってあげるよ!」って。テイキも僕もみんなも僕のビデオを撮れるのがテイキだけって知っている。クリスチャンもすっかりスノーボーダーやけど、まだ僕の方が少し上手いし余裕がある。周りを見ているとよくわかる。友達想いの性格かそうじゃないかとか、自分をほぼ優先かそうじゃないかとか。んでいいビデオを撮ってもらえた。ありがとう、ようやく僕もフィルムの中に登場することができた。

んで話は戻る。さらにはまったくもって僕の持論である。「誰とでも仲良くできる、超社交的で気さくなひと。」はなんとなくやけど、自分が大好きでひとの目をまったく気にしていない雰囲気がある。いい意味でひとのことを考えていないってか深入りしないってか、広く浅くな雰囲気。逆に、「一定のグループになってすごく仲良くなるひと。」を見ていると、なんとなくあっち側のひとよりは周りのことを機にするんじゃないかなって感じがする。ほんまに感じがするだけ。んでここだけのことを見て話をすれば、やっぱりタロちゃんとクリスティー、アジア人がいちばんひとのことを気遣えて、気配りができて、優しいとか親切とかそういう言葉がよく似合う気がする。誇り高きひとが多いヨーロッパ系に比べて、僕はやっぱりアジア人のそういう部分が好きだし、尊敬に値する。ディスってるわけじゃないし、何かをわるく言いたいわけじゃない。ただ感じる自分の意見。

カナダのウィスラーでもリフティーやDe-Icerとして働きたい気持ちがどんどん湧いてきている。ニュージーランドのビザは延長したので1月まであるのだが、長居したい気持ちよりもカナダのスキーフィールドで働きたい気持ちがふくらむばかり。まったく予想していなかったこの感情は、すべてここMt.RUAPEHUのファカパパスキーフィールドのおかげ。本当に感謝しかない。みんな思うように稼げてないとか、スノーコンディションがわるいとか、不満を述べることが多々あるけれど、僕はまったくもってそんなことどうでもいい。お金なんて二の次。そのために来たんじゃないしそのせいで充実感を得られないなんてなんか寂しすぎる。僕は本当にここでの生活が好き。楽しく過ごせたんならそれでいい。それ以上求めるものなんて、今ここにはない。200%ありがとう。

IMG_3860.jpg
フェデ、クリスティーとロビー。

IMG_3863.jpg
クリスティーバー。

IMG_3857.jpg
クリスティーバー。

IMG_3872.jpg
クリスティーウエスト。

IMG_3873.jpg
クリスティーと。

IMG_3879.jpg
プラステイキ。

IMG_3886.jpg
コパ。

明日から5連勤!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサー

Comment