FC2ブログ

10月30日 久しぶりにゆっくり歩いたウォーキングトラック、いろんなことに思いを馳せた。それから、今、頭の中で考えている「自分の旅の意義。」

Oct 30。

午前中はゆっくりしながら10時前にチェックアウト。最近朝がダラダラ、でも習慣で6時前くらいには目が覚めててそこからぼーっとしている時間って感じ。テアナウのシティから歩けるケプラートラックを歩こうと当初は考えていたが、クイーンズタウンへ向かうバスの出発時間を考えると、あまり奥まで行けないと判断して最初の入江まで歩くことにした。今日もすごくいい天気になって、日差しが気持ちいい。久しぶりにゆっくりゆっくり森の中をひとりで歩いていたので、いろんなことを頭で考える。最初は両親のこと。旅の終わり、まだそれがいつになるのか全然予想はつかないけれど、僕は両親をハワイに連れてってあげたいと前々から考えている。ふたりはたぶん海外ってハワイしか行ったことないんじゃないかな?新婚旅行で行った写真が玄関に飾られていたのを覚えている。僕は今こうしてずっと海外にいるわけだが、ふたりとそんな話をしたことはない。もちろん航空券は僕が手配するし、宿泊代も当然僕が払う。それが親孝行というか招待する側の役目。それだけのお金を蓄えておかないといけないことを考えると、あまり奮発もできないし、もっともっと計画的にことを勧めていかないといけないなってこと。まだ全然ざっくりやけど、これが最初に頭に浮かんだこと。

次は、30何歳かで帰国した後にする仕事のこと。教師になりたいって気持ちもまだ少なからずあるけれど、もっと違う方向からの自分の経験の伝え方もあるだろうなって。僕がなぜ日本に一度も帰るつもりはないか?っていうことの理由に「一般人が考える普通の方法の中で、なにかでいちばんになりたい」ってのがある。そしていま自分が思っているのは「期間」。これは自分の強みである継続性っていう部分にコネクトできることだと考えている。僕の旅は正攻法、ビビリな自分はヒッチハイクや野宿の経験もなければ、法を犯すようなこともしていないし、ビザもちゃんと申請して持っている。でもワークビザをとって居座ることはない。ディスカウントなんかをがっちり探すわけでもなければ、ネットでお金を稼ぎながら旅をしているわけでもない。普通に日本でレールに沿って社会人までなって、海外旅行は卒業旅行だけ、人見知りで、人付き合いがそんなにうまくなくて、身体も大きくなくて・・・みたいな。

マジで普通の日本人の僕が旅をしている。そんなやり方で5年10年とずっとずっと海外を旅する、どこかの国に何年も滞在するわけでもなく、旅を続ける。その期間を継続してずっと長く海外にいることができれば、そういう観点からは自分がいちばんになれると考えているし、少なくとも僕の周りにはいない。そして、そんな正攻法のやり方が本当はみんなが知りたいことだって僕は信じているし、実際そうだと僕も感じている。そんなこと書いてたらクイーンズタウンに着いた。明日はようやくボロボロのバックパックから新品のバックパックへと進化を遂げられる日だ!買い物!!ショッピング!!

DSC00070.jpg
昨日の夕日。

DSC00083.jpg
テアナウの湖畔沿い。

DSC00088.jpg
綺麗。

0090.jpg
きれい。

0095.jpg
キレイ。

明日の朝はフラビアを見送る予定!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply