FC2ブログ

10月29日 「世界でいちばん美しい散歩道」を歩かなくても、200%の感動を与えてくれたミルフォードサウンドクルーズ。これぞニュージーランド!!!

Oct 29。

朝起きて、小さな小さなテアナウの町の湖畔沿いを散歩。曇っている・・・おー頼むーー、クルーズの時には晴れてくれー。ってことで、午前10時半ほんの少し雨が降る中、テアナウを出発。そう、今日はニュージーランドの最終目的地と言ってもいい、ってかここを見ることがニュージーランドのハイライトと言っていい、世界遺産にも登録されている大自然のフィヨルドランド国立公園の中にある「ミルフォードサウンド」のクルーズへ行く。ニュージーランドに来ることを決めた日から本当に本当に楽しみにしていた場所。ここで働いたことあるジミーに聞いたら「雨の日はウォーターフォールが至る所に出てきていいよ!」って言ってたし、フィリップとマティアスに聞いたら「オーバーナイトクルーズがやばかった!」ってのも言ってたけど。やっぱり僕は晴れている日のデイトリップに参加することに決めた。

テアナウからミルフォードサウンドへ向かう道なり、少しずつ晴れ間が覗いてくる。途中途中、展望スポットでストップバイしながら3時間かけて目的地へ向かっていく。もうこの道なりから圧巻の景色で、雪が残る山頂、どこまでも続くアルプス、緑緑とした草原、ハワイのクアロアランチを思い出した。ハワイのクアロアランチとは映画ジュラシックパークの撮影地として使用された牧場で、僕はそこの景色を見て自然と涙を流した。ここもそんなイメージ。スケールが大きすぎる。そして、クルーズ船の港へ着いた時には完全に晴れた。マジの晴天。やばい、めっちゃテンション上がってきた。1時間45分に及ぶクルーズ、ずーーっと甲板に出ていた。見える景色は、想像通りの壮大さで、ガイドブックなんかで見た写真の期待を裏切らない素晴らしい景色が広がっていた。幾つかの滝が流れ、オットセイの群れがいたり、タスマン海へと繋がっていく境界線を見れたりと、見所がたくさんでずーっとワクワクした時間を過ごすことができた。

青と緑、海と空と緑と岩、すべての自然のコントラストが絶妙で、本当に目に焼き付いて離れない光景が広がっていた。「世界でいちばん美しい散歩道」と呼ばれるウォーキングトラックも他のトラックも歩きたいところいっぱいあったけど、諦めないとしゃーないというよりは、諦めて全然OKなくらいの気持ちになった。それくらい大満足のミルフォードサウンドクルーズ。あーめっちゃええ1日やった。天気晴れてくれてマジでありがとう。ほんまに嬉しい!!!

DSC09863.jpg
もうなんか

DSC09868.jpg
説明いらないよね。

DSC09886.jpg
とりあえず見てって

DSC09897.jpg
いう大自然。

DSC09909.jpg
すごいって言葉は

DSC09918.jpg
逆に当てはまらない。

DSC09930.jpg
美しい景色を見て

DSC09923.jpg
心が揺れることで

DSC09936.jpg
人間力が高まるなら

DSC09932.jpg
ここは間違いない。

DSC09945.jpg
感動そのもの。

DSC09947.jpg
当然の世界遺産で

DSC09955.jpg
これからもずっと

DSC09958.jpg
このままであり続けて欲しい。

DSC09963.jpg
日本の緑の大自然は?

DSC09965.jpg
屋久島なイメージ。

DSC09972.jpg
行ったことないけど

DSC09987.jpg
行かなあかんなー。

DSC09989.jpg
30枚、

DSC09996.jpg
多いと思ったけど

DSC00003.jpg
どれも捨てがたい。

DSC00012.jpg
本当は200枚近くあったのを

DSC00020.jpg
ここまで厳選。

DSC00026.jpg
全部見て欲しいくらい、

DSC00028.jpg
あー心が洗われた。

DSC00038.jpg
ニュージーランドに来るなら

DSC00039.jpg
ここはマストやな。

DSC00044.jpg
当然やけど

DSC00051.jpg
その価値は大あり。

DSC00062.jpg
最後まで見ていただいてありがとう。

明日は再びのクイーンズタウンへ!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply