9月27日 もう山に雪がありませぬ。最初の1か月は豪遊、最後の1か月は坊さんのみんな。友達の言葉の裏までしっかり読み取るのが、友達ってもんやろ。

Sep 27。

マウンテン、雪がありません。3時間のショベリングでようやくウエストサイドのリフトをオープンさせることができた。んで今日はそのチェアリフトのトップサイドやったんやけど、寝てしまうくらい暇やった。スクールホリデーに突入しているらしく、今がマウンテンの最後の稼ぎ時らしいが、これだと今年は本当に最後まで苦しいシーズンになるやろうなって容易に想像できてしまう。もう10℃超えたりですっかり春やし、天気もずーっと雨が続いているし、もう雪が降ることはなさそう。シーズン最後、悲しい気持ちだけにはなりたくないなー。

明日フラビアがここを離れていくってこともあって、みんなでお酒を飲みながらカードゲームをしながら夜遅くまで話す。フェデ、テイキ、クリスティー、タロちゃん、フラビア、そして僕。ファミリーの中でもとりわけこのメンバーがいつものメンバーって感じがする。このメンバーは面白い。最初の1か月、毎週毎晩のようにテイキとフェデがTavへビリヤードとお酒を飲みに行っていた。んでそこにクリスティーとタロちゃんがくっついていくっていうのが恒例やった。フラビアはその時間を利用して、クリスチャンの気をひくのに必死やった。それが最後の1か月は誰もTavに行こうと言い出さないし、みんなそれぞれお金のやりくりに苦労していて、スタッフィーから出なくなった。テイキはレンタルスタッフで稼ぎが異様に少なくて困っていた。タロちゃんは交通事故、フェデは旅行費の貯蓄・・・タロちゃん以外のふたりは、最初の1か月で予想できたでしょうに。切羽詰ってからじゃ遅いのよ。ってのが目に見えてわかるので面白い。

ちょっとストレスを感じてしまう出来事があった。タロちゃんが自分用と僕たちのために残していたビールが全部なくなっていた。原因はフェデとテイキとフラビア。タロちゃんが「飲んでいいよ」って言ったにせよ、まったくその言葉の裏にある真意を読み取ることなく、平気で全部飲んでしまう神経が僕にはわからなかった。タロちゃんは友達3人連れて今日ここへ戻ってきた。おそらくその友達らと飲むために残していたビールだった。でもフラビアが最終日ってこともあって、みんなで飲んでいいよって話になった。6本、自分も含めてちょうどファミリーの数。そこまでは誰でもわかるはず。でもクリスティーと僕の分もなくなっていた。タロちゃんのベストフレンドである僕たちの分がなくなっていた。なんだかなーって。それで「ありがとう」とか「飲んだよ」とかお返しとか何にもなし。僕が気をつかいすぎなのかもしれないが、でも友達やからこそ、遠慮が必要やったりもする。ちょとイヤな気持ちになった時間が今日はあったな。でも、終わりよかったので全て良しです。

IMG_4007.jpg
パディがくれた写真。

僕は典型的な日本人なのかな?
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.