11月2日 半ば諦めかけていたけれど、めっちゃ強い願力で見れました。アオラキマウントクック!!!何回も見たくなる不思議な魅力を持つ山。今後のスケジュール再考しないと。

Nov 2。

ずっとずっと祈り続けて、必要以上に待ち続けて、何回も何回も後ろを振り返った甲斐があった。そして、それ以上に晴れ男力というか運の強さがハンパないことがまた証明された。朝起きたら曇り空で雨もちらつく。あー今日もあかんかーって思いながら、ひとまずビジターセンターに併設されているミュージアムへ。ゆーても1時間もすれば見終わってしまう。まだ全然曇ってはいるけれど、天気予報の微かな希望を胸にセアリーターンズトラックを歩くことを決める。予想よりも急斜面な階段をずっとずっと登っていく。久しぶりに登山している感覚で、結構疲れた。何回も休憩しては確認するけれど、相変わらずアオラキマウントクックは顔を覗かせてはくれない。1時間ちょっとでルックアウトへ到着。少しずつ晴れ間が出てきて、見えたか見えてないかくらいの時間がずっと続く。日本人の旅行者に出会い、写真を撮ってあげる。彼女たちは真っ白で何も見えなかったので帰りかけたら、晴れ間が出てきたから戻ってきたんだとか。ええ根性ってか体力すげーな。

すっかり周りは青空が至るところに広がってきたけど、アオラキマウントクックの周りはずっと分厚い雲が覆っているので、下山することに。その途中、だんだんと雲が薄くなってきて、時より顔を覗かせてくれる。途中途中、立ち止まっては祈って、また下っての繰り返し。途中の分岐点からもうひとつのケアポイントルックアウトへつながる道があったので、そっちに最後の望みをかけて行く。さっきとあんまり変わらなくて、青空は出てるけど場所が違うって感じ。15時になったら戻ろうかなーって思って、ポカポカして気持ちよかったのでベンチでうたた寝。すると隣に座っていたおばあさんが「見えてきたわよ!」って。ちょうど15時。全貌がしっかりくっきりとはいかなかったけど、ちゃんとアオラキマウントクックの姿を見ることができた。昨日、今日、明日、明後日と天気予報は決して晴れとは教えてはくれない。でも、今日はめっちゃ良い天気になって、ちょっと期待も薄れていたアオラキマウントクックの姿を見ることができた。本当にありがたいってか感謝しかない。見ることができて、本当に嬉しい。何度も何度も振り返りながら、その姿を見つめた。何回も見たくなる不思議な山。すげー魅力的やな。

今後の予定ややりたいことリストなんかをもう一度整理しないといけない。ニュージーランドを離れるタイミング、それからカナダに入るタイミングが自分が以前に思い描いていた時期とまったく異なっているし、今回のこの時期はまったくプランBやCにすら、考えが及んでいなかった。カナダを離れるタイミング、南米はウユニ塩湖の時期を狙って2月に行くと決めている。そのまま1年間カナダで過ごして、来年の11月に離れて、そのままアメリカ、中米、南米と進んでいけばまぁ問題はない。が、イギリスのワーホリを申し込んでもし抽選に当たれば、カナダの後すぐにイギリスに入らないといけないことになる。そしたらどーする?とか。カナダを再来年の4月に出たとしたら、南米までの1年をどう過ごす?とか。あー全てのことが良い方向に進みすぎて、逆に贅沢で嬉しい悩みであることは確か。この状況にめっちゃ感謝して、次のステップをめっちゃ考えないと。

DSC00200.jpg
同じような写真が

DSC00202.jpg
出てきますが、

DSC00204.jpg
ご了承ください。

DSC00206.jpg
色の映え方が

DSC00210.jpg
凄まじすぎて、

DSC00213.jpg
びっくりしてます。

DSC00214_20161102142035680.jpg
自分の目にもかなりビビットやったけど

DSC00216.jpg
これだけ鮮明やと

DSC00218.jpg
ちょっと泣きそうなくらい

DSC00256.jpg
感動。

DSC00266.jpg
こんにちは!

DSC00269_20161102142032411.jpg
まじ見れてよかったー!

明日は晴れたらタスマン氷河!
↓↓クリックで「いいね!」!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村


ワーキングホリデー ブログランキングへ

Comments 0

There are no comments yet.